合格体験記(合格者の声)

合格体験記(合格者の声)

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • S・Sさん(26歳・男性)いわき市上級職・労働基準監督官 合格

公務員試験を受験した動機

 まず第一に地元に帰ってきて働くためでした。公務員であれば、漠然とですがワークライフバランスを考えた生活ができるのではないかと考えて志望しました。私自身、公務員の友人も多く、彼らの話を聞く限りでは実際にそのようだと確信を得て、本腰を入れ一念発起して勉強してみようと思うようになり受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 試験の傾向と対策ですが、基本的には過去問をこなしてどこから出てきても良いようにやるしかないと思います。そのために講義の中で問題の解法等がまとめられているので、それをひたすら反復するにかぎります。1次試験の科目はもうやることがわかっているので、時間の許す限りやるしかないです。しかし、教養科目はどこかで頭打ちを感じるので、そこをキープしたまま、その後どれだけ専門科目にリソースを割けるかだと思います。
 また、択一式は自分でも点数が見えますが、小論文や記述式は他人に見てもらわなければ出来が分かりません。ですので、わりと早め早めにやる方がベターでしょう。私自身、社会人になってから手書きで何かについて1時間もぶっ通し書き続けるという機会はなく、また漢字もド忘れしていたので、特に社会人の方は要注意です。
 また私が受けた労働基準監督官については、記述式のために判例集を購入したり、厚労省HPから労働経済等の各種白書をダウンロードしたりと他の試験では殆ど無意味、というか使い回しの効かないことばかりが必要でしたので、併願をいろいろとするときはそこも要チェックです。
 1次合格後、面接はいわき市、労働基準監督官、福島高専、福島大学を受けました。ただし、これは運よく面接日がキレイに分かれたからこそ全て面接に行けましたが、往々にして重なってしまうものなので注意してください。面接一般についてですが、それ以前にまず自分自身、新卒の就活以来で面接カードや履歴書の書き方から添削指導して頂きました。志望動機さえ固まってしまえば、とも思うのですが、何よりもそこに詰まるので、手探りでも良いので一度アウトプットして事務局の方にブラッシュアップしてもらい、戻ってきたものをまた自分でそれを消化して練り上げるという作業をしていくしかないです。それから面接練習でしっかりと鍛えてくださるので、それを頑張ってこなしました。
 どの試験を受けるにしろ、志望動機以外は聞かれることは大体同じですので、あとは如何にして自分が面接に慣れていくかだと思います。身近な人達との会話(バイトの接客の挨拶とコミュニケーション能力は別モノ)で、声の調子(抑揚や明るさ)や世間話の幅(時事ネタやしょうもない話から展開する対応力)、自分自身の思い出・定番のエピソードトーク(自己分析)を練っておくと、面接での変化球質問や話が広げられていく過程で生じる質問などに対応できるはずです。それと自己分析で大事なのは自分の外見や雰囲気が他人からどう見えているかを自覚して、むしろそれに合わせるとか、良いと思われる方と自分のギャップは何かを考えて面接では振る舞うべきだと私は思います。これは特に合同で面接練習をした際や集団面接試験を受けたときに強く感じました。人は見た目や雰囲気と話している内容の違和感というものに敏感ですので、気を配った方が良いです。正直、いわき市や労働基準監督官、そしておそらく大学法人もですが、正しいコミュニケーションを頑張った方が良いです。

公務員試験の学習方法

 私自身、勉強するということ自体が久しぶりでペンを持って机に向かうのも大変億劫でした。ですから、まずは視覚と聴覚を受動的にせよ刺激してくれる講義はありがたかったです。まず教養についてですが、全体的に高校でやったことの復習といった感じでした。問題集の演習よりはテキストを読み込んで全体の流れを把握するといった勉強法は続けていました。それと元々本を読むのが好きだったり、英語で仕事していたりと文章問題は最初から地肩が出来てしまっていたので、ここを確固たる得点ベースにしました。これらに関して、強いて言えば英単語をスマホアプリで見る程度でした。いわゆる文系の私にとって厳しかったのはやはり数的処理です。数学にアレルギーがあったり、事前に数的は難しいという暗示にあった私は、本当にテキストや問題集を開くのが億劫で仕方なかったです。ただ、それはここで高得点を取らなきゃ落ちるというプレッシャーを感じていたからに他なりませんでした。そのための工夫といったらなんですが、自分に与えるハードルを下げて勉強したのです。数的が10問あったとしたら10問取るのが理想ですが、私は5問取ればOKという風に開き直って勉強しました。中途半端で良い、6割5分くらい取れば良いと思うようになると気楽でした。
 次に専門科目ですが、私自身経済学部出身なのに恥ずかしながら数学が絡む経済原論はからっきしでこれも半分取ればOK、理論で気軽に勉強するようにしました。文系でも食いつけるところの学者と理論の組み合わせ等々は絶対落とさないようにしました。国際関係や財政学は大学である程度学びましたが、憲法や民法を始めとした法律系科目は初学だったので、独特な言い回しや論法、仕組みに四苦八苦しましたが単純に新しいことを学ぶということ自体が楽しかったので勉強自体は苦ではなかったです。ただ、文章量が多いので覚えて理解して身体に馴染ませるには時間が掛かりました。それと法律系はよく改正されていたり、新しい判例が出来ていたりするので、過去のことや変わらない仕組みを学ぶ経済原論よりも苦手な人は苦手かもしれません。私のように読み物を読むのが好きな人は色々な有名な判例集を読むと問題に出てくる文章題とリンクして、「あ、この問題はあの判例がモデルか!」のように感じて解けるようになると思います。

ライセンスアカデミーいわき校、○○講師との出会い

 “いわき 公務員 学校”で検索して一番はじめに出てきたのがライセンスアカデミーいわき校でした。他の予備校で言えば、郡山や仙台、または水戸がありましたが、やはり地元の公務員を受けるなら地元の方が傾向を掴んでいそうだと思いました。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 非常にシンプルな理由ですが、地元に帰るにあたり、ライセンスアカデミーがもっとも家から近く、またいわきにある他のそういった予備校に比べると会社規模がそれなりにあり、ノウハウや教材が揃っていたからです。また、自分自身を背水の陣として追い込むためにも、独学では怠けてしまうと考え、思い切って入校することを決心しました。

最後に

 直前期の学習について:数学系を何周かして、教養ならテキスト読み込み、専門なら問題集を直で書き込んでパターンを覚えた。問題集の解説にさらに自分で噛み砕いたことを自分にとってわかりやすいように追加で記入していた。それを試験前に読み返した。
 具体的学習法:通学する際に車ではなく、あえて電車通学にすることでその時間で勉強することにした。勉強した、机に向かって過ぎた時間で満足するのではなく、単純に自分が満足するかしないか、気分が乗ってるかそうでないかで体調に合わせて無理なく勉強した。働きすぎも勉強しすぎも身体に良くない。カラーボックスか何かでちょっと高い机を作ってスタンディングで勉強するのもオススメ。
 本試験を想定したインプット・アウトプット:3ヶ月で講義見て、3ヶ月弱はずっと問題集演習のインプット期間でした。アウトプットするならやっぱり時間配分に気をつけた方が良い。どうしたって自分が苦手な科目はむしろ熱が入ってしまい時間がかかるので、そこをどうクールに完璧主義な自分と折り合いをつけていくかだと思います。
 私の経験から言える合格の10ポイント:よく寝て、よく食べて、よく運動して、自分を知り、自分を許して、自分を励まして、自信を持って、周りをよく見て、そして惑わされず、周りに感謝する。
 本試験で注意すべき事:行く場所の確認。そのルートや経路を確認。ホテル取るなら会場が分かったその日に取れ。そして早めに行くに越したことはない。シャーペンではなく鉛筆HBです。体臭がキツイ人が周囲にいる可能性があるし、何よりも風邪防止のためにマスクは持っていったほうが良い。
 受験勉強にあたってのココロのケア:夜は早く寝る。友人と連絡取って遊んでみたりして気持ちを切り替える。
 受験勉強を終えて感じた事:夏のシーズンに受かったから良いものの、面接方面に全力を振りすぎて、正直受けたいところの1次が合格したその後は全く筆記の勉強をしていなかったので、もし落ちていたらと考えるとゾッとする。
 これからの展望について:どのような公務員になるにしても、人々の暮らしに貢献するのはもちろんのこと、自分自身もその社会を享受する一員として充実した生活を送りたい。
 感謝の意:ワガママを許してくれて支えてくれた両親、メンタルがキツイ時に相談に乗ってくれた友人、ライセンスアカデミーの事務局の方々の叱咤激励、どれ一つ欠けても合格できていなかったと思います。本当に心から感謝の気持ちでいっぱいです。
 終わりに:私は不器用な人間で仕事を一旦辞めてから半年で合格してやるという勢いと気持ちだけで本当に他人から見たらなんとも無謀で無茶苦茶な勉強を開始しました。終業後や休日の通学が可能で試験日の平日に有給が普通に取れそうな仕事、そして上司がいるのなら、そういった選択は、よく考えた方が良いです。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • R・Hさん(28歳・男性)郡山市役所 合格

公務員試験を受験した動機

 友人が郡山市役所で働くことが決まり、それがきっかけで臨時職員として働いていました。また、町内会の行事などにも参加をしていたこともあり、郡山市のために働きたいと思ったからです。

公務員試験の傾向と対策

 教養試験は、地方上級よりも少し簡単な印象でした。対策としては、専門の勉強の合間で過去問などを中心に勉強しました。専門試験は、難しく感じました。対策としては点数配分の多い憲法や行政法等の勉強を中心にしました。
 面接は、緊張せずに受けることができました。質問内容は、ライセンスアカデミーで対策していた内容でした。

公務員試験の学習方法

 基本的には、過去問を中心に勉強をして、点数配分が大きい科目は講義やノートなどの読み込みも併せて行うようにしていました。苦手なところは、過去問とノートの読み込みの繰り返しを行い、得意な所は色々な過去問集を解き、知識の確認をしました。

ライセンスアカデミー郡山との出会い

 友人がライセンスアカデミーに通学しており、郡山市に合格した話を聞いたことがきっかけでした。

ライセンスアカデミー郡山校に入学した理由

 ライセンスアカデミーに通学していた友人の紹介で、実際に学校のシステムの説明を受けた時に、学習スタイルが自分の都合に合わせて受講できる事、二次試験対策もしっかり納得がいくまで対策ができるということを聞き、入学を決めました。

最後に

 ライセンスアカデミーに入学して本当に良かったです。
 学習面ではもちろんですが、精神面でも、不安な時に親身になって話を聞いてくれ、励まし支えてもらえました。また、他の受講生の方と話す機会も多く、情報交換もできたので良い環境で試験に臨むことができました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Kさん(22歳・男性)郡山市役所 合格

公務員試験を受験した動機

 郡山が好きで郡山に住みたい、働きたいと思ったからです。

公務員試験の傾向と対策

 今振り返ってみると、筆記試験も面接対策も、みとみライセンスアカデミーさんから渡される教材や、面接練習を積んでいれば対応できるものがほとんどでした。
 個人的には、筆記試験は模試などに比べて簡単だったような気がしました。
 面接も事前に対策をしていた内容がほとんどでした。

公務員試験の学習方法

(得意科目)憲法、民法、行政法、ミクロ経済、マクロ経済、英語
(苦手科目)数的処理
 得意、不得意に関わらず、全ての科目は『繰り返し』が最も重要です。特に、苦手科目の場合は何度もやって解法を覚えてしまうぐらいが丁度良いと思います。
 公務員試験に出る問題には、必ずパターンがあるので、それをつかめるようになるまで繰り返しました。

ライセンスアカデミー郡山との出会い

 イオンタウンに訪れた際に、偶然看板を見たことがきっかけでした。

ライセンスアカデミー郡山校に入学した理由

 はじめに色々な説明を受けている中で、とても親身になって話を聞いてくれたり、過去の先輩からもたくさん合格者が出ていたことから入学を決めました。

最後に

 公務員試験の勉強は本当に幅が広く、正直なところ、全てを網羅することは難しいですし、する必要もないと思います。ライセンスアカデミーから配られる教材は、過去の試験などの頻出問題が詰まったものなので、それを何度もやることが良いと思います。
 また、それ以外にも、私は書店で自分に合いそうな教材を買って、それも解きました。
 最終的に、全ては自分次第で決まります。それを踏まえ、私は、曜日ごとの時間割を作成し、それを実践しました。そうすることで、今日やるべきことがはっきりしているため、気分で勉強するということはありませんでした。ただ、やはり時には思い切って勉強せずにリフレッシュすることも必要だと思いますので、その時間もうまく取り入れていくと良いと思います。
 面接練習に関しては、何度も練習をして場数を踏んでいくことが大事です。
 勉強はとても大変ですが、頑張って良かったと思える瞬間が必ず来るので、前向きに気持ちを切らさずに頑張って下さい。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • A・Sさん(25歳・女性)いわき市役所 合格

公務員試験を受験した動機

 転職を考えた時に真っ先に思い付いたのが公務員でした。また地元で働き続けたい気持ちが強かったため受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 一次試験は過去問を何度も繰り返し解き、覚えていきました。二次試験は、一次試験後に対策を始めました。二次試験は、ライセンスアカデミーいわき校での対策がとても役立ちました。面接対策の時に質問された内容が本番の面接でも多く質問され、対策のおかげで焦らずに答えることができました。

公務員試験の学習方法

 どの教科も過去問を繰り返し解きました。ミクロ経済、マクロ経済は苦労しました。2,3日同じ範囲を繰り返し解き、また次の範囲を2,3日繰り返し解くことを続け問題に慣れるようにしていきました。

ライセンスアカデミーいわき校、○○講師との出会い

 ライセンスアカデミーいわき校のスタッフの方々に出会えたことに本当に感謝しています。公務員受験に対する知識が深く、親身になって相談にのってもらいました。また、面接対策のときに私を思っての厳しい言葉があったからこそ合格につながりました。もしあの時、厳しく指導されなかったら今回の合格は無かったと思います。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 家から通いやすく、私の志望していたいわき市への合格実績も多かったのでライセンスアカデミーいわき校に通うことを決めました。また、勉強に集中しやすい環境も決め手の一つでした。

最後に

 私は勉強に集中するためバイトをせずに、1年目を過ごしましたが、結果は落ちてしまいました。1年目を振り返ると、「勉強する時間がある」という気持ちが逆に気持ちの緩みにつながり、だらだらと集中を欠いた勉強になってしまったと思います。2年目はバイトをしながらの挑戦でした。去年よりも時間が無いため集中して勉強することができ、勉強しなくてはという気持ちも強く持つようになりました。また、勉強の仕方をスタッフの方にアドバイスいただき、過去問を解く際に1科目30~40分と短めに設定し、その分科目を多く回すようにしました。1年目は苦手な科目を克服しようとそればかり勉強したことで、過去問を解いた回数が科目により偏りがあり試験当日も不安な気持ちで受けました。しかし、2年目は1日に勉強する科目が多くなったことで過去問を解いた回数がどの科目も満遍なくなり、試験当日もこれだけ勉強したのだから大丈夫と自信を持つことができました。
 ライセンスアカデミーいわき校のスタッフの方々には大変お世話になりました。集中して勉強できる環境、頼りになるスタッフの方々が揃ってるライセンスアカデミーいわき校に通ったからこそ公務員試験に合格できたと思います。本当にありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • H・Sさん(21歳・男性)いわき市役所 合格

公務員試験を受験した動機

 私が福島県のいわき市役所(上級・一般事務職)を受験した理由は3つあります。
 1つ目は、私自身、福島県いわき市が生まれ育った場所であり、将来地元に貢献したいと考えていたからです。
 2つ目は、私自身被災者であり、あの様な震災時でも、当時、地元を支えてくれた市役所の方々のように人々に貢献したいと考えているからです。
 3つ目は、私自身のようにいわき市で、働きたい、定住したいと考えてもらえるようにいわき市をアピールしていきたいと考えたからです。そのため、スポーツやイベント、企業を招致することで、街づくりに関わり、いわき市がより住みやすい地域にしていきたいからでもあります。

公務員試験の傾向と対策

 福島県いわき市役所(一般行政職)の試験は、大きく第一次試験と第二次試験の2つがあります。第一次試験は、教養試験(多肢選択式)と専門試験(多肢選択式)があります。
 教養試験対策としては、まず一番になにより数的処理の学習を始めることです。教養試験の中で一番ウェイトを占めかつ問題に慣れるのに時間がかかるためです。次に文章理解も同様でウェイトが大きくかつ学習に時間がかかるため早めに学習を始めることをお勧めします。続いて社会科学ですが、いわき市役所の場合専門試験があるので、専門科目の基礎知識として先に学んでおくのもいいですし、専門科目を先に始め、補う形で後から学習するのもありだと思います。
 専門試験の場合、何よりも一番初めに学習しなければならないのは経済原論(ミクロ経済・マクロ経済)です。個人的には、ミクロ経済の方がマクロ経済より理解しやすかったので、ミクロ経済の方から始めるといいかもしれません。次に憲法・民法・行政法といった法律系です。これは専門科目全般に言えるのですが、経済用語や法律用語などの専門用語は慣れるのにかなり時間がかかると思います。経済系と法律系は早い時期から少しずつでいいので学習しとくといいと思います。また、専門科目は1つの科目が他の科目との関連性が強く内容が似通っている場合もあるので、他の科目との関連性を考えながら学習をするのもいいかもしれません。
 次に、第二次試験についてです。いわき市役所(一般行政職)の第二次試験は口述試験(個人面接と集団討論)、論文試験(小論文)、適性検査の4つの試験になります。
 傾向としては、当たり前といえば当たり前なのですが、いわき市について自分がどう思っているか、課題に対していわき市がどうすべきなのかをすべての試験で問われたと思います。小論文の場合はあらかじめ小論文講座などを使って小論文の書き方を学んでおくといいと思います。

公務員試験の学習方法

 得意科目は、文章理解の現代文です。こちらは、普段小説などの本を読んでいることで馴染みが最初から深かったので、かなり学習しやすかったです。現代文などの文章理解はとにかく繰り返し、過去問レベルの問題に触れることが重要です。本番試験レベルの問題文章になれるためです。
 苦手科目は、数的処理です。試験ではどの公務員試験においても重要なので、数的推理と判断推理は、やはり過去問を繰り返しました。

ライセンスアカデミーいわき校、○○講師との出会い

 私は、面接対策において職員の方々に特にお世話になったと言えます。独学では対策が難しい点であり、受講していて本当に良かったと思いました。自分一人では気づけない点が多くあり、一回一回でよくなってきている確信がありましたし、面と向かって実践形式で行うことで、本番では心の支えになりました。本当に、面接対策で対策をして下さった職員の方々には、一つ一つ丁寧に指導して下さりありがとうございました。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 私が、ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由は3つあります。
 1つ目は、大学で公務員講座を実施しており、大学がライセンスアカデミーと提携していたからです。
 2つ目は、自宅からも大学からも近かった点です。通学時間は、普段通っていく中で、学習時間により多くの時間を割くのに、重要だと思っていたからです。
 3つ目は、面接対策が出来るという点です。大学でも面接練習ができる機会はありますが、こういった予備校独自の情報があるのではと考えたからです。

最後に

 公務員試験の勉強を始めるにあたって、勉強の仕方に悩む人も多いと思います。ですが、勉強の仕方について凝り過ぎるのは気をつけたほうがいいです。勉強の仕方に固執するあまり、肝心の学習が全く進まないという事態もあり得るからです。なので、参考書を買ったら、とにかく学習し始めるという行動が重要です。公務員試験は広く浅くという風に言え、とにかく範囲が膨大です。ですので、勉強の仕方については、日々の学習をしながら模索していくのが最もいいと思います。
 面接対策についてですが、面接の練習には事前の準備がとても大切です。こうした準備をしているかいないのかは、面接の実践練習や本番で如実に表れるからです。本番では緊張などで頭が真っ白になりがちです。なので、そういった真っ白になった状態でもなにか言えるほどに、自分自身で納得している答えが必要だからです。根底となる考えを持っておくことは、咄嗟のアドリブにも効くので、事前の準備はとても大事です。
 私が不安や緊張を取っ払い、本番の試験で頭が真っ白にならないように取っていた行動があります。紙(メモ帳など)に自分が今不安に思っていることや、どうして緊張しているのかをその理由を思いつかなくなるまで、とにかく書き出すという方法があります。実際、面接試験の時には特に心が安定し、力を出し切れたと思いました。
 最後に、私が合格できたのは、ライセンスアカデミーの職員の方々と講師の方々のお陰です。特に、面接においては、もし対策をしていなかったら確実に受からなかったと思います。一年間、お世話になりました。本当に、ありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • M・Fさん(21歳・男性)いわき市消防 合格

公務員試験を受験した動機

 私は小学生の頃、職場見学の時に消防士の方と話す機会があり、その時に消防士の方が、とても優しくかっこよかったので、私も優しくてかっこよい消防士になりたいと思ったのがきっかけです。
 また、私は、今まで生きていく上で、家族や友人にたくさん支えられてきました。今度は、私が家族や友人はもちろん、多くの人の為に人に役立ち、恩返しをしたいと思ったのが決め手となりました。

公務員試験の傾向と対策

 1次は、教養と専門があり、教養は数的処理が多く出題されるので、数的処理で確実に点が取れるように多めに勉強をしました。
 本試験では、時間が足らないので、日々から時間をはかり、時間をかけずに、解くことを意識していました。
 専門は、ミクロマクロが多く、私は得意ではなかったので、他に憲法や行政法で点を取れるように、勉強をしました。また、専門の憲法、政治学、財政学は教養の社会科学と重なるので、この3教科をしっかり暗記すれば、社会科学でも点が取れ、一石二鳥でした。
 2次は面接、体力、集団討論、論文です。論文では、いわき市に関する事を知っておけば、書きやすいです。また、私は、友達に、書いた論文を見てもらいました。集団討論と面接は、ライセンスアカデミーいわき校で対策が取られるので、色々アドバイスをもらったりし、自信に繋がりました。

公務員試験の学習方法

 数的処理は、勉強すれば、点が取れるようになるので、多めに勉強をし得意になりました。
 他の暗記する事は、授業で使ったプリントを読んだりし、覚えてから過去問を解きました。プリントを読んだりし、大切な言葉は、心の中で何回も唱え、覚えるようにしました。
 私は、ミクロマクロが苦手でした。しかし、出題が多かったので、やらざるを得なかったので、多めに勉強をし、また難しい所は、無理せず、簡単な所を確実に取れるようにしました。

ライセンスアカデミーいわき校、○○講師との出会い

 私は、高校の時に先生に、ライセンスアカデミーいわき校の存在を教えてもらい、実際にライセンスアカデミーいわき校に行き、出会いました。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 私は、ライセンスアカデミーいわき校に入学する前から、大学で公務員対策をしていて、勉強をしていましたが、独自で勉強するより、公務員試験のプロの方に教えてもらったほうが効率が良いし、理解しやすいと思ったので、入学しました。

最後に

 公務員試験は、毎日勉強ばかりして大変ですし、遊びにも行けないし、とにかく大変です。そこで、重要となってくるのが、「公務員になりたい」という気持ちだと思います。この気持ちが強ければ勉強に熱が入りますし、勉強量も増えると思います。
 勉強は、やれば点を取れますし、やらなかったら点が取れません。受かる為には、やらなければいけないし、妥協してやらなかったら、受かる可能性が低くなると思って、私は、日々勉強をすることができました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • M・Kさん(24歳・女性)いわき市職員 合格

公務員試験を受験した動機

 いわき市を受験した動機は、少子化や若い世代の人口流出を改善する仕事をして、生まれ育ったいわき市がより良いまちになるために貢献したいと思ったからです。

公務員試験の傾向と対策

 いわき市職員採用試験の一次試験に関しては、出題数が多い数的処理・憲法・行政法・民法・ミクロ経済学・マクロ経済学を中心に勉強して、それらの科目を得点源にすることが、合格への近道だと思います。
 二次試験に関しては、論文試験・集団討論・個人面接をそれぞれ別日に行います。一次試験の勉強をしている間も、できる限り二次試験のために自己分析などをしておくことは重要だと思います。
 いわき市の集団討論は、大きな声でハキハキと、周りの人の意見を尊重しながら討論を進めていくことを意識すると良いと思います。
 いわき市の個人面接は、予測できない質問に対応するために自己分析をしっかりやっておくことが重要だと感じました。面接練習では、自己満足の面接にならないように、家族でも友達でもいいので周りの人に面接を見てもらうことが必要です。

公務員試験の学習方法

 私は、ミクロ経済学・マクロ経済学の講義を受けても一回で理解できず、最初の頃は一番苦手な科目でした。しかし、学科試験の科目の中で、ミクロ・マクロ経済学を苦手なままにすれば、一次試験で合格ラインの点数を取れないと思い、ミクロ・マクロ経済学を重点的に勉強するようにしました。理論を理解することよりも、まずは過去問を何回も解いて出題形式に慣れることを優先しました。何回も解いていくうちに、よく分からなかったところが理解できるようになるまでやれば、十分だと思います。ミクロ・マクロで点数が取れるようになると学科試験への自信が出てきました。出題数の多い科目を得点源にすることで、学科試験への自信をつけてほしいと思います。
 私は、家で勉強しようとすると怠けてしまうので、なるべく学校の学習室で長く勉強するようにしました。集中できる環境なので、学校で勉強する習慣を身につけることをおすすめします。

ライセンスアカデミーいわき校、○○講師との出会い

 スタッフのSさんには、入学するときに声をかけていただき、公務員試験に向けて気持ちを切り替えるきっかけをいただきました。
 スタッフのAさんには、面接指導で厳しいご指導をいただき、自分では気づけなかった社会人として大切なものを自覚することができました。ここで学んだことを忘れずに社会人として頑張りたいと思っています。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 父親の知り合いの方が、ライセンスアカデミーに通って公務員試験に合格したという話を聞いており、一回目の受験で失敗したことから、次こそは必ず合格したいという思いがあったので入学しました。

最後に

 公務員試験を終えてみて、学科試験の勉強や長期間モチベーションを保つことが大変で、何度も挫けそうになりましたが、最後まで諦めずに続けてよかったと思います。面接対策で教えていただいたことや長い期間諦めずに努力した経験は、社会人としての糧になると思います。私は合格するまで2年かかっているので、最初の1年は本気で受かりたいという覚悟が足りなかったと反省しています。初めて公務員試験を受ける方は、受験期間が長引くことは精神的な負担も大きいので、一回で合格するという強い意志を持って自分ができる限りの努力をしてほしいと思います。やりきった人には、素晴らしい結果が待っていると私は思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • A・Wさん(29歳・女性)喜多方市役所 合格

公務員試験を受験した動機

 一度、公務員の職を離れたが、地元が観光資源等を活用し盛り上がっている状況を目にして、地元に貢献したいという想いが改めて芽生えたため。

公務員試験の傾向と対策

・1次試験→
 教養科目:数的処理、社会科学を中心に学習しました。
 専門科目:憲法、経済学を中心に学習しました。時事対策も忘れずに。

・2次試験→
 大卒試験の過去の情報がなかったので、どう対策していいか困ったが、論文及び面接は基本的な事柄を問われるものが多かった。
 日頃から、自分の考えをきちんと相手に伝えるという姿勢を持つことが大事。

公務員試験の学習方法

 まずは講義DVDをしっかり見る。数的処理や経済学は、数をこなすことを意識してやりました。自分で解答時間を決め、時間内に解けなかったり、間違えたりした問題はできるまで何度も繰り返し解きました。
 知識系の科目は過去問を解く際、選択肢のチェックを意識してやりました。(ここが違うから不正解と判断できるように)
 時事や不得意科目に関してはテキストだけでなく、市販の問題集も併せて活用しました。

ライセンスアカデミー会津若松校との出会い

 大学時代に独学で公務員試験をいくつか受験しましたが、不合格でした。
 地元に戻り、もう一度試験にチャレンジしようと思い、自宅から通うことが出来る場所を探していたところ、みとみライセンスアカデミーの存在を知りました。

ライセンスアカデミー会津若松校に入学した理由

 以前みとみライセンスアカデミーでお世話になり、試験を再度受けるからにはきちんと結果を残したいと思ったため。
 また、独学だと自分に甘えが出てしまうため、みとみライセンスアカデミーは、通学することにより学習に集中できる環境であることも入学の決め手。

最後に

 入校当時は、プライベートでバタバタしていて、あまり勉強に集中できていませんでした。そんな中でも、みとみライセンスアカデミーの職員の方々にはいつも気にかけていただき、本当に救われました。
 途中から、仕事をやりながらの勉強になりましたが、限られた時間の中で、メリハリをつけて集中して取り組めるようになりました。
 公務員試験は長丁場なので、自分のモチベーションをいかに保つかが大事です。
 ちょっとした不安や悩み事も、自分の頭であれこれと考えるのではなく、その都度職員の方々に相談してアドバイスを頂くと、試験に対するモチベーションが高まると思います。
 最後になりますが、みとみライセンスアカデミー若松校の職員の皆様、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Sさん(22歳・男性)福島県職員 合格

公務員試験を受験した動機

 ・安定しているから
 ・アルバイト先と関係性があったため

公務員試験の傾向と対策

 1次試験は教養試験と専門試験があります。どちらも教科数が多いので早めに対策をした方がいいです。教養試験は、問題数の多い数的処理に重きを置いて勉強しました。
 専門試験はどの分野も重要ですが、経済、憲法、民法、政治学、行政学を重点に勉強しました。 面接は、面接カードに書いたことについて詳しく聞かれました。

公務員試験の学習方法

 数的処理は、1日に2問、朝起きたときと夜寝る前に答いていました。
 覚える語句の多い教科は、1日で勉強したページ分の語句を覚えて、次の日に忘れていないか確認、忘れていいたらまた暗記とくりかえしていました。

ライセンスアカデミー郡山校との出会い

 親の推薦

ライセンスアカデミー郡山校に入学した理由

 親の強い押し

最後に

 集団討論の練習が自分にとってとてもプラスになりました。
 早いうちから佐藤さんに相談をして、しっかりした対策をとってください。それが合格への近道だと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • T・Sさん(24歳・男性)猪苗代町役場(上級・行政職) 合格

公務員試験を受験した動機

 医療の一次予防に取り組みたかったため
 地元に貢献したかったため
 地元の自然を守りたかったため

公務員試験の傾向と対策

 主に教養は数的処理、専門は経済学と憲法を中心に勉強しました。
 試験でこれらの科目の比率が高いため、他の科目を勉強する頻度はこの科目と比べて少なかったので、隙間時間などを使って学習しました。

公務員試験の学習方法

・科目にかかわらず、単元ごとに学習したらそれに関する過去問を解くように心がけた。インプットだけでなくアウトプットする作業も大事だと思った。そうすると記憶が定着しやすくなった。

・間違った問題はマークして、次に日もう一度やって確認するようにした。書いたり、声を出して説明したりを行っていた。

・暗記科目や単元は、隙間時間を有効活用した.。例)信号待ち時間や歯磨き中など

・勉強ばかりだと気が滅入ってしまうため、週に一回は運動したり、ドライブしたり気分転換を図った。

ライセンスアカデミー会津若松校との出会い

 インターネット

ライセンスアカデミー会津若松校に入学した理由

 家から距離があったが他校と比較し、比較的近かったため。

最後に

 自己分析していく中で遠藤先生をはじめとしたスタッフの方々とコミュニケーションを重ねていった結果、客観的に自身を見つめ直すことができた。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • C・Mさん(23歳・女性) 国立大学法人 事務職員 合格

公務員試験を受験した動機

 学生の頃から、地元で公務員として働きたいという気持ちがあり公務員試験を受験していました。しかし試験は上手くいかず、大学を卒業してもう一度試験にチャレンジしようとしたとき、大学時代にゼミの先生から勧められた国立大学法人の試験を受けることを考えるようになりました。国立大学法人のパンフレットを見たり、仕事について調べたりしているうちに興味を持ちました。

公務員試験の傾向と対策

 私は国立大学法人の事務職員を志望しました。
 一次試験は、一般的な公務員試験の教養試験と同じ科目・レベルです。
 どの科目もまんべんなく勉強することが大切ですが、配分のことを考えるとやはり数的処理は最重要科目だと思います。パターンを覚えれば解くことが出来る問題もあるので、数をこなす必要があります。テキストを何度も繰り返すことが大事です。個人的に重要だと思った科目は時事です。新聞やニュースをチェックすることは大事ですが、それだけでは情報の幅が広すぎます。時事対策用のテキストでは出題が予想される問題が載っているのでそのチェックが大事だと思います。
 ライセンスアカデミーで面接対策を受けていれば大丈夫だと思います。

公務員試験の学習方法

 大学時代に英語系の学科に通っていたので、文章理解は得意でした。現代文は時間を気にして焦らずに問題文を読むことが大切だと思います。
 苦手科目は数的処理です。その中でも判断推理は得意だったので、できるだけ判断推理で点数を稼げるように心掛けました。数的推理・空間把握は苦手でしたが、とにかく数をこなす必要があると思うのでテキストを何周もすることが大切だと思います。講義では自分では考え付かないような楽な解答法も紹介されているので解説をよく聞くことも大事です。テキストだけでなく、模擬試験の問題も何度も解いて解法を確認しました。
 国立大学法人の試験では関係ありませんが、公務員試験を受けた際にはミクロ・マクロ経済学の勉強も苦労しました。どこが難しいかというと、他の科目と比べて解説を聞いてすぐに理解できないものが多いと感じました。しかし後から自分で復習したり、問題を解いていくうちにだんだん理解できたことが多くあった教科でした。数的処理同様、何度もテキストを解くことが重要です。

ライセンスアカデミーいわき校、○○講師との出会い

 大学時代に公務員試験を何か所か受験しましたが、全て不合格でした。大学を卒業し、初めは独学でもう一度試験にチャレンジしようと考えていましたが、親の勧めもありライセンスアカデミーいわき校に通う事を決めました。私は大学を卒業してからの通学だったので他の方より遅く通い始めましたが、いわき校の職員の方々の親身なサポートもあり毎日良い環境で勉強することが出来ました。集中できる環境があり、毎日通うことが出来るというのは有難かったですし、やはり独学では得られない情報もたくさんあったと思います。
 また、筆記だけではなく二次試験の面接試験対策でも職員の方々にお世話になり、本当に感謝しています。面接に苦手意識がありそれを払拭できずにいましたが、一つひとつ細かく指導して頂いたおかげで本番でも落ち着いて自分の言いたいことを話すことが出来たと思います。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 親の勧めもあり、自宅から通うことが出来るライセンスアカデミーいわき校に入学しようと決めました。実際に見学に行かせて頂いた時に学習室の雰囲気や講義を聴いて、独学で勉強するよりも自分の力になりそうだと感じました。試験に対するモチベーションもライセンスアカデミーいわき校に毎日通っていたからこそ保ち続けることが出来たと思います。

最後に

 私は大学を卒業してからライセンスアカデミーいわき校に入学しました。もちろん在学時も勉強は続けていましたが、十分な時間や対策は取れていませんでした。正直勉強している間も焦りがあり、ずっと「時間が足りない」と思っていたのでもっと前から試験に本気で向き合えばよかったと思っています。公務員試験は科目数が多く、どれだけ時間があっても足りないと感じる人は多いと思います。そのくらい難しい試験であるからこそ、公務員になりたい!大学の職員になりたい!など本気で思った方はすぐに本気になれる環境に身を置くことが大切だと思いました。ライセンスアカデミーいわき校では多くの受講生の方が毎日必死に勉強されていて、たとえ知り合いがいなくても「自分も頑張ろう」というやる気が湧いてくるような環境がありました。勉強している間も、自分のこれからの事・将来何がしたいのか・何のために勉強しているのか…など様々なことを考える時間が出来たのは自分にとってとてもいい経験になりましたし、これからの自分にとっても大切な時間だったのではないかと思っています。独学で勉強していたらどこかで心が折れてしまったかもしれませんし、不安だらけのなか毎日を過ごしていたと思います。ライセンスアカデミーいわき校のような恵まれた環境で勉強できたことが自分にとって良い経験になりました。面接練習も、ただ機械的に行うのではなく自分の悪い所をたくさん指摘して頂いたおかげで改めて自分を見つめなおす機会を得られたと思っています。自分の将来を決める試験に向けて準備するなかで勉強以外にも様々なことを学ぶことが出来たと思っております。
 毎日何時間も勉強するなかで嫌になったり、やめたくなったり、今勉強していることが役に立つのかと不安になったりすることは必ずありますし、私もありました。しかし、その時間が自分の大きな糧として後に活きてくると試験を終えた今実感しています。これから受験される方々も、自分を信じて諦めずに頑張ってください。
 最後に、お世話になったライセンスアカデミーいわき校のスタッフの皆さまに感謝致します。本当にありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • S・Sさん(27歳・男性) 須賀川市役所 合格

公務員試験を受験した動機

 再募集の話を聞いた時は合格の自信がなく、力試しくらいのつもりで考えていました。

公務員試験の傾向と対策

 須賀川市役所の試験の傾向と対策について
 筆記試験:一般教養は数的処理と文章理解が全体の半分を占めるので重点的に学習しました。専門は経済を中心に。
 須賀川市役所の論文と面接は、オーソドックスな内容が出やすいようです。
 (例) 信頼される生き方について(論文)、理想の公務員像について(集団討論)

公務員試験の学習方法

 どの科目も、講義を受けてその内容を過去問で確認する、という形で学習しました。
 意識したことは、選択肢を一つ一つ吟味することです。なぜこの選択肢は正しいのか(間違っているのか)を説明できるくらいに学習しました。
 また、出題数の多い科目(数的、経済)は1日10~14問、毎日問題を解いていました。

ライセンスアカデミー会津若松校との出会い

 公務員試験について右も左も分からない中、入学しました。見せて頂いたテキストの数に唖然とした覚えがあります。

ライセンスアカデミー会津若松校に入学した理由

 公務員試験は範囲が広く、学習方法も分からなかったので、独学では厳しいと感じていました。そこで、家族から紹介を受け、入学を決めました。

最後に

 ライセンスアカデミーに入学してよかったと心から思います。それは、安心して学習に取り組むことが出来たからです。私は学習方法に不安を持っていたのですが、スタッフの方が丁寧に熱心に教えて下さりました。学習の見通しが立ったことで、「後は頑張るだけ」と気が楽になりました。また、スタッフの方とは勉強以外の話もよくしたのですが、とてもリラックスできました。これらのことは、独学では得られなかったことだと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • N・Mさん(26歳・女性) 福島県立医大職員 合格

公務員試験を受験した動機

 だいたいの公務員試験が終了した時期に、勉強のモチベーションを保つために受験しました。自分では見つけられなかった受験先を、ライセンスアカデミーの先生が受験先を教えてくれ、受験できました。

公務員試験の傾向と対策

 一般事務と任期付職員の受験を併願しました。午前中に一般事務の試験を行いましたが、内容は上級公務員試験と変わりなく、作文に関しては「仕事をしていく上で大切なこと」と専門知識を必要とせず自分の体験を記入できる分、公務員よりも書きやすかったです。
 午後の任期付職員の試験は、午前中よりも易しく設定されており、高校卒業程度の試験内容に感じました。

 二次試験…一次試験の合格発表から1週間程度と期間が短めなので注意。
 内容…面接のみ。出身地から前職まで受験者の人柄を知りたいようだった。この回答が最終試験で追及されるため、きちんと答えること。
 対策…実際に施設に行って、どんな所かどんな感想を持ったか考えておくべき。

 最終試験…1カ月程度時間があるため、面接対策と適性試験対策を行うべき。
 内容…午前は事務適性試験(性格、クレべリン)、午後は面接。
 対策…性格試験は問題をよく読み、ひっかからないこと。クレベリンは勉強しておく必要あり。面接は前回の面接内容を掘り下げて質問される。他ではなく、なぜここで働きたいのか、しっかりした意見をもっておくこと。

公務員試験の学習方法

得意科目…元々興味があり、知識として入って来やすい。メインだけではなく、サブ的要素もよく調べて覚えるように努めた。メイン部分と関連付けてサブ部分を整理すると楽しく覚えられた。

苦手科目…ひたすらDVDを見た。基本項目はとりあえずでも覚えるようにして、分かりにくいところはDVDの解説をよく聞いた。

ライセンスアカデミー会津若松校との出会い

 若松校の職員の方は皆さんとても話しやすく、勉強に来た際には明るく声を掛けてくれました。現在仕事をしながら通っている人は勿論、仕事はせずここだけに通っている私にとっては、職員の方と話すのはとても楽しく、勉強へのストレスが少なくなりました。

ライセンスアカデミー会津若松校に入学した理由

 仕事を辞めたい⇒公務員になりたい⇒勉強したい⇒自宅近くで「公務員試験対策」を検索⇒ライセンスアカデミーがヒット⇒TELで無料相談を予約⇒訪問、相談し入学を決意
 相談により、自分の受験したい試験に必要な勉強が分かり、地方上級を選択できた。
 勉強に関しても、自分のペースで進めていけるのでとてもやりやすかった。自宅でもパソコンで解説動画を見れることはとても良い。

最後に

 仕事を辞めて試験を受けるという決断は、自分にとってとても大きく恐ろしい物でした。しかし、ライセンスアカデミーの職員の皆様は、どんな話も真摯に受け止めてくれ、実体験と経験談を教えてくれました。どんな事でも人と話したり相談できるのは、心の健康を保つ上でとても助かりました。ライセンスアカデミーの皆さんには心から感謝しています。ありがとうございました。
 また、合格したからといって終了ではなく、新しい職場に馴染めるかというのも大きな問題だと思います。ライセンスアカデミーの職員の皆さんは、合格したその先についても心配してくれ、受講期間がまだ残っているから一旦保留にして、また来てもいいと言ってくれました。そういった気遣いと手助けが、ライセンスアカデミーの素晴らしい所だと思います。今後も様々な試験を受験する方がいると思いますが、ライセンスアカデミーの職員さんに相談し、アドバイスをもらいながら受験に向けて頑張ってほしいと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Aさん(25歳・男性) 公務員上級郡山市役所上級 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 転職を考えた時に、同期を新たに得ることが出来るのは新卒採用で受験可能な公務員しかないと思ったためです。その中でも郡山市は家族が住んでおり、自分自身も生活しやすいと感じる環境が整っていたため受験しました。

ライセンスアカデミー郡山校との出会い

 よく買い物に訪れていた場所の近くにあったため目を付けていました!

ライセンスアカデミー郡山校に入学した理由

 郡山市内の公務員予備校を実際に周って話を聞き、勉強スペースを見せて貰った結果、一人ずつブースが仕切られている環境が一番勉強に集中できると感じたため入学しました。また、2次の面接と集団討論対策にも力を入れていると伺っていたのもポイントでした。

公務員試験の傾向と対策

 公務員試験は教養・専門と幅広く知識を身に付ける必要がありますが、私は主要5科目を重点的に勉強して、合間に残りの科目を勉強していました。
 論文は自分の考えをPCに打ち込んで、書いて覚えるのではなく、プリントアウトしたものを読んで覚えていました。
 2次試験の面接と集団討論は、ある程度広く浅く知識を身に付けた上で臨む必要があります。沈黙しないよう気を付ければ問題ないと思います。

公務員試験の学習方法

得意科目:法律、経済
 受講した後に、ひたすら過去問を解きました。経済学は計算問題が多いですが、パターンを覚えれば解き易いので数をこなす事が大切です。法律はフォーカスを解ければ十分です。

苦手科目:数的処理、政治学、行政学
 数的処理は毎日解いて、無理そうな問題はすぐに答えを見て理解するようにしていました。政治学と行政学は暗記箇所が多いので、例年出題され易いポイントを過去問から探してそのポイントを重点的に勉強していました。

最後に

 試験が近くなると模試がありますが、模試の結果が悪くても落ち込むことはありません。本番に比べると難しく作ってあるので、本番が簡単に感じます。
 最後に、公務員試験は自分との闘いなので途中で挫けそうになることもあるかもしれませんが、そんな時こそ過去問を解くことが大切になってくると思います。多く問題をこなして、パターンを掴むことによって解ける問題が増えて自分の自信に繋がります。不安になる度に過去問を解き続けることが出来れば本番までには相当な力がついていると思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Aさん(22歳・男性) 公務員上級国家一般職 合格
  • 職業:大学院生

公務員試験を受験した動機

 一次を通過するまで志望度が低かったのが本音です。人事院面接のために総務省の業務説明会に赴きましたが、そこで国家公務員に対する考え方が劇的にかわりました。技官ではなく事務官として、大学で学んできた知識を活かせる分野にずっと携われることを知ったからです。悩みに悩んで市役所に応諾所を提出しましたが、一般試験は「情報収集の大切さ」を再確認するきっかけとなった試験でした。

ライセンスアカデミー郡山校との出会い

 学部4年次に独学で特別区と県庁を受験し、どちらも面接で不合格でした。次もチャレンジしようと面接練習のみ可能な専門学校を探し、市内にライセンスアカデミーがあることを知りました。当初は面接練習のみお願いする予定でしたが、自己研究や筆記の底上げのために全て込で入学しました。今になって考えてみると、面接練習のみでは最終合格ラインまでバランス良く得点が伸びることはなかったと思います。

ライセンスアカデミー郡山校に入学した理由

1、カリキュラムが組まれていること 良質な過去問
 独学時の膨大な計画作成時間がゼロになりました。過去問を選ぶ手間も無しです。

2、授業動画の豊富さ(自宅でも視聴可能)
 私は辞書のように活用していました。つまずいた部分の動画をピンポイントで見る事ができます。

3、分からないことは何でも質問できること
 特に、つまずいたところは各分野の講師に質問できます。

4、地元の自治体をはじめとした各試験の情報が豊富
 小論文・面接・集団討論の情報が豊富です。また、国家一般試験の官庁訪問に関する情報もあり、有意義に活用することができました。

公務員試験の傾向と対策

・筆記試験
 授業動画をざっと見た後、得意不得意・頻出順で周回数に差を設けて過去問を解きました。また、直前に過去3年分の問題を時間内に解き、時間配分の決定や各科目との相性の把握をしました。

・面接試験
 面接カード添削・面接練習を筆記通過後に行いました。

・小論文
 小論文対策テストを参考に独自のテンプレを作成しました。

公務員試験の学習方法

・得意科目(数的処理、ミクロ、マクロ、憲法)
 独学時の貯金があったので少なめに周回しました。ミクロ・マクロは公式暗記で済ませてしまうケースが多いですが、近年は理屈で考えさせられる問題が増えている印象があります。余裕があれば「なぜそうなるのか」を考えながら進めると得点しやすくなるかもしれません。

・苦手科目(判断推理、資料解釈、民法Ⅱ)
 8か月間の筆記対策期間のなかで、前半は分からないところを講師に質問し理解に務め、後半からは時間を測って解き、捨て問を選ぶ力をつけるよう練習しました。

最後に

 筆記は独学で十分と思っていましたが、実際に特別区の得点を去年と比べてみると9点伸びていました。また、国家一般職・国税・市役所を併せて4つの一次試験で最終合格ボーダーを超える得点を安定して取ることができました。とても独学では成し得なかった結果だと思います。
 独学はコスト面で優れます。しかし、情報量や効率性、それにより左右される精神状態を考えると合格率は予備校の方が圧倒的に髙いと思います。
 私は、ライセンスアカデミーに通学したから合格できたのだと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • S・Hさん(24歳・男性) 北茨城市(事務) 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 昔から公務員として働く父の姿を見て、広く社会に貢献出来る仕事がしたいと考えておりました。市役所を志望した理由は、生まれ育った茨城県で働くことが出来、身近に感じることが出来る自治体に身を置くことで、今まで携わってきた人々、地域の為に働きたいと考えたからです。学生時代の受験は失敗してしまい、一度民間企業で働くことを決めましたが、働く中で人々の生活に寄り添った仕事がしたいと強く考える様になり、もう一度、市役所試験にチャレンジしようと思いました。

公務員試験の傾向と対策

 私は、面接になると表情や話し方が硬くなってしまう大きな悩みがありました。ですが、まず、模擬面接を受けて、場に慣れるように努めました。練習ではスタッフの方からの的確な、時には厳しく指導してもらいました。そのお陰もあり、試験本番では特に緊張もせずに、面接に挑むことが出来ました。

公務員試験の学習方法

 判断推理、数的処理については、とにかく問題を多く解いて問題に慣れるように学習しました。出来なかった問題は出来るまで根気強く取り組み、出来るようになった問題には、1週間程度触れないで期間を空けて再度取り組み、解答方法を忘れないように心掛けました。問題を見た時に解答方法が頭に浮かぶようになったら十分だと思います。社会科学については、時事問題とリンクしている点もあるので、近年の日本や海外の政治経済的出来事や動向などは頭に入れておいた方が良いと思いました。自然科学については、生物と地学、軽く化学を学習しました。人文科学については、ほとんど暗記するしかないと思います。人物=出来事を書いた暗記ノートを自分は作りました。知っていれば解ける問題なのが知識分野であり、頭に入れた暗記量のピークをどう試験本番に持っていけるかがカギになると思いました。

ライセンスアカデミーいわき校との出会い

 学生時代に公務員を目指していた時に、一度スタッフの方にお世話になったことがありました。その時は面接対策のみでしたが厳しく指導してもらったことがとても印象に残っていました。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 ほぼ毎日通え、学習に集中出来る環境であると考えて、入学を決めました。またスタッフの方との縁があって、以前の面接の指導をして頂いた時の厳しさを思い出して、自分以外に合格を強く後押ししてくれるスタッフがいることも1つの決め手でした。実際、筆記試験以外に受験申込書の添削や学習方法についても多くのアドバイスをもらいました。
 学習方法には通信教育などもあると思いますが、学校に通って自分以外の受験者の勉強を頑張っている姿を見て、自分も負けてられないという気持ちにもなってモチベーションの維持にもなったと思います。また面接対策時には、自分と同じ自治体を目指す受験生の方と交流する機会もあって、情報を交換し合ったりすることが出来ました。以上の2点は、独学や通信教育では得ることが出来なかったのではないかと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Sさん(25歳・男性) 大熊町 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 当初はいわき市を第一志望として勉強していましたが、第二・第三志望について考えるうちに地元である大熊町で働くことにも興味が湧くようになりました。結果的にいわき市の試験は不合格となり大熊町の試験を受験しましたが、その結果を受け止めて自分の生まれ育った町で働くことを真剣に考える良いきっかけになったと思っています。

公務員試験の傾向と対策

【一次試験】
 教養・専門試験のどちらもライセンスアカデミーいわき校の過去問を解くことを繰り返しました。

【二次試験】
 面接練習に関しては、1次試験合格時にライセンスアカデミーいわき校の方々が行ってくれるものに参加すれば問題ないと思います。数回、数人にわたって対策してくださり、基本的な受け答えから少し突っ込んだ質問、場合によっては小論文対策にも有益な指導を頂けるので、受けることをお勧めします。

公務員試験の学習方法

 数的処理や経済が苦手でした。それらに関しては講義ノートを見ることに時間をかけるのではなく、まず問題集を触るということを繰り返しました。また苦手意識があるものばかり続けて学習するのではなく、合間に得意な科目や好きな科目を挟んでストレスが溜まらないようにしていました。 得意科目については、過去問をどんどん解いて苦手科目の時間を確保するつもりで学習しました。
 得意・苦手科目関係なく、ひたすら問題を解き頭に入れることが大切だと思います。

ライセンスアカデミーいわき校、○○講師との出会い

 冬にいわき市内で行われた上村先生による試験直前の対策講座では、受験勉強をする上での実際のお悩み相談からメジャーな問題の解法指導など、受験者全員への励ましを頂きました。志望先や学習に対するモチベーションがあがり、行ってよかったと思えるイベントでした。毎年各地で開催されているようなので、ぜひ参加されることをお勧めします。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 以前ライセンスアカデミーいわき校に在籍していた知人からの紹介といわき市内にある自宅から近かったのがきっかけです。また、紹介の際に面接対策についても手厚くサポートして頂けるということ聞いていたことも理由の一つです。

最後に

 ライセンスアカデミーいわき校の方々は我々受験生が考える以上に、受験に関する情報やノウハウを持っています。受験勉強をしていく際にわからないことは積極的に質問した方がお得 です。また、わかっていることでも少し不安があるなら敢えてそれに関する質問を投げかけてみるのも良いでしょう。個人的には直前対策講座や模試等のライセンスアカデミー主催のイベントは逃さず参加しておくと、試験に関する思わぬ情報を得たり自分の考えを改める機会になったりと、非常に有益な時間を過ごすことができると思いますし、実際自分はそう感じました。現在12月…今現在学習に励んでおられる方、もしかしたら今から受験勉強を開始される方もいるかもしれません。自分を信じて、困ったときは話せる人にどんどん相談しながら、がんばってください。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • R・Wさん(24歳・男性) 楢葉町役場 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 はじめは、いわき市の高卒程度初級試験を第1志望で受ける予定だったのですが、楢葉町が地元ということもあり、楢葉町も受けてみるか、と思ったのが本音です。現在はいわき市に住んでいるのですが、面接対策として町についていろいろ勉強していくうちに懐かしくなり、楢葉町に貢献したいと思うようになり志望しました。

公務員試験の傾向と対策

 1次試験は、教養も専門もライセンスアカデミーいわき校の教材、過去問を何回も解くことで、しっかりと対策を身に着けることが出来ると思います。講義は自分なりにノートでまとめ、後で見返した時に理解できるようにしたほうがいいです。
 2次試験は、私の場合個人面接のみでした。まずは、ライセンスアカデミーいわき校で面接対策してもらえるので、基本的な志望動機や長所短所、自己PRなどをしっかり言えるようにしたほうがいいです。次に、自分が受ける町や市についてしっかり勉強します。また、面接時は笑顔でリラックスして臨んだほうがいいです。そして、相手の質問の意図をしっかりと読み、望んだ答えを返せるようにした方がいいと思います。

公務員試験の学習方法

 得意だった数的処理系の問題や、自然科学については問題集を全て解き、講義をまとめたノートを見返すくらいでした。
 苦手だった人文科学系や、暗記系の科目は試験ぎりぎりにひたすら講義ノートをみかえしつつ問題集を解いていました。憲法や民法も同様です。経済については、高専時代に多少触っていたこともあり、講義を聞いて問題を解くだけですんなり理解できました。
 得意科目も苦手科目もひたすら問題を解き、頭に入れることが大事だと思います。

ライセンスアカデミーいわき校、○○講師との出会い

 私は、人文科学系の科目が苦手だったのですが、上村先生の講義を聞くことで、克服できたと思います。1つの単元についての説明がとても丁寧で、質問されるような事項に関してはあらかじめ説明しておくといった感じで、ほとんど不明な点がなく、理解していくことが出来ました。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 インターネットで公務員試験について調べた時に、最初に見つけたということと、自宅から比較的近くにあったことからライセンスアカデミーいわき校への入学を決めました。

最後に

 ライセンスアカデミーいわき校に入学して、1年が経ちました。入学当初は志望先もロクに決まっておらず、ただ漠然と公務員になりたいと思っていただけでした。しかし、現在では地元である楢葉町に貢献するために合格するといった具体的な目標を持ち、しっかりと達成することが出来ました。はじめは、いわき市の地方初級を目指し勉強を進め、10月から2月までで、初級のカリキュラムを終えました。その後、6月まで地方上級の勉強をし、1次試験に合格。その後、面接練習を経て、9月末の面接試験に臨み、合格することが出来ました。合格することが出来たのも、全力でサポートしていただいたライセンスアカデミーいわき校の皆様のおかげです。本当にありがとうございました。
 内定をもらうことがゴールではなく、これからだと思うので、1日でも早く仕事を覚え、立派な公務員として成長できたらと思います。11月から臨時職員として早速楢葉町で働くので、一生懸命がんばります。いわき校の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ、結びの言葉とさせていただきます。1年間、大変お世話になりました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • S・Tさん(27歳・男性) 三春町役場 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 東日本大震災を経験し、地域住民の方々の暖かさを実感しました。元々人の役に立つ仕事がしたいと考えており、地域の方々とより密接に関わり支えていきたいと思い、公務員を志望しました。

公務員試験の傾向と対策

 学科試験の対策は、頻出範囲を徹底的に復習することです。捨て科目は最後の手段と考えて、なるべくどの科目もきっちりこなすことをお奨めします。
 面接試験は、ライセンスアカデミーで対策をきっちり行ってくれましたので、とにかく回数を重ねることで面接のやり方を身につけていきました。

公務員試験の学習方法

 得意科目は講義を見た後はフォーカスを繰り返しました。
 苦手科目は受講して重要なポイントをまとめたノートを作りました。ひたすら暗唱して理解してきてから過去問を解き、分からないことが出た時点で解くことをやめ、解答と講義内容を比較して理解を深めるという方法をひたすら繰り返しました。

ライセンスアカデミー郡山校との出会い

 ライセンスアカデミーは、親の紹介で知りました。

ライセンスアカデミー郡山校に入学した理由

 大学は理系分野の専攻で、一般事務の受験に必要な知識を独学で身に付ける事は難しいと考えました。様々な学校でお話させて頂いた中で、合格率・サービスの質・事務の方の対応の良さなどを踏まえ、ライセンスアカデミーへの入学を決めました。

最後に

 試験勉強は何も分からないゼロからのスタートで、しばらくの間は問題も全然解く事ができず大変でした。モチベーションが上がらない中でも長期的な計画を立て、とにかく計画をこなしていくことで自分に合った学習方法を身に付けることができました。
 また、ライセンスアカデミーでは交流の場を設けて頂き、支え合う仲間と努力していく事で目標を達成することができました。
 分からないことだけでなく、不安に思ってることの相談や他にない試験対策の充実をスタッフの方々が積極的に行ってくれたからこその合格だと思います。まだ実感は無いですが、公務員として精一杯頑張ります!

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Iさん(22歳・男性) 郡山市役所 合格
  • 職業:大学院生

公務員試験を受験した動機

 私は情報工学部出身であり、学んできた情報通信系の知識を地元で活かせる仕事がしたいと思っていました。私の住んでいる市は近年、出産子育て・教育・防災などあらゆるシーンで情報通信施策を展開しています。
 私はそのような市の情報通信施策に興味を持ち、市の職員として発展に貢献したいと思い、市役所職員を目指すようになりました。

ライセンスアカデミー郡山校との出会い

 学部4年次に独学で特別区と県庁を受験し、どちらも面接で不合格でした。
 次もチャレンジしようと面接練習のみ可能な専門学校を探し、市内にライセンスアカデミー郡山校があることを知りました。当初は面接練習のみお願いする予定でしたが、自己研究や筆記の底上げのために全て込みで入学しました。今になって考えてみると、面接練習のみでは最終合格ラインまでバランスよく得点が伸びることはなかったと思います。

ライセンスアカデミー郡山校に入学した理由

1.カリキュラムが組まれていること。良質な過去問
 独学時の膨大な計画作成時間がゼロになりました。過去問を選ぶ手間もなしです。
2.授業動画の豊富さ(自宅でも視聴可能)
 私は辞書のように活用していました。つまずいた部分の動画をピンポイントで見ることができます。
3.分からないことは何でも質問できること
 特につまずいたところは各分野の講師に質問できます。
4.地元の治自体をはじめとした各試験の情報が豊富
 小論文・面接・集団討論の情報が豊富です。また、国家一般職試験の官庁訪問に関する情報もあり、有意義に活用することができました。

公務員試験の傾向と対策

○筆記試験:授業動画をざっと見たあと、得意不得意・頻出順で周回数に差を設けて過去問を解きました。また直前に過去3年分の問題を時間内に解き、時間配分の決定や各科目との相性の把握をしました。(自分にとって国一般の行政学行政法は正答率が低い、経営学は確実に4問以上当てることができる等)
○面接試験:面接カード添削・面接練習を筆記通過後に行いました。
○小論文:小論文対策テキストを参考に独自のテープを作成しました。

公務員試験の学習方法

○得意科目(数的推理・ミクロ・マクロ・憲法)
 独学時の貯金があったので少なめに周回しました。ミクロ・マクロは公式暗記で済ませてしまうケースが多いですが、近年は理屈で考えさせられる問題が増えている印象があります。余裕があれば「なぜそうなるのか」を考えながら進めると得点しやすくなるかもしれません。
○苦手科目(判断推理・資料解釈・民法II)
 8ヶ月間の筆記対策期間のなかで、前半は分からないところを講師に質問し理解に努め後半からは時間を測って解き、捨て問を選ぶ力をつけるよう練習しました。

最後に

 筆記は独学で十分、と思っていましたが、実際に特別区の得点を去年と比べると、9点伸びていました。また、国家一般職・国税・市役所と合わせて4つの一次試験で最終合格ボーダーを超える得点を安定してとることができました。とても独学では成し得なかった結果だと思います。
 独学はコスト面で優れます。しかし、情報量や効率性、それにより左右される精神状態を考えると合格率はライセンスアカデミー郡山校のほうが圧倒的に髙いと思います。独学とライセンスアカデミー郡山校どちらも経験しましたが私はライセンスアカデミー郡山校をおすすめします。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • M・Sさん(24歳・男性) いわき市役所 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 家庭の事情と仕事に対する不満から、地元であるいわき市に戻り再就職しようと考えたため

公務員試験の傾向と対策

 1次の筆記試験は7割以上を目標として勉強を進めてきました。教養試験は文章理解や数的処理など解くのに時間がかかる問題が多いので、普段から時間を意識して過去問を解くことが大切だと感じました。専門試験は覚えることの量が多いのでとにかく問題集を解き反復して覚えることが大切です。
 2次試験は小論文、集団討論、個人面接です。いわき市に関するニュースや話題がテーマとして取り上げられることが多いので、常日頃から新聞やテレビのニュースなどでいわき市の情報を取り入れるように意識していました。もっとも比重の高い個人面接はライセンスアカデミーいわき校で行う面接練習で自分の足りないところや面接における受け答えの確認ができるのでとても参考になりました。

公務員試験の学習方法

 教養試験の科目でもっとも比重の大きい数的処理は得意でしたので毎日過去問フォーカスを数問ずつ解いていくのみにしていました。本試験では時間配分がカギとなるので日頃から制限時間を決めて問題に取り掛かっていました。
 世界史、日本史などの暗記科目は苦手で、他の科目でしっかり点をとるようにしていました。
 専門試験の勉強では憲法、民法などはかつて大学で勉強していたので、すんなり覚えることができました。しかし、経済学が苦手だったので講義を受講し直すなどして理解を深めていました。
 試験勉強をするうえで中心としていたのは、過去問フォーカスです。得意な科目でも5周、苦手な科目ならさらに何度も繰り返し解き、問題ごと覚えるようにしていました。

ライセンスアカデミーいわき校、講師との出会い

 模擬試験の結果での相談や面接練習の際にとてもお世話になりました。特に面接練習では過去にでた質問などをもとに、よりよい受け答えができるよう、一緒に考えてくださいました。勉強のことなどで悩むことがあれば迷わず相談してみるのがよいと思います。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 公務員試験を受験しようと考えたとき、ひとりで勉強する自信がなく、自宅から通える範囲に学校があったため。

最後に

 公務員試験の勉強を続けていくうえで大切なことは、適度なリフレッシュだと感じました。公務員試験は範囲も広く、学習計画どおりに進まない、模擬試験でいい結果がでない、など不安になることが多いと思います。私は集中力がどうしても続かず、3時間ほどでだらけてしまって、勉強に身が入らなくなってしまいます。なので学校での勉強はできるだけ午前中のみにして、午後からは自宅で勉強するようにしていました。そのときも学校から帰ってすぐ勉強を始めるのではなく、散歩をする、音楽を聴く、映画を見る、昼寝をするなどリフレッシュをしてから勉強に挑むようにしていました。そうすることで学校で3時間、自宅で5時間と時間を決めてコンスタントに勉強することができました。
 不安になってもあまり思いつめすぎず、毎日コツコツ積み重ねていけば必ず合格することができると思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • S・Rさん(32歳・男性) 福島県職員(上級) 合格
  • 職業:会社員

公務員試験を受験した動機

 自分と家族の将来のことを考え、より安定した仕事に就きたいと思ったため。

公務員試験の傾向と対策

 福島県庁は、昨年から一次試験において、専門試験よりも、教養試験のウエイトが大きくなっているので、数的処理や文章理解はできるだけ得点を伸ばすことが重要だと思います。また、かなりタイムリーな問題も出題されるので、時事対策はしっかりやっておいた方がいいと思います。
 今年から二次試験の配点が大きくなり、面接も2回になりました。より人物を重視した試験になったので、自己分析や自治体研究がより一層大切になっていると感じました。1回目の面接では、志望動機や職務経験、長所・短所などについての質問が中心で、2回目では「面接カード」の内容に沿った質問が中心だと感じました。

公務員試験の学習方法

 得意科目である数的処理や経済学に関しては、解法を暗記するだけでなく、しっかりと講義内容を理解し、テキストをしっかりと読み込むことで、理屈を理解しながら学習しました。理解した上で問題を解くと、初めて見る問題で解法を知らなくても対応できることがありました。苦手科目である人文科学など暗記系の科目に関しては、最低限「過去問フォーカス」だけはやるようにしました。「過去問フォーカス」で解いた問題と同じ問題が出れば解けるようにしておき、それ以外の問題が出てきたときは解けなくても仕方がないと割り切って学習しました。

ライセンスアカデミー福島校、講師との出会い

 ライセンスアカデミーのスタッフの方々には、日頃から学習に関する相談など、様々なサポートをしていただきました。特に、面接対策などでは何度も模擬面接をしていただき、たくさんのアドバイスをいただきました。非常に感謝しています。
 その他には、経済学の島本先生の講義が非常にわかりやすかったです。なぜそうなるのか、理屈を徹底的に理解できる内容の講義で、初めて経済学を学習した私でもしっかり理解することができました。

ライセンスアカデミー福島校に入学した理由

 上村先生のセミナーに出席したことがきっかけです。その際にライセンスアカデミーの概要を知り、フリータイムで学習できることや、他の学校よりも授業のコマ数が多いので、自分のペースでかつ丁寧な学習ができると思い、入学しました。

最後に

 学習を進めていく上で、全ての科目を並行して行っていくことが大切だと思いました。1つの科目に集中し過ぎると、その前に学習した科目を忘れてしまい、また思い出さなければなりません。そうならないように、少しずつでもいいのである程度並行して、まんべんなく学習していくことが大切だと思います。
 公務員試験は長期戦なので、モチベーションが下がりそうになったときは「なぜ自分は公務員になりたいのか」を思い出し、自分が公務員になって働く姿を想像することで、モチベーションの維持をするように心がけました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • S・Aさん(22歳・男性) 福島県職員(上級) 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 福島県の情報発信の仕事に携わりたいと考えたから

公務員試験の傾向と対策

 面接は2回ありました。1回目は少し柔らかい感じでした。2回目は民間の方を面接官にしていました。
 やはり、なぜ県を目指すのか、県でしかできないことを調べる必要があると思います。熱意や目的がしっかりしていれば志望動機は自ずと出てくるかと思います。
 個性や自己PRは、魅力あるものをつくることを目指す!ボランティアなど多くの方と接することも大切だと思います。

公務員試験の学習方法

・数的処理は得意でしたので、解き方や答えを暗記していました。時間配分には気をつけること!
・英語や文章理解では、解答の選択肢からマイナスな表現や否定的な表現を消去していけば少し楽に解くことができます。
・ミクロ経済学・マクロ経済学は毎日復習していました。しっかりした理解が必要です。「わかっているつもり」が一番キケンです!
・憲法・民法・行政法はとにかく問題を解きました。頻出問題ならではの傾向を見抜いて下さい。
・苦手な教養試験の歴史分野は捨て、その時間を得意な自然科学の勉強にあてました。

ライセンスアカデミー福島校、講師との出会い

 面接練習の時、過去の質問例などをもとにマンツーマンで指導して頂きました。質問内容にふさわしい答え方を一緒に考えてもらうことができ、非常にありがたいと思いました。

ライセンスアカデミー福島校に入学した理由

 自宅でも勉強ができることと教室が集中しやすい環境であったことです。

最後に

 やはり不安や心配事が多くなりますが、考え込んでも仕方ないと思います。気分転換もほどほどに必要だと思います。
 合格できたときには、今までにない快感があると思います。勉強は辛いですが、力を尽くせば道は自ずと開けると思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • S・Eさん(26歳・男性) いわき市役所 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 家庭の事情もあり、生涯を通じていわき市で勤務したいと思ったからです。
 さらに、東日本大震災の体験や前職である教員としての経験をいわき市のために生かしたい、そして両親を支えていきたいと考えたからです。

公務員試験の傾向と対策

<1次試験>
試験までの期間が短かったため、スケジュールを意識しながら受講しました。学習が習慣になるように、毎日のリズムを大切にしました。教養では数的処理、専門では経済学をできるだけ毎日触れるように意識し、空いた時間にも試験勉強ができるようにアプリや自分でまとめたノートを活用しました。問題に触れる機会を多くし、習慣付けておくことは効果的だと思います。特にその日学習したことを中心に確認すると、定着しやすいのではないかと考えていました。そして苦手な科目を作らないように取り組み、すぐに理解できなくても講義を進めるようにしました。わからないことが原因で足踏みするのはおすすめできません。過去問フォーカスを解いてどのような出題形式なのかを把握すると学習しやすくなると思います。

<2次試験>
いわき市の2次は論文、集団討論、個人面接です。常にアンテナを高くし、情報を理解して収集しておくことは大切だと思います。ライセンスアカデミーでは面接指導など質の高い指導を受けられますが、自分自身の考えや伝え方をまとめておくことは重要です。内観をしっかりした上で練習すると充実した時間になると思います。そのおかげで、本番は回答に困る質問は一つもなく、面接を楽しむことが出来ました。

公務員試験の学習方法

 試験の内容は、どのような出題形式でどの分野が何問くらい出題されるのかといった情報を知ることも学習していく上で必要なことだと思います。それを知ることで、学習スケジュールが立てられ、効率的に時間を使うことが出来ます。
 私は公務員試験の専門分野に今まで一度も触れたことがなかったので、特に力をいれました。試験までの時間に余裕がなかったため、ノートづくりは乱雑なものでした。しかし、過去問フォーカスで間違えた分野やそれと類似したものなどを自分なりにまとめておいたことは、正しかったと感じています。過去問フォーカスを解いていると同じような問題がたくさんあります。そのような箇所は参考書を見たりして、正しく理解する必要があります。また専門では、他の分野で学習した知識が繋がることもあります。そのため、わからなくても足を止めずに進んでいくことも大切です。私は講義で学んだことを過去問フォーカスで確認し、わからないところは参考書に戻るという流れで学習していました。過去問フォーカスを何周も解き理解を深めることや解くスピードを安定させることは、良い結果を得るには大切です。色々な問題に触れたくなる時期もあるかもしれませんが、まずは過去問フォーカスの内容を完璧にするという気持ちで取り組んではいかがでしょうか。
 教養分野は数的処理を中心に文章理解やその他の科目にも幅広く取り組みました。私の場合1点でも多く取るという気持ちで、手を抜いた科目はありません。しかし時間が限られていたため、講義や過去問フォーカスを解いていく中で頻出の単元を探りました。特に重要度の高そうなところは答えが合っていたかではなく、考え方があっていたかを意識し正しい理解に努めました。そして反復することで長期記憶になるよう心掛けました。
 選択肢を切るときに「ここが間違えているから違う」と判断したか、なんとなく選んだかでは本番の結果は変わってくると思います。普段からこのことを意識していると「なんとなく」の精度も上がってくると感じました。最後の2択まで絞れたとき、経験に裏打ちされた勘も力になってくれるはずです。

ライセンスアカデミーいわき校、講師との出会い

 事務室にいらっしゃるスタッフの方々には大変お世話になりました。何気ない会話や笑顔に何度も力をもらいました。特に2次対策ではプロの視点からご指導いただき、自信をもって試験に臨むことが出来ました。また、共に学んだ仲間にもいい刺激をもらい高め合うことができたと感じています。
 面接は得意なつもりでしたが、練習を重ねる中で所詮「つもり」だったということに改めて気付かせていただきました。真摯な態度で取り組むことで、この環境を最大限に生かせると思います。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 同級生や弟がライセンスアカデミーで結果を出していたことを知っていたため公務員を目指そうと思ったとき、真っ先に浮かんできました。相談に伺うと丁寧で、かつ現実的な話を聞くことが出来ました。そして私は迷いがなくなり、受験勉強に集中することが出来ました。
 少しでも興味があれば足を運んでみてください。

最後に

 私が「公務員になっていわき市で働きたい」と思ったのは、1次試験まで約3ヶ月の3月中頃でした。すぐにライセンスアカデミーで具体的な話を聞き入学を決めました。短い期間で結果を出すには、独学では無理だと考えたからです。さらに私の周りには、ライセンスアカデミーで結果を出している人がたくさんおり、信頼できると思ったからです。
 学習スケジュールを無理なく立てられれば、理解しながら進められます。無理のないスケジュールを組むためにも早めの相談・入学をおすすめします。「迷ったら、前!」です。
 私は毎日の学習リズムが決まっていました。2限から講義を受講→家で過去問フォーカスを解く→就寝前に確認→朝、きのうの復習→2限から講義...という流れで過ごしていました。毎日やることが明確に決まっているという点で自分に合っていたと思います。さらにノートを作っておくと振り返りがスムーズに行えます。
 しかしながら、ふと、不安になることがあります。「知識は定着しているのか」「合格できるだろうか」様々な迷いが生じます。そんな時は、ライセンスアカデミーの方々に悩みを打ち明けてみて下さい。きっと力になってくれるはずです。時に厳しく、時に優しく、甘えを振り払い自信をつけさせてくれます。結局はやるしかないのです。誰も助けてくれません。試験当日に「自分はこれだけやってきた」と胸を張れるように1日1日を過ごして下さい。そして、絶対に合格するという強い気持ちをもって学習して下さい。
 支えてくれる方々へ、自分でできる最大の恩返しは合格という結果だと私は信じています。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • N・Tさん(23歳・男性) いわき市役所 合格
  • 職業:学生

公務員試験を受験した動機

 卒業後、多くの人の役に立てる仕事がしたいと考えており、様々な分野で市民の方を支える公務員に興味を持ちました。その後、インターンシップや街づくり事業に参加させて頂き、職員の方が仕事をしている姿を見て、私も市民の方のために仕事がしたいと思い、受験しました。

公務員試験の傾向と対策

一次試験
 いわき市役所の一次試験は教養試験と専門試験です。参考書や過去問を使い、知識を定着させることが大切です。最初はわからなくても、繰り返すことで理解出来る様になります。
 また、時事問題も出るので、ニュースや新聞等を見て知識を入れておく事が大切です。

二次試験
 二次試験では論文、集団討論、個人面接があります。受験する自治体のニュースや施策の確認、ライセンスでの面接練習をしっかり行うことが大切だと感じました。

公務員試験の学習方法

 得意科目は、講義を受けてから過去問を使って、確認していました。苦手科目は、分からない部分があれば、参考書を読み直したり、講義をもう一度受けて確認するなど時間をかけました。また、試験で出題される問題数の多い科目に力を入れて勉強しました。得意科目でしっかり点数を取れるようにすることが大切です。

ライセンスアカデミーいわき校、講師との出会い

 ライセンスアカデミーいわき校は大学で知りました。また、家から通うことが出来る距離だったので、助かりました。
 林講師の講義が特に印象に残っています。数学系が苦手で、最初は点数が取れませんでしたが、講義がわかりやすかったので、徐々に点数を取れるようになりました。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 事務局の方の人柄。個別ブースなので、勉強しやすい環境だと感じたこと。独学で勉強するよりも試験の情報が多く入手できる等の点から、入学を決めました。

最後に

 公務員試験の出題科目は多いため、最初は不安でしたが、ライセンスアカデミーいわき校に入学し勉強することで、合格することが出来ました。また、試験の情報や面接対策など、幅広いサポートをして頂き、とても助かりました。独学で勉強していたら、厳しかったと思います。2年間ありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Oさん(28歳・男性) いわき市役所 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 大学卒業後、5年半民間企業に勤務し、いわきを離れていたことで、地元に対する思いが強くなった為、受験しました。
 また、金融の仕事を行っていたことから、地域貢献に関わることも多く、もっと広い分野で地元に貢献したいと思うようになったことから、いわき市役所を志望しました。

公務員試験の傾向と対策

<教養>
 数的処理、社会科学に関わる部分に集中し取り組みました。
 数的は問題数も多いことから、過去問を中心に勉強しました。社会科学は、専門試験を勉強することでカバーしました。自然科学についてはある程度、得点し易い生物などに絞って勉強しました。また、時事問題には比較的、力を入れて勉強しました。

<専門>
 経済(ミクロ、マクロ)、法律(憲法、民法、行政法)、政治学、行政学に力を入れて勉強しました。私は、専門科目を中心に試験勉強を行っていました。体感ですが、専門科目の方が勉強した成果は比較的早く出ると思います。配点も教養に比べて高いこと、教養試験の社会科学の勉強にもなることから効率が良いと思い勉強しました。

公務員試験の学習方法

<教養>
・数的…過去問をメインに勉強していました。特に判断推理を得点源にしました。数的推理は、ある程度長い目で見て勉強した方がいいと思います。
・社会科学…専門の勉強をすることでカバーしました。

<専門>
・ミクロ、マクロ…過去問をひたすら解きました。計算式(公式)は覚えました。
・政治学、行政学…仕組みを理解するというより、そのまま暗記するという気持ちで取り組みました。私の場合は時間もなかったことから、得点源と呼ばれていた上記科目に集中してやりました。

ライセンスアカデミーいわき校、講師との出会い

 公務員を目指した頃にネットを見て知りました。
 独学で勉強しようかとも思っていましたが、勉強する上でモチベーションを高く維持するには、入学し他の生徒さん達が勉強している姿を見る方が良い刺激になると、アドバイスを受け、入学しました。実際、独学で一人で勉強していたら、試験に対するモチベーションは維持できなかったと思います。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 公務員試験まで半年しかなかった為、独学では効率良く勉強することが難しいと考えたことから入学しました。
 また、面接対策をする上で具体的な練習をしてもらえると思い入学しました。
 結果として、的を絞った勉強、面接対策が出来ました。本番の面接での内容も面接練習で行った内容が役に立ち、本番は落ち着いて取り組めたと思います。

最後に

・難易度について
 私は、併願の試験も受けました。特に国家系の試験はボロボロで、いわき市役所の試験の2週間前にあったので、一気に自信を失いました。
 正直、勉強する気をなくしましたが、今まで頑張ってきたことを思い出して「とりあえず諦めないで勉強しよう」と思い必死で残りの2週間を過ごしました。結果的にいわき市役所の一次試験は20位以内に入ることが出来ました。あのとき諦めていたら順位は低かったと思います。
 この6ヶ月の勉強で思ったことは、諦めないこと。落ち込むこともあるが、そんなことよりさっさと勉強に取り組むという気持ちを持つことが大事だと思いました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Sさん(25歳・男性) いわき市役所(行政)合格
  • 職業:一般行政

公務員試験を受験した動機

 前職である金融業を通してお世話になった方々やいわき市の活性化を通してすべて方に平等に喜びを与えられる仕事がしたいと考えました。民間はどうしても企業収益を意識しなければならず真にお客様のためになるとかという点に置いて疑問を抱きました。公務員になることは福利厚生が良いという魅力があるのは事実ですがそこは志望理由には全くありませんでした。ほとんどの人は福利厚生だと思いますが、、、動機はどうであれ自分の中でなぜ公務員なのかということが明確であれば面接でも素直な気持ちを伝えやすいし勉強するモチベーションになるので受験前に整理しておくべき!!!

公務員試験の傾向と対策

 試験傾向は講義をしっかり受ければ把握できます。過去問フォーカスを完璧にして捨て科目はなるべく作らない方がいい。苦手な所もしっかり解いておくことが大事!!!(学習期間とも相談)時事問題の対策はすぐ出来るものでは無いので日々関心をもって新聞等から情報を集めておくといいです。
 面接に関しては自分の想いをしっかり話せる練習をしてください!!!
 面接の対策はライセンスアカデミーいわき校のスタッフの方を頼りながら自分の気持ちを固めて下さい。個人面接は配点がとても高くそれだけで合否が決まると言っても過言ではないので後悔はしないように。

公務員試験の学習方法

 得意科目だからやらないというのは絶対にアカン!!!実際に解いてこそ実力がつきますよ。
 苦手な教科をまず作らないのが大事です。全てに手をつける必要があります。苦手教科を作らない方法としては講義を受けたらすぐ過去問を解くことをオススメします。多くの教科を見てから過去問に手をつけると講義の知識が抜けてしまう原因にもなります。得意苦手問わずトータル全ての教科10周弱はしました。

ライセンスアカデミーいわき校、講師との出会い

 ライセンスアカデミーいわき校に通うことで質問も的確に答えていただき、不安を取り除いて頂いたことで前向きに勉強に取り組むことが出来ました。憲法民法の上村先生から直接話していただき、やる気が出ました!内容はもともとある情報の再確認が多いですがもっと違うなにかを感じることが出来るはずです。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 入学時「何十万でも私はいいんです。受からせて貰えれば!」といいました。この結果を生み出して頂いたことがすべてで、感謝するしかありません。笑
 入学した理由は受からせますと言われたからです。もちろん自己研鑽は前提ですが、、、実際面接練習を始めアドバイスを沢山いただき生意気な私を上手く料理してもらいました。

+α
 学費は本人が払うべし!自覚するべき。誰も守ってくれない、やるしかない状況を、、、

最後に

 学習面は上記を見てもらって、ここではそれ以外に私がしたことを書きます。
 絶対やる気が出ない時がきます。自分のためだけではなく彼女や家族の事を想えば頑張れるはず。受かれば遊びまくれます!
 だから今頑張ってください。明日じゃない。今です。皆々様のご健康ご多幸を祈っております。
 皆様にこの文書が届きますように。笑

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • S・Mさん(22歳・男性) いわき市(土木) 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 高専で7年間学んできた土木や環境の知識を活かし、自分が育ったこのいわき市のために公務員としてお役に立ちたいと考えたからです。高専に入学したことも土木の面からいわき市に貢献できる技術者になりたいと思ったからです。インターンシップにおいては土木課様に2度お世話になっており、発注業務などを体験したことで、仕事の面白さの一端も知ることができました。また、熱心に働いている職員の方々を間近で見て、自分も共に安全かつ安心できる市民生活に貢献したいと強く胸に抱き、受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 いわき市(土木)では、一次試験に教養試験と専門試験があります。苦手な科目と得意な科目を把握し、どの科目を中心に勉強するか決めると勉強しやすいと思います。
 二次試験は論文試験・適性検査、集団討論、個人面接がそれぞれ別日に行われました。

公務員試験の学習方法

 数学が少し苦手だったので、数的処理は、解き方を覚えるまで問題演習を何回も行いました。また、高専生は社会科学や人文科学の知識が中学校で止まっていると思います。ですがそれをベースに勉強し、足りないところは補って、わからなかったところを中心に覚えるといいと思います。

ライセンスアカデミーいわき校、講師との出会い

 面接対策は厳しいですが、そのおかげで本番でも緊張はしましたが練習と同じようにできたと思います。面接対策で自分のダメなところを指摘されるのは辛いと思いますが、今後の人生でもこの経験は活かせると思います。

ライセンスアカデミーいわき校に入学した理由

 「公務員を目指すなら高専で学ばないことを勉強しないといけない」と学校の先生に勧められたことがきっかけです。体験講習を受けに行き、講義が分かりやすかったので、入学することを決めました。

最後に

 公務員試験の勉強は範囲が広く、たとえ計画をしっかり立てたとしても途中で不安になることがあると思います。また、高専生だと勉強や研究もあるのでスケジュール管理なども大変で疲れてしまう時があると思います。そんな時は思い切って休憩しましょう。しっかりリフレッシュすることで継続して勉強を続けることができると思います(自分はそうしました)。諦めないで頑張ってください。
 最後に、ライセンスアカデミーいわき校さんでの学習や面接対策のおかげで合格することができたと思っています。とくに面接対策は自分を成長させてくれました。とても良い経験になったと思います。合格という結果が得られ、うれしいです。本当にありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • N・Tさん(29歳・男性) 茨城県警 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 やりがいを持って仕事をしたいと思ったためです。
 私は、7年間勤務していた会社を退職し、公務員試験に挑戦しました。社会人を経験していくなかで自分の仕事に対するやりがいが見つかりました。それは、人の役に立つことです。そのやりがいを考えたときに警察官で実現できると思い、目指そうと思いました。

公務員試験の傾向と対策

<教養試験>
 過去問を繰り返し解くことで得点アップに繋がると思います。私の反省点は、過去問に取り掛かるまで多くの時間を費やしてしまったことです。今思えば過去問に、より時間を充てればよかったと思います。それは、過去問を繰り返し解くことで自分の弱点が判るためです。
 そして、全体像を俯瞰して日々の学習を進めると計画的に学習を進められると思います。

<小論文>
 作成・添削を繰り返すことが大切だと思います。
 私は、実際に小論文を作成し、試験に臨みました。試験では、作成・添削を繰り返したことでスラスラと書くことができました。

<集団討論>
 受験生で課題を討論し、グループとしての意見をまとめ、試験官に報告します。私が参加した班は、批判する人はおらず、協力的で討論しやすい雰囲気でした。私は、仕事で会議・打合せ・企画提案をしていたこともあり経験が活きました。人前で話す機会があれば積極的に担当するとよいと思います。臨機応変な感性があると討論で活かせると思います。

<個人面接>
 面接を受ける前は緊張しましたが、面接が始まるとほどよい緊張感で面接を受けることが出来ました。これは、面接対策のおかげです。スタッフの皆さんにアドバイスいただき、よい状態で面接に臨むことができました。特にAさん、Sさんにはストレートに悪い点をご指摘いただき、面接に役立ちました。この面接対策で人として・社会人として・試験を受ける者として甘さをご指摘いただきました。この経験は試験を受けるためだけでなく、一人の人間としても成長させてもらえたと感じました。
 面接対策は、厳しいと感じるかもしれませんが、前向きに取り組むとよいと思います。

公務員試験の学習方法

<得意科目>
 苦手な科目に時間を充てられるよう、スピード感を持って取り組む。

<苦手科目>
 苦手だからといって逃げることなく理解できるよう取り組む。
 また、過去問を繰り返し解くことで弱点が判ります。そこを重点的に取り組む。

ライセンスアカデミー、講師との出会い

 上村講師との出会いが印象的です。公務員対策講座でいわきに来られ、対策講座を聴講しました。実践的なアドバイスが参考になりました。また、モチベーションが上がるお話をしていただき、試験直前のラストスパートをかけることが出来ました。
 また、上村講師が担当されている法律がわかりやすかったです。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 入学先を決める際、公務員講座についてご説明いただいたSさんが頼もしかったため。

最後に

 私が公務員試験を受けて感じたことは、自分と向き合うことが出来、良かったことです。
 公務員試験の結果以上に今後の人生で大切なことを学んだと思います。それがあったからこそ公務員試験でよい結果が出たのかもしれません。そのきっかけを与えてくれたのが、面接対策です。スタッフの皆さんには感謝しかありません。試験でよい結果が出たことも重要ですが、人として色々なことを学ばせてもらいました。
 最後にスタッフの皆さんにはお世話になりました。ありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Wさん(28歳・男性) 国税専門官、いわき市役所 合格
  • 職業:会社員

公務員試験を受験した動機

 民間の会社員として働いている中で利益に捉われない仕事がしたいと考え公務員を目指す様になりました。大学卒業程度の試験だったので上級コースの講座を受講しました。

公務員試験の傾向と対策

 私は国税専門官と地方上級の合格を目指していたため、試験勉強の対策もそれに応じた試験計画を立てました。国税専門官の専門論述は会計学もしくは経済学を選択する受験生が多く、私は会計学を選択して回答しました。個別面接は面接官3人で細かく聞かれた印象があります。
 地方上級市役所の1次試験は筆記のみ(教養40問、専門40問)。2次試験は3日間に渡って行います。個別面接では一人約30分程度の面接でした。

公務員試験の学習方法

 私の得意科目は、教養では文章理解、資料解釈、一般時事。専門では憲法、行政法、会計学(国税専門官のみ)が得意科目でした。一方苦手科目は、教養では数的処理、判断推理、理系科目。専門では経済学が苦手でした。
 得意科目である文章理解、資料解釈は直前期には毎日1問以上解くようにしていました。一般時事は日ごろから新聞や経済に関するニュース等にアンテナを高くして情報収集していました。憲法や行政法は出題形式がある程度決まっている事や他の受験生が点数を殆ど落とさないことから、極力点数を落とさないように講義を視聴した後、問題集を繰り返し回して解いていました。間違った問題は何度も繰り返し解くことで正答率を上げていきました。会計学は学生時代会計学を勉強していた経緯から教科書の論点ポイントを確認しながら記憶を呼び起こす作業をしていました。
 苦手科目である数的処理、判断推理は毎日欠かさず3問以上解くことを心掛けていました。特に解法について自身が納得するまで過去問を解いていました。特に過去問フォーカス「合格するなら絶対ゲット」の印がついた箇所は集中的に繰り返し解いていました。
 専門の経済学は勉強する範囲が広く、また計算問題が多いため過去問題集を中心に繰り返し解いていました。直前期には基礎計算式、何度も間違った問題を再確認すれば足りるような程度まで完成度を高めました。「解けたらアドバンテージ」の問題は最悪解けなくても自分を許す程度の気持ちで問題集に取り組んでいました。

ライセンスアカデミー、上村講師との出会い

 憲法と民法を担当していた上村先生の講義が分かりやすく記憶にあります。お陰様で民法の膨大な範囲の中でも特に勉強すべきポイントを教えていただき、その点を重点的に勉強していました。
 ライセンスアカデミーではスタッフの方々の手厚いサポートで、不安いっぱいの精神面を支えていただきました。勉強は一人でもできると思いますが、モチベーションを維持したり、不安からくるストレスを和らげて頂けたのはスタッフの方々の励ましの言葉があったからだと思います。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 過去に知り合いが通っていた事を知り、ライセンスアカデミーに入学しました。いわきでしっかりした公務員予備校はここのみだと思ったからです。特に個別ブースで仕切られて勉強するのが私には向いていました。他の人が黙々と勉強する姿をみると自分も頑張らなければいけないと鼓舞されました。

最後に

 私は会社に勤めながらの勉強でした。受講してからの1年目は不合格で、2回目で合格しました。働きながらですと仕事で疲れて全く勉強できない日もあり、土日に平日勉強できなかった分を取り戻していました。受験生の時は生活スタイルが仕事と勉強に時間を割くため、一人暮らしをしていた私は毎日の食事がコンビニ弁当となり体重も増加しました。ただ週末は実家に戻って食事をしたり、友達などと食事をすることで肉体的にも精神的にも体調を整えていました。
 社会人の方で勉強を並立することは精神的にとても辛く切なくなることもあると思います。しかし、少しずつ勉強を継続することで目標を達成することができました。不安な事や落ち込んでいる時はスタッフの手厚いフォローとアドバイスがありますので、めげずに勉強を継続していく事が大切だと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • T・Tさん(26歳・男性) いわき市職員 合格
  • 職業:会社員

公務員試験を受験した動機

 現在勤めている職業が公務員と頻繁に関わりがあり、公務員に興味を持ちました。
 受講コースは上級コースで、専門科目・教養科目を勉強していましたが、管理職に就いているためとても忙しく、勉強時間の確保が難しい状況でした。それで教養試験のみで受験できる自治体を探し、その中からいわき市役所を受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 教養試験は数的処理を重点的に勉強しました。理系科目は今までの経験だと中学生レベルでしたが、時間がなかったので出題頻度の高い分野のみ勉強しました。その結果何問かは解くことができたように思えます。
 集団討論はライセンスアカデミーで対策をしました。事前に対策をしておいたおかげでイメージが出来ました。さらに講義を何回も繰り返し受けてイメージを確立していきました。本番は思ったより時間は短かったです。(35分間ほど)個人面接はよく聞かれる質問に対して箇条書きをして、どの順番で答えるかを頭の中で考えました。しかし、考えたことを話す練習も必要なので、直前に面接指導をして頂いたところ、概ね私が本番を想定し準備した内容を聞かれました。また、1つの質問に対して長く回答してしまう癖があったので、短めに回答するように心がけました。その結果、会話のような個人面接になり、円滑にやりとりが出来たことが合格につながったように思えます。

公務員試験の学習方法

 数的処理は解法のパターンが決まっているので、易しい問題を何度も解いて、試験の直前に難しい問題を解きました。とにかく多くの問題を解いて、問題を見た時にすぐに頭に浮かぶようにしていきました。社会科学はノートに重要語句をまとめ、自分専用の参考書をつくりました。物理・化学・生物・地学は全範囲を勉強するのではなく、出題の多い分野から取組み、直前期に時間が許す範囲まで勉強しました。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 現代文が苦手だったので、丸山先生の講義を見てわかりやすいと思いました。論理的な説明と話のスピードとトーンがとても印象的です。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 独学では無理だと経験上分かっていました。どうしても二次試験で不合格になってしまうので、面接対策をしてくれる予備校を探している中、ライセンスアカデミーとの出会いがありました。2つの予備校で悩んでおりましたが、映像講義を自分のペースで学べる点、多くの科目を学べる点、どうしても仕事との両立をしなければならないので、遅い時間まで開校している点、そして何より面接での不安をスタッフの方にぶつけた時、具体的な対策と絶対にサポートします!という熱意を受け、ライセンスアカデミーに決めました。
 あの時、ライセンスアカデミー、そしてスタッフの皆さんを信じて入学して良かったと思っております。

最後に

 仕事と勉強の両立は本当に大変でした。途中管理職に就くことになり、とても忙しく勉強時間が取れない時期もありました。そのような時でも、ライセンスアカデミーの皆様のサポートもあり、公務員になる!という目標を捨てずにここまでやってくることができました。講義の内容もわかりやすく、自分のペースで学べることがとても良かったです。他にスキマ時間を見つけて講義の復習をし、朝も早く起床し、繰り返して復習をしました。しかし、睡眠時間を削ってはいけません。また、モチベーションを維持することは非常に難しかったので、行きたい自治体のパンフレットを見たり、合格体験記を読んだりしました。中でも私にとって一番プラスになったのは、スタッフの方と雑談することでした。わずかな時間ではありましたが、公務員試験という長丁場を戦い抜けた要因でした。
 公務員試験はどうしても長い期間勉強しなければならず、途中で心が折れそうになった経験が誰しもあると思います。ライセンスアカデミーは充実した講義内容はもちろんのこと、職員一人一人が優しく、メンタル面でのサポートもある点が他の予備校と違う所だと思います。これから公務員を目指そうという方には、ライセンスアカデミーでの学習をおすすめします。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • I・Yさん(25歳・男性) 川俣町職員 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 どうしても公務員になりたかったからです。自分のなりたい、実現させたい夢のためには公務員になることが必要不可欠だったからです。

公務員試験の傾向と対策

 試験で出る範囲の内容をカバーできるよう、やれることをしました。面接はメンタルが関わってくるので、とにかく練習をしたり、徹底的に下調べをしました。

公務員試験の学習方法

 講義は2回見た方が良いと思います。講義で理解を深めて、暗記をして知識を増やし、問題を解いて力をつければ良いと思います。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 スタッフの方の指導があったので、面接に自信がつき、合格できました。みなさんもしつこいくらいに指導を頼むと、きっといいことがあります。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 ライバルと同じクラスでなあなあの関係になって勉強するよりも、映像講義を見て自分のペースで勉強した方が効率が良いからです。

最後に

 勉強は嫌いです。でも勉強をすることによって、近くのあるいは遠い未来やビジョンを見ることができるようになります。また、論理的かつ合理的に考えられるようになります。
 そして視界が広がり、世界の見え方も少し変わると思います。
 私は、公務員試験について、こんなに広すぎる分野を勉強して、試験もあって、実際の業務や生活で使えもしないことに何の意味があるのかと思っていました。しかし、行政職の公務員として働くにあたって、今は思います。絶対必要な内容なのだと。
 自分を高めるために、今後は自主的に勉強しようと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • M・Cさん(30歳・女性) 労働基準監督官 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 前職で中間管理職として従事しており、第二種衛生管理の資格を取得したことがきっかけです。試験科目が労働基準法、労働安全衛生法で、一労働者、一使用者として労働法を知らないことがいかにおそろしいことかということが分かりました。労働者の当然の権利として行使ができる社会づくりに貢献したいという思いから、この試験を受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 労働基準監督官の試験は一般職と異なり、労働法及び労働情勢のウェイトが非常に高いです(専門試験と記述式)。傾向や問題の形式を知るために、市販の過去3年分の出題問題集を別途購入しました。ただし、この問題集を使ったのは、試験を受ける1日前のみで、 あくまで傾向と形式を把握することだけが目的でした。基本的には公務員上級コースの教材でまかなえますので、オールマイティに対応できるよう基礎力をつけることが大切だと思います。そして面接については、
  ・志望動機をしっかり自分の信念を持って伝えられること。
  ・圧迫でも屈しないメンタルで臨むこと。
 この2点が特に重要だと思います。仕事柄もあるかと思いますが、圧迫のケースがあったり、そうではないケースがあるようです。ガチではなくソフトな感じですが、相手の面接官に飲み込まれることなく、相手に理解してもらえるように自分の信念を伝えて下さい。それができるかできないかで結果が変わってくると思います。

公務員試験の学習方法

 ・得意科目・・・一般知識(国語・英語・社会)、法律系
 ・苦手科目・・・数的処理、理科、経済
 得意科目は得点を伸ばせるようひたすら過去問を解き、傾向をつかみました。
 過去問フォーカスは解説がわかりやすいので存分に活用すべきです!
 わからないところは質問票で講師の先生に聞いて、疑問を解消しましょう!
 →苦手科目は克服するぞ!と意気込みすることなく・・最低限わかればいいかな、というレベルまでしか達しませんでした。根っからの文系人間だったので、頭が拒否反応を起こしました。時間をかけた上でもうできないと割りきった分野は、無理しない方がよいのではと個人的に思います。基礎の基礎だけ固めるために市販の問題集を導入したこともありました。やり方・考え方は人それぞれだと思いますので、あくまで参考まで。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 知人2人も私が通う前に生徒として通っており、実績を残していたので入学しようと思いました。入学前にスタッフの方からお話を伺い、熱心に取り組んでおられる姿勢もあったことが決め手となりました。面接の練習も直接指導して下さるのも大きかったです。(当時もうひとつ考えていた学校もありましたが、モニター越しの面接指導と伺っていたので・・。)
 他にも、教室の環境も個人ブースで区切られていたので、隣を気にすることなくマイペースに学習できる点が魅力的でした。教室内もとても静かです。

最後に

 入学後、福島まで応援に来て下さった上村先生との出会いはとても印象的でした。先生の講演を聴いて、残り4か月頑張ろうと思いました。当時民法の範囲の広さに戸惑っていましたが、先生にポイントを伺ったおかげで疑問が解消され、当日の試験では民法を得点源とすることができました。
 私はライセンスアカデミーの入学時期は早かったものの、仕事を辞めるまで勉強に専念できなかったので、辞めてから試験本番の期間は5~6か月しかありませんでした。短い期間で結果を出すために、まず公務員試験の勉強方法が書かれた本を5冊くらい読み、効率的に勉強を習得できるスキルを養いました。その後はひたすら講義の受講と過去問フォーカス、科目によっては市販のテキストを繰り返し使用しました。
 1日平均11時間勉強していたので、身体は肩や腰、背中まで痛くなり、ペンを握る右手が痛くて夕ご飯で箸が持てなくなる程大変でしたが、やり切れば自信がつきます。遊ぶときは逆にめいっぱい遊びました。(試験前のGWも少し息抜きした程です。常にテキストは持参していたものの、開くことはなかったです・・)メリハリは大事なので、頑張ったごほうびで休日を設けることは重要だと思います。
 面接は元々苦手な方ではなかったのですが、やはり細かな作法(ノックやおじぎ)や話し方、話す順序やスピード等、スタッフの方から教えて頂くことはとても多かったです。面接の練習中にICレコーダーを使用して、注意されたことをリピートして直すように心掛けていました。また、他にも友人や知人に協力してもらってファミリーレストランで練習していました。今思えば怪しい2人組ですが・・・。でも、練習をやればやる程自信がつきます。本番の面接はソフト圧迫な感じだったのでツッコミが激しく、終了した後は意気消沈しましたが、振り返ると自分の信念だけはつらぬけたと思います。揺るがない自信をつけるために、やはり練習は大事です。
 受験中はとても辛かったですが、ライセンスアカデミーのスタッフの皆さまがコンスタントに声をかけて下さり、励まして下さったことがとても嬉しかったです。ヘトヘトになって体調を崩してしまうこともありましたが、そういう場面では優しい言葉をいただき、早く回復してまた頑張ろうと思えました。私は勉強できる環境に本当に恵まれていました。こういう環境にいれるからこそ、自分の限界を超えて取り組むべきだと思います。公務員試験は結果が出せるか出せないかの2択ですので、後悔がないようにしてほしいと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • M・Fさん(22歳・男性) 北茨城市職員 合格
  • 職業:学生

公務員試験を受験した動機

 福島高専に入ってから、北茨城市出身の友人ができ、北茨城市の様々な名所や景勝地を案内してもらいその際に、歴史の深い芸術文化に触れ、魅力を感じたからです。また、北茨城市では、私が興味あり、携わりたいと考えている芸術によるまちづくり事業の展開や、あんこう(イメージキャラクター)をはじめとした漁業産業や観光産業に力をいれているため市の職員として貢献していきたい気持ちがあり、受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 北茨城市では、一次試験に教養試験と漢字試験、適正検査があります。専門科目はありません。教養試験は、市役所試験一般的な難易度であり、漢字試験は四字熟語、読み書き、ことわざ、それぞれオールマイティで出題されます。しかし、ある程度できるとおもいます。(漢字がよほど苦手でなければ)
 面接試験は、常に頭に言うポイントを整理して、予め推敲しておく必要があるとおもいます。面接後は、ストレス耐性試験が20分間で100問答えて終わりでした。

公務員試験の学習方法

 元々数学系は得意だったため、数的処理、自然科学はほとんど、簡単でした。しかし、文章理解では、英語は得意でしたが、現代文は難しかったので、何回も練習しながら、解き続けました。また社会科学では、中学校でならったものをベースにして肉付け的な感じで勉強し、分からなければ答えを見て、すぐに解答を覚えると効率が良いと思います。人文科学についてはほぼ、暗記なので攻略法はありませんが、出題範囲は絞られているので山を張る勉強がおすすめです。後は、継続して諦めないことだとおもいます。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 面接練習を厳しくやってもらったので、本番であまり緊張しないで望めたとおもいます。
 最初は、怒られていましたが、徐々に力になったと思います。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 友達が勧めてきたので、入学しました。

最後に

 ライセンスアカデミーのおかげもあり合格できました。ありがとうございます。特に面接練習では、いい意味での厳しい指導のもと自分の成長につながりました。コミュニケーションして初めてわかる人の良さや、人の苦手なことを実感できたので良い経験になったと思います。また、合格する喜びを感じることができる為には、ある程度辛い時期がありますが、乗り越えることで、辛い経験を忘れることができると思いますので、諦めずに丁寧に問題に取り組んで、先生の指導はしっかり聞いて、大切な点は盗んで自分のものにしていくことが大切だと感じました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • S・Sさん(23歳・男性) 福島県職員(上級) 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 前職を2ヵ月で退職したときに、自分がやりたいことはどんなことだろうと考えました。その時に、福島県全体に関わることができることができる仕事がしたいと思い受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 私は、国家公務員の試験と地方上級の試験を受験しましたが、国家の試験の方が全体的に問題が難しかったです。
 ◎福島県庁
  ・一次試験・・・基本的な問題が多く出題されます。過去問フォーカスを何周もやれば解けると思います。数的処理の出題数は少ないです。その分社会科学の問題が多かったです。
  ・二次試験・・・適性検査→集団討論→個別面接の順番で進んでいきます。集団討論は自分が座っている席の縦の列の8名で行います。事前に話す時間はありませんでした。あまり話すことができなくても、うなずくことや大事な部分で発言することで十分だと感じました。(もちろん、できれば発言した方がよいです。)個別の面接は席が一番後ろだったので最後でした。面接の一番最初に「待っているのは疲れなかったか」や「何をして過ごしていたか」を聞かれました。雰囲気はとても話しやすい雰囲気でした。

公務員試験の学習方法

 ほとんどの科目を過去問フォーカスから始めて、最初の問題から解答解説を見て、どこが間違っているのかを問題に赤ペンで記入していました。1周目にその作業が終わったら、あとは赤色のシートで隠して暗記するということを繰り返していました。苦手だった数的処理は自分ができる部分だけを繰り返して解き方を暗記して、分からない部分には手をつけませんでした。普段の生活でも頭の中で問題と解答が浮かぶくらいになれば大丈夫だと思います。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 憲法の上村先生との出会いは衝撃的でした。実際にお話を聞く機会があったときに、公務員試験の勉強は数的処理も含め、全て暗記だとおっしゃっていたのを今でも覚えています。(多分一生忘れないです。)それから私も暗記を心がけました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 父が宅建士の資格を目指して福島校に通学しており、私が仕事を辞めた際に「ライセンスアカデミーに通ったらどうだ」と勧められ、体験を受けに行ったのがきっかけです。
 体験では、講義がとてもわかりやすく、スタッフのみなさんもとても優しかったので決めました。

最後に

 私は大学を卒業してから2ヶ月だけ正社員として働きました。それから公務員を目指すためにライセンスアカデミーに通い勉強していましたが、超短期離職の経歴がマイナスになるのではないかといつも不安が消えませんでした。そんな時にライセンスアカデミー福島校のスタッフのみなさんから、そんなことくらいマイナスにならないと言われ、とても後押しになりました。こんな経歴の私でも合格できたので、これから受験するみなさんは余裕で大丈夫だと思います。途中に勉強ばかりで嫌になる時もあると思いますが、合格を信じて頑張ってください。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Kさん(22歳・男性) 国税専門官 合格
  • 職業:大学生

公務員試験を受験した動機

 親が公務員ということもあり、公務員を身近に感じていました。将来を考えたとき、自然に、自分も公務員になるものだと思っており、様々な職種をその時知りました。職務内容等までは、初めはあまりわかっていませんでしたが、勉強を進めていく中で説明会に参加し、興味を抱くようになりました。

公務員試験の傾向と対策

 一次試験は多くの場合、択一試験があります。また、論文試験や専門記述試験が課される場合もあります。私はずっと択一試験の勉強をしており、論文対策はおろそかでした。もちろん択一のウエイトは高く、1点の重みもありますが、少しずつ論文対策も視野に入れながら勉強の計画を立てることをおすすめします。何分で何字書くのか、過去どのような問題が出されたかを知るだけでも損はありません。政策論文の場合は、二次試験の面接や集団討論の対策にもなります。
 国家一般職試験の場合、官庁訪問があります。年度によって方法が変わることがあるのでアンテナを張って常に情報を集めなければならないことがネックです。ただ、例年変わらないことは、自分から動く姿勢です。一次試験の前から、説明会への参加や職場訪問をすることで自分を売り込むことが非常に重要だったと、今になって私は痛感しています。
 択一の勉強だけではなく、「相手を知る」勉強もしていった方がいいです。

公務員試験の学習方法

 全科目に言えることは、初学者は特に、自力では限界があるということです。ですので、DVDを繰り返し視聴したり、講師の方、あるいは友人に質問をすることで理解を深めました。私の得意科目は、法律系全般でしたが、条文や判例の多さには辟易したこともあります。そこで、重要なものだけをピックアップし、余裕が出てきたら徐々に手を広げていくことで段階的に学習していきました。法律系科目は、覚えれば即、得点に結びつくと思うので根気強く日々努力することで力になります。一方、苦手科目は経済原論でした。決して、決して(あえて繰り返します)おすすめはしませんが、私はミクロ、マクロ経済学は捨てました。試験は選択式であったので、経営学や社会学を必死になって勉強することで補いました。決して参考にしてほしくない勉強法ではありますが、うまく自分に合った勉強方法を計画することで、最終合格はできる、と思います。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 公務員を目指そうと思ったのが、大学で行われる公務員講座よりも早かったため、長期的な勉強ができる環境と実績があるライセンスアカデミーに入学しました。事務の方も親切で、過去の試験から知り得た知識や経験を教えて下さり、大変力になりました。

最後に

 勉強を始める上でまず大切なことは、計画を立てることだと思います。1日の勉強時間やどの科目をいつまでに何周するかなど、短期的なものから長期的なものまで考える必要があります。そのためには受験する試験において、どの教科が何問出題されるか、その難易度はどの程度か調べておくことも大切になるでしょう。重点を置くべき科目を見極めまよう。「努力は裏切らない」と今なら断言できます。息抜きも適度にしながら、合格した将来の自分の姿を想像して日々頑張ってください。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Sさん(22歳・男性) 福島県警 合格
  • 職業:フリーター

公務員試験を受験した動機

 学生の時から、「働くなら何か人のためになる職業 公安系の職に就きたい」と考えていたので、警察官を受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 県警の試験では、比較的点数配分が大きい数的処理、社会科学に重点を置き、この2つの科目においては幅広く勉強しました。  対策としてはライセンスアカデミーの問題集・過去問を解き、間違えた部分や苦手な所を見返し、復習する(2~3回)ことが大切だと感じました。

公務員試験の学習方法

 数的処理、社会科学はライセンスアカデミーの参考書に加え、警察官の過去問なども利用し幅広く多くの問題を解くことを意識し、間違えた問題は必ず復習しました。
 その他の科目においてはライセンスアカデミーの講義において、重要と言われている点のみを重点的に学習すれば、県警の試験内容には十分対応することができたと感じました。

ライセンスアカデミーとの出会い

 大学4年生の時、受験に失敗してから地元で通いやすい公務員試験の勉強ができる場所を探していて、郡山の公務員学校の資料を集め調べていく中で見つけました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 入学金も比較的安く、自宅から通いやすい距離にあり多くの公安系の合格者を出している点に惹かれました。また、フリータイム学習なので、自分のペースで勉強することができる点にも惹かれました。

最後に

 ライセンスアカデミーでは、筆記試験だけではなく面接など二次試験対策にも親身になって何度でも対応してもらえたので自信をもって試験に臨むことができました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Mさん(25歳・男性) いわき消防 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 私は小さい頃からの夢が消防士でした。しかし、消防士になる為には視力に制限があり、その制限を満たすことができなかった為、民間企業に就職しました。民間企業に就職して3年目の時に視力の制限が無くなったと知り、夢であった消防士になる為受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 いわき市の試験は一次試験と二次試験に分かれています。
 まず、一次試験は筆記試験で教養科目と専門科目がありました。試験の対策としてはライセンスアカデミーの教材の過去問フォーカスを何度も繰り返し勉強することで問題の理解が早まり、自信を持つ事が出来ます。私は講義を受けてから、その講義で習った分野の過去問を解くという勉強をしていました。講義が終わったら、過去問フォーカスを5周したりしていました。
 次に、二次試験は適性検査・小論文・集団討論・体力試験・個人面接があります。適性検査は性格チェックなので対策はありません。小論文はライセンスアカデミーの講義や図書館で参考書を借りて勉強します。集団討論や個人面接はライセンスアカデミーの方々が親身になって相談に乗って、練習をしていただけます。面接では6人の面接官がいて行政の方と消防の方が3人ずつでした。質問された内容はライセンスアカデミーから、よく質問される項目一覧のプリントをいただけるので対策を練ります。体力試験はそれなりに出来れば大丈夫だとは思いますが、私は体力試験の4か月前から筋トレを始めていました。

公務員試験の学習方法

 いわき市の教養試験では数的推理や判断推理が問題で多く出されます。専門ではミクロ・マクロ経済学が多く出されます。私は計算問題が得意でしたので、数的・判断推理やミクロ・マクロ経済学は過去問フォーカスをそれぞれ5周以上勉強しました。自分で得意だと思う科目は絶対取れる自信がつくまで勉強しました。その反面、歴史関係については苦手でした。過去問フォーカスも2周くらいしか勉強してませんし、頭に入ってきませんでした。そこで苦手科目は重要度の高い問題だけ勉強しました。過去問フォーカスでは問題ごとに重要度が表示されていましたので、重要度の低いものは勉強しませんでした。全ての科目を勉強し覚えられれば良いのですが、公務員試験の範囲がとても広いので、全部覚えることは無理だと思います。得意な科目は伸ばし、苦手な科目は重要度の高い問題を解けるようにするのがお勧めです。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 私は、みとみライセンスアカデミーいわき校の事務局の方々全員に支えられ、応援された事によって合格できたのだと思います。勉強をしていて不安になる時はたくさんありましたが、事務局の方々から励まして頂いたり活を入れて貰いました。特に、Aさん、Sさん、Kさんには入学してから相談を聞いて頂いたり、試験前には緊張を和らげて頂いたり、本当にお世話になりました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 私は仕事をしながら消防士の勉強をし、試験を受けました。一次試験で不合格になりましたが、一緒に受けた友人は一次試験を一位通過していました。友人は試験の半年前から仕事を辞めライセンスアカデミーで勉強をしていました。ライセンスアカデミーでは二次試験の対策も行っており、友人は消防士になる事が出来ました。そんな友人の勧めもあり、私も仕事を辞め勉強に力を入れる為入学しました。

最後に

 私は、ライセンスアカデミーの一流講師によるわかりやすい授業を学習することによって、各科目で学習の理解をしっかりと定着させる事が出来ました。公務員試験は、過去問を繰り返し解くことが大切だと思います。計算が必要な科目は日ごろからコツコツやるといいと思います。私は、ライセンスアカデミーの過去問フォーカスを、繰り返し解き合格出来ました。また、面接対策で何回も発言内容をチェックして頂いたりして、改善点を指摘して頂き、大変役に立ちました。面接対策としては他の参考書等は見ないでライセンスアカデミーで学んだ事をしっかりと行えるようになれば良いと思います。私は消防職という事もあり体力試験がありました。試験の4か月前から筋トレをしていましたが、懸垂は回数を伸ばす事ができませんでした。消防職を目指している方は時間に余裕があれば早めに体力作りを行うことをお勧めします。今回合格できたのは、ライセンスアカデミーの事務局の方々や家族などの周囲の協力があったからこそ実現したものだと思います。自分の力を信じて努力し続けて合格を目標にして頑張って下さい。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • M・Kさん(22歳・男性) 福島県警 合格
  • 職業:大学生

公務員試験を受験した動機

 福島県警察官として、自分の力を福島県の安全を守るために活かしたいと思い受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 筆記試験は全体的に満遍なく出題されるので、しっかりと準備をすることが大切です。論文試験は、基本である起承転結で書くことときれいな字で書くことが大切だと思います。
 2次試験は、集団討論と個人面接が勝負です!周りとの協調性を保ちながら、いかに自分の意見をしっかりと言えるかが集団討論では鍵になると思いました。個人面接では、圧迫面接の場合もあるので、きちんと対策をして臨むと良いです。正しい言葉遣いで元気よく自分の意思表示をしましょう。また、警察の仕事内容や希望部署のことも聞かれるので、正しい情報をきちんと頭に入れておくと良いと思いました。

公務員試験の学習方法

 得意科目は確実に点数を取れるようにする。1点が勝負を決める世界です!!!バランス良くやることが合格につながります。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 大学の公務員対策講座を受講して、ライセンスアカデミーのことを知りました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 公務員試験に全力で挑戦するため、大学の公務員対策講座よりも多くの科目を徹底的に勉強しようと思いました。

最後に

 自分の将来の夢に向かって、まず私たちがやらなければならないことは勉強だと、ライセンスアカデミーに通い思いました。誰のために勉強するのか、なんのために勉強するのかということを忘れずに日々の積み重ねがとても大切だと思います!1次試験を通らなければ先はないので、試験日まで後悔のないようにまずは本気で勉強と向き合ってください!みなさんの合格を応援してます!!!

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • S・Kさん(23歳・男性) 楢葉町行政、いわき市行政 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 地元での転職を目的として受験しました。関東の大学卒業後、東京でシステムエンジニアとして就職しましたが、地元に帰って仕事をしたいという気持ちがあり、公務員試験を受験することを決意しました。

公務員試験の傾向と対策

 私の場合は、仕事を退職した後、一次試験までの期間が短かったため(約四か月)、とにかく一次試験のボーダーといわれる6割を得点することだけを目標に勉強していきました。
 特に、短期間で大きな効果を得るために出題の割合の多い科目、また、その中で出題頻度の高い分野をリサーチして対策に当たりました。そして、短期間での合格のために出題頻度の低い科目や、大学受験時に学習した科目等は過去問を一巡する程度に収め、経験の無い法律、経済と出題割合の大きい数的処理に時間を割きました。
 また、一度やった問題は、解けた問題、解くのに時間がかかった問題、解けなかった問題に分類し、効率的に反復練習するよう努めました。
 二次試験では、通常通り志望動機や自己PR等定番質問をまとめると共に、自治体の行っている施策や抱えている問題点、自治体の目指す街づくりの方向性等を調査し、それぞれに対する自身の考えをまとめておきました。

公務員試験の学習方法

・教養科目
 教養科目の大部分を占める数的処理に時間を割きました。まずは、講義を受けてから、テキストの問題を解いて、類似の過去問を解くという流れを一巡し、その後はひたすら過去問を解き続けました。過去問を2,3巡する頃には、難問以外の問題は解けるようになりました。その他教養科目については、テキストから頻出部分をピックアップしてまとめ、過去問を1,2巡程度解く程度に収めました。

・専門科目
 専門科目も教養と同様に出題割合の高い経済原論、憲法、民法、行政法に時間を割き、ほかの科目は過去問をなぞる程度に収めています。
 勉強方法は基本的に教養と変わらず、講義やテキストで内容をまとめた後、ひたすら過去問を解き続けました。

・得意科目
 計算は得意だったので、数的処理や経済原論は公式や、考え方をまとめたら後はひたすら計算問題を解き続けました。特に、経済原論は公式を理解すれば、公式から知識問題の解答も導けるので公式はなるべく理解するように努めました。

・苦手科目
 法律科目の憲法は判例の暗記、民法、行政法は内容を体系的に暗記するよう努めました。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 ライセンスアカデミーの皆様とは、全体を通してお世話になりましたが、特に二次試験対策で大変お世話になりました。民間での面接の経験はありましたが、公務員試験ならではの質問内容や、面接形態の情報が得られたのは非常に有難かったです。
 更に、面接での自身の欠点や、改善方法等具体的なアドバイスを下さり、面接対策がなければ合格は成しえなかったと思います。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 ライセンスアカデミーの自身のペースで学習を進められる形式に惹かれて入学しました。自分自身で学習の計画を立て、講義のわからない点は復習できる利点があります。
 また、個別学習でありながらも理解できない点は質問できるシステムが整っており、詰まることなく学習が進められることも大きな魅力でした。

最後に

・公務員試験を終えて
 今回の試験を終えて、私は自身でやり方を見つけることの重要さを実感しました。
 公務員試験は、高校、大学受験よりも勉強に励むことができました。その理由は、失敗できないという焦りがあったからだと思います。仕事を退職し、無収入の状態で勉強に励むことは、家族へ負担もかかり長期化させることはできません。しかし、この焦りは、今回の試験ではより良い方向へと転じました。焦ることでパニックになるのではなく、冷静になり、どうすれば今年合格することができるのか、より効率的に学習するためにはどうすればよいかを十分に考えることができたからです。
 勉強の方法、試験の対策に正解は無く、自分で調べて、考えて考え抜いた方法が結局は最も自分に適していると思います。なので、自分で調査し、考え抜いた勉強法、対策法があるのなら自信を持ってそれを貫くことが合格への一番の近道なのだと思います。周りの状況に左右されることなく、しかし、柔軟に意見を取り入れより自分自身に適した勉強方法を見つけてください。
 これは、勉強法だけではなく、解答法においても同様のことが言えます。今時は、沢山の公務員試験ハウツー本や、簡単な解き方を載せた参考書も沢山存在します。しかし、それを丸覚えするのではなく、理屈を理解し、自身で解答法を見つけることが最後には一番の力になると思います。
 これから公務員試験を受験しようとする皆様、また、現在勉強に励んでいる皆様、自分自身で考えて、勉強法、解答法を導く努力をしてみて欲しいと思います。
 このライセンスアカデミーは個別学習ですので、勉強法や、解答法を強制されることはありません。しかし、困った時には助けてくれる環境が整っています。この個別学習という環境を最大限活用すれば、自分に合った勉強法、解答法をきっと見つけ出すことが出来ると思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Aさん(24歳・男性) いわき市消防 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 大学を卒業し、地元へ戻って来てやはり安定している職業を考えた時に、公務員は最適であると考え受験しました。始めは行政職を希望して受験をしていましたが、元々は体を動かすことが好きであったために、最終的には消防職を希望する形へ変更しました。

公務員試験の傾向と対策

 試験の中でも専門科目についての知識がほとんど無い状態からのスタートだったので、始めは専門に力を入れて勉強を行いました。専門の内容は聞き慣れない言葉が多く、その言葉の意味を覚える事がとても大変でした。覚える為には繰り返しが大切だと思いましたので、ライセンスで授業を聞き、マーカーで印を付け、帰宅後に声に出しての音読と次の日の朝にもう一度復習する事で記憶の定着を行いました。いわき市に限らずとは思いますが、教養試験よりも専門試験で合格の差が出ると思います。教養の中には、今までの学生生活で培われた知識で解く事ができる問題がいくつかありますが、専門に関しては言葉の意味を理解できなければ問題文の意味すら分からない事もあります。ライセンスでは、重要な語句や解法のテクニックを実演しながら解説してくれるので、文字で読むだけとは違い、記憶に残りやすいです。一つの語句の具体例がその次の語句との繋がりを生むので、一つを思い出す事でドラマの様なストーリーを思い出す事ができます。面接については、私は退職して今年はチャレンジしたので、何故退職したのかという質問への対策をしました。退職をしてまで公務員へとなりたい理由と実現した時には自分はどうなりたいのかという理由をしっかりと伝えられる様にまとめました。市役所を受ける際には、ホームページや地域の情報誌等から今の市町村が抱えている問題等をまとめて自分なりの対策方法を考えておくと良いと思います。

公務員試験の学習方法

 理数系科目は得意だった事もあり、毎日30分以内に10問を解くようにして数をこなしました。数をこなす事で似た様な出題を素早く解ける様になり、試験では始めに済ませる事で他科目に費やす時間を多く取る事ができました。憲法・民法は初めて深く学ぶ機会だったので、なかなか知識を身につける事ができませんでした。その中で授業の際に一つ一つを覚えるのではなく、一つの物語のようにストーリーを作り上げると、たとえ全てを思い出さなくとも物語の一つを思い出す事ができれば関連して思い出す事ができるという事を聞き、一つずつ覚えるのではなく、一つの流れとして覚えていく事により知識の定着をする事ができました。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 憲法の授業で上村先生には大変助けられたと思います。初めてで右も左も分からない中で、具体例等を取り入れながらの解説のおかげで普段よりも覚えるスピードが上がったと思います。また、講演会等で試験までの学習方法や解答を導き出すまでの流れ等も聞く事ができ、そのおかげで他の受験者と差をつける事ができたのではないかと思います。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 父の職場の息子さんが通っていて、ここなら確実に知識を得る事ができると聞き、入学を決めました。入学前の説明で自分に合った学習方法で学べるという事もあり、日常では学ぶ機会の少ない専門にも力がいれられると感じたからです。

最後に

 私は2回目の試験の失敗の原因は、全ての教科をまんべんなく勉強してしまい、結果として全てが中途半端になってしまった事だと考えています。何も一次試験を合格するのに百点満点は必要ありません。6~7割をとる事ができれば一次は通過できます。教養の数的処理・判断推理は私が合格した際の試験では全体の2割以上の出題があり、合格点を目指すには避けては通れないです。専門では、学習の時に自分が確実に得点できる科目を増やし、最低限で6割取れるようになれば一次試験を突破する事は難しくないです。一次を通過までは自分との戦いです。その中で私は、一週間の日程を作りました。月曜日は完全休養日にして、火~金まで各科目について学習、土・日で学習した単元の過去問をひたすら反復する事で記憶の定着を図りました。数的処理は数をこなす事で同じ様なパターンが見えてきますので、月曜以外に毎日30分以内に10問解くようにしました。時間を決めて行う事により、解答する速度が上がり、一つの問題を多面的に捉えるようになります。私は一度就職し、仕事をしながらライセンスに通って勉強をしていました。しかし、その年の試験では残念な結果しか得られず終わってしまいました。今年の為にと再び仕事と両立しながら通っていたのですが、転勤の通知が出て両立が難しくなり、退職をして勉強へ集中する道を選びました。職がない不安と不確実な未来で時には心が折れそうになることもありましたが、家族のサポートやライセンスで確実に力がついてきていることが自信になり、試験本番ではとても落ち着いて臨む事が出来ました。これから学習する方は、自分を信じる事と支えてくれる人達がいることを忘れずに 夢へと向かってあきらめずに合格を勝ち取って下さい。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Sさん(22歳・男性) 警視庁1類 合格
  • 職業:フリーター

公務員試験を受験した動機

 私は大学の頃から、どうせ働くなら何か人のためになる職業に就きたいと考えていました。以前、財布を落としてしまい警察官の方に相談したところ、財布一つに本当に親身に対応してくれたことがあり、私も私がしてもらったように些細なことでも住民の側に立ち親身になって接し、不安を取り払うことができるような警察官になりたいと強く思うようになったからです。

公務員試験の傾向と対策

 社会科学、数的処理、文章理解を中心に勉強しました。面接は、ライセンスアカデミーで対策しました。過去に質問された内容で練習して頂いたので、安心でした。

公務員試験の学習方法

 社会科学、数的処理、文章理解の3科目においては、幅広く学習しDVDで基礎をしっかりと固め、過去問などの問題を1問でも多く解くようにし、復習に時間をかけました。
 自然科学、人文科学に関しては、過去問で多く出題されている部分に絞りノートをつくりまとめた。

ライセンスアカデミーとの出会い

 インターネットを見て知りました。合格率が高いので、問い合わせをして相談しました。
 DVDでの学習なので自分のペースで学習できるという点が向いていると思いました。数多くの人が公安系の試験に合格しているという実績があり、ぜひ入学したいと思いました。

最後に

 公務員試験は、就職試験なので面接や論文もあり大変です。しかし、努力し継続していけば必ず合格できる試験です。民間に比べて、すごく努力が反映される試験ではないかと思います。だから、みなさんも自分を信じて最後まで頑張ってください。
 最後にライセンスアカデミーのスタッフの皆様、何度も相談に乗ってくれてありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • R・Nさん(23歳・男性) 郡山市役所 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 多くの人々の生活を支える仕事をする公務員に憧れており、その中でも住民により近い立ち位置で教育、福祉など様々な役割を果たす市役所の一員として地域に貢献し、より良い街にしたいと考えていたため。

公務員試験の傾向と対策

 一般教養は数的の割合が大きいのでひたすら問題を解き、時間をかけないようにした。
 専門は、法律系は判例や過去問のような問題を多く経験していればすぐわかる問題があるので、演習は解説もしっかりと読み選択肢をパッと見ただけで明らかに違うものを見つけられるようにした。

公務員試験の学習方法

 単に知識を暗記しようとしても頭に入ってこなかったので、すぐに問題演習をし、その知識がどう問われるのか、どう利用するのかを意識した。(特にマクロ)
 人前で話すときに緊張してしまうので面接が苦手だったが、何回も練習し、答え方や要点を話すことに意識して慣れるようにした。

ライセンスアカデミーとの出会い

 過去に兄が通っていたことを教えてもらい、資料をもらおうと訪れた。
 大学卒業後の3月末だったので、今年合格するのは大変だよと前置きされ、得意な科目などを聞かれ、より重要度の高い科目や小論文や面接についても説明をされた。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 大学生の時に生協の公務員講座を利用していたが不安だったので、苦手科目を強化でき、自習スペースとしても気軽に利用できるライセンスアカデミーを選び入学した。入学が大学を卒業して受験の3ヶ月前だったが特に苦手な経済系に力を入れた。資料をもらいに初めて行ったときに、親身に相談に乗っていただいたのでここで頑張ろうと思った。

最後に

 自分は学生時代、公務員講座を受講していたにもかかわらず、勉強をサボって一次で不合格でした。その後もダラダラと過ごしてしまい、本格的に勉強を再開したのはみとみライセンスアカデミーに入学してからでした。そのため常に不安で、こんなんで合格できるのか、普通の人は一年前から頑張っているのにと思っていました。そんな時にいつも声をかけてくれるアカデミーの人たちのおかげで頑張ってこれました。二次試験前、何度も面接練習をしてくださり、逃げたいと思ったときも励ましてくださったおかげでなんとか合格することができました。本当に感謝しています。これから受験する人も、些細なことでも相談にのってもらって頑張ってください。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • A・Nさん(26歳・女性) 郡山市役所 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 以前から、郡山市役所で働きたいと思っていたので、一般企業への就職は考えず、公務員を受験しようと思いました。
 また、行政職で公務員になれば、市民と接する仕事、総務や企画といった幅広い仕事に携わることができるという点で、自令の順応性といった性格を生かせると思ったので公務員を志望しました。

公務員試験の傾向と対策

 公務員試験は、専門、教養と幅広く、莫大な知識を身につけなければならない試験ですが、私は、主要科目を中心に学びました。捨て科目を作ることは勇気の要ることですが、その分、一つでも多く得点できる科目を落とさないように心がければフォローできると思います。

公務員試験の学習方法

 通い始めたが12月からの学習だったので、授業を聞くばかりで復習が追いつかない状況でしたので、早く学習を始めることが大切だと思います。
 〈専門試験〉主要科目である憲法、行政法、民法、経済原論は年内に問題集を一通り終えるようにしました。1日1テーマに絞って参考書を読む→問題を解く、という事を繰り返しました。2,3冊問題集を使い、何度も問題に触れることで確実に力がつきます。

ライセンスアカデミー、○○先生との出会い

 行政法の本庄先生の授業内容とテキストは、大変わかりやすく大いに活用できました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 ライセンスアカデミーに入学前に、独学で勉強をしていて2回受験していましたが全くわからず、学校に行ってノウハウを学ぼうと思いライセンスアカデミーに入学しました。当時、市役所で臨時職員として働いていて昼は勉強できなかったため、夜に通え、自分のペースで学習できる所を求めていたので、ライセンスアカデミーは、そのニーズに答えてくれる良いところでした。

最後に

 私は3月まで市役所でアルバイトをしていましたが、時間を有効に使うことも大切だと思います。夜や土日しか通えなくとも、限られた時間で集中すれば時間が少なくとも必ず力がつくと思います。
 学校に通い勉強することは集中できるという利点もありますが、共に頑張り合格を勝ち取る仲間を作れるという良い点もあります。自分より努力している人の姿を見ることで、諦めたくなった時にやる気を取り戻してくれます。そういう友人をここで見つけることができたということも、合格できた要因だったと思います。
 受験勉強は長くつらいものですが、コツコツ積み重ねていくことが重要です。時には、模試を受け実力を知ることも大事です。その時には、決して点数だけで一喜一憂するのはやめたほうがいいと思います。それよりもどこができなかったかを知り、もう一度そのテーマを学習し、もう一度その問題を解いてみれば次は間違いません。そういう学習法ができたおかげで合格できました。
 私は何回やってもなかなか覚えられなかったタイプでしたので、問題を解くときに選択肢一つ一つどこが間違いだからその選択肢を切ったのかメモしながら問題に取り組みました。答えと解説を照らし合わせることで、“なぜ違うのか”という説明ができる力をつけたことで、本番でも選択肢を自信を持ってできることができたので、何回やってもダメという人にはおすすめです。
 最後に、ライセンスアカデミーに通い、いろいろな人と出会い共に勉強することができてよかったです。また、何度落ちても優しく励ましてくださったスタッフの方々に感謝いたします。ありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Mさん(24歳・男性) 福島県職員 合格
  • 職業:無職

県職員の試験を受験した動機

 私は大学卒業後、県警として1年8カ月働きましたが、警察官としての特殊な勤務内容やその勤務体制が想像と異なり、自分の生活の価値観に合った仕事を求めるようになっていきました。大学時代に県職員行政事務を第一志望としていて不合格になった過去もあり、生活を改め、且つ行政事務への再挑戦をするために辞職を申し出て、受験しなおすことにしました。

公務員試験の傾向と対策

 福島県職員の採用予定人数は、東日本大震災以降増加しましたが、平成28年度から減少し、震災以前の採用予定人数に戻る傾向にあるとの説明を受けました。それでも発表される採用予定人数より約20人程度の追加合格が例年の傾向なので参考になると思います。
 一次試験の内容は地方上級レベルの勉強をしっかりしておけば、問題なく解答できますが、受験案内の中に出題科目も含まれていますので「捨て科目」をよく考えて選択するべきだと思います。私は半年間しか時間がなかったので、大胆に捨て科目を選択しました。
 二次試験では、集団討論と個別面接があります。どちらもきちんと準備して実践回数をこなした方が良いです。私は集団討論の実践練習をすることができなかったので不安でした。集団討論と個別面接の試験は同じなので、集団討論ではその後の個人面接で自分のアピールできる人間性が感じられるような振る舞いが必要になると思います。
 当日は集団討論と個人面接が休憩なく通して行われ、あっという間に時間が進むので、自己アピールを集団討論でも個人面接でも、しっかり対応できるように自己分析と実践が欠かせません。

公務員試験の学習方法

 一人一人タイプがあると思いますが、私は科目のテーマ毎に丸暗記することが苦手なので、テーマについてただ表面上の知識を覚えるのではなく、その背景や他のテーマとのつながりについて根本的な理解から進めていくことにしました。遠回しに思えるようで、実は本番での引出しを開けるスピードを早くする近道になっていることに気付きました。なので、ミクロ・マクロ・民法Ⅰ、Ⅱは色んな角度から勉強しました。角度を変えた説明が、止まってしまった理解を解してくれる事がたくさんありました。憲法、行政法、人文科学、社会科学、数的、判断推理は、問題を解き続けることが大事です。
 全ての科目において言えることですが、本番で解けなければ駄目です。「一生懸命頑張った。悔しかった」では駄目だと思います。必ず解答できる理解のためには、根本から知ることと、アウトプットのスピードアップを図るべきです。そのために、毎日「本番ではどんな状態で試験に臨みたいか?前日は?一週間前は?一か月前は?三か月前は?今日は?」と考えて、私は視力検査で「上、下、右、左」と答えるような解答スピードになるまで問題集をただひたすら繰り返しました。「悔しかった」では済まないからです。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 私は大学時代に福島校に通っていました。大学の公務員講座をスタートするタイミングが遅く、個別に勉強できる環境が欲しかったからです。
 ライセンスアカデミーの良いところは、個別ブースで勉強できるところと、職員の方とのコミュニケーションがあるところです。一人で悩みがちな試験勉強へのストレスも会話を通してケアしてくれます。明るい方ばかりで、モチベーションも高く保てます。
 また、私が考えるライセンスアカデミーの一番の良さは、個別面接の指導です。福島校の時に自信を持って試験本番を迎えられた経験から、再挑戦にはライセンスアカデミーさんの力をまた借りようと決めていました。

最後に

 一人一人それぞれの環境や勉強のタイプ等、違いがたくさんあるように、モチベーションの保ち方も人それぞれだと思います。私は昔から勉強は最初だけ良いスタートを切って、後半は落ちていくタイプで、途中から様々な誘惑に負けて本番で失敗してきた学生時代でした。良いスタートを切った後に、モチベーションを高く保つことができるかどうかが鍵になることは初めから分かっていました。
 なので、友達とあまり連絡をとらないようにし、時間は全て勉強に注ぐようにしていました。③でも書きましたが「一生懸命頑張った。悔しかった。また頑張ろう」では駄目なんだと言い聞かせました。何が何でも必ず今年決める。自分でやり直すんだ。誰のため?何のために?何をする?を毎日毎日毎日毎日考えていました。
 自分で自分をプロデユースする心を忘れない事で、折れずに走り抜けた気がします。
 ライセンスアカデミーでは、朝から夕方5時半くらいまで勉強していました。ライセンスアカデミーでの勉強の環境は素晴らしいと思います。ただ大切なのは「お客さん」にならないこと。勉強して、本番で合格するのも落ちるのも自分なので、自分が満足するまでガッツリ勉強する必要がありますし、
 それを“サポート”してくれるのがライセンスアカデミーです!ただDVD見て与えられた問題集をこなす作業だけやっていても時間の無駄です。しっかり理解する為にベストを尽くして下さい。私は、インターネットで調べたり、県庁で働く友達に聞いたりしました。
 私は、大学時代でもライセンスアカデミーで勉強しましたが、不真面目で、卒論もあって、サークルもあって、言い訳ばかりして、あまり勉強していませんでした。その結果、福島県庁に落ちました。当然でした。県警で働くようになって、ちゃんと勉強しておけばよかったと何度も後悔しました。勝利は掴みとるものなので、今回はそういった精神的な甘さを反省し、本番6/26を人生のベストで迎えられるように手を尽くしました。全ては勝つためです。
 私が警察を辞めてから半年で合格できた理由は、半年間ですが勉強しかしなかったからだと思います。やる時にやらないと勝ちたい時に勝てないからです。この全力投球は、人生でかけがえのない経験となりました。県庁に合格して本当に良かったです。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • T・Tさん(25歳・男性) 郡山市役所 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

・安定した職業に就きたいと考えたため
・自分の時間が持てる職業に就きたいと考えたため

公務員試験の傾向と対策

 基本的には、ライセンスアカデミーで渡された教材のみで対策しました。アドバイスを頂き 学習スケジュールを計画し、学習の進み具合や模試の結果などから、軌道修正しながら対策しました。

公務員試験の学習方法

苦手科目:数的処理、時間を計りながら渡された問題を解きました。

ライセンスアカデミーとの出会い

 親戚に教えて貰いました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

・ブースが仕切られており、集中して講義を受けられると思ったから

最後に

 公務員試験は、どの科目をどの程度やるのか、どの時期からスタートさせるかということだと思います。広い範囲の中でどの科目に力を入れるのかが非常に大切でした。
 また、長町場なので、自分の体調を崩さないためにも、適度も休息は必要だと思います。週1日休みを入れて友達と遊びました。
 やり方はそれぞれあると思いますが、最後はやっぱりやる気です。絶対に受かるという強い気持ちで頑張ってください。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • T・Tさん(25歳・男性) 郡山市役所 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 人を支える仕事がしたいと考え、年齢や世代を問わず多くの人にサービスを提供できる公務員に魅力を感じました。

公務員試験の傾向と対策

筆記試験:過去に出題された問題が出題されている問題が多くありますので、過去問を繰り返し解くことが大切です。
面 接 :一次試験合格発表後にライセンスアカデミーで対策してもらいました。

公務員試験の学習方法

得意科目:試験時間を意識して、飛ばす問題や解きやすい問題を見分けられるように勉強しました。
苦手科目:一通りの流れを頭に入れてから過去問に取り組みました。

ライセンスアカデミーとの出会い

 郡山市役所採用試験の一次試験会場で「チラシ」を貰ったのがきっかけです。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 体験授業を受けた時に、ブースが仕切られており、集中して講義を受けられると思い入学しました。

最後に

 公務員試験は、過去問を繰り返し解くことが大切だと思います。
 ちゃんと理解して記憶した科目は、しばらくやってなくても問題を解くことができました。しかし、数的処理や経済学は、やらないでおくと計算の感覚が鈍り、問題を解くのが遅くなってしまい、本試験までにその感覚を取り戻すことはできませんでした。
 計算が必要な科目は日ごろからコツコツやるといいと思います。教材をあれこれ手を出すことはお勧めいたしません。私は、渡されたライセンスアカデミーの教材のみを、繰り返し解き合格出来ました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • R・Hさん(25歳・女性) 郡山市役所 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 私は、大学で行政系の法律を学んでいたので、その知識を公務員になって活かそうと考え、地元である郡山市の職員になることによって、郡山市の様々な分野の仕事ができ、多くの人に貢献できると考え、受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 公務員試験は、教養・専門ともに科目が多く、効率的に学習していかなければならないので、出題数の多い科目を重点に勉強しました。専門は受験生の多くが、しっかり勉強していると思いますが、勉強する範囲の広い教養で試験の結果の差がつきやすいと思ったので、勉強をし始めた時期は専門と教養の数的処理に力を入れ、直前期には教養の人文科学の暗記をしっかりとやりました。

公務員試験の学習方法

 教養・専門ともに過去問を中心とした学習がとても必要だと感じました。過去問を解くことによって、自分の志望する受験先の問題のレベルが分かり自分の学力をどれだけ伸ばさなければならないかを知ることができるからです。法律系の科目は、テキストを一通り学習してから過去問を何度も解きました。また、判例でてきた際には、6法で確認しながら勉強しました。数的処理は、問題中心に学習しました。人文科学・自然科目は、とにかく空いた時間に暗記しました。

ライセンスアカデミーとの出会い

 兄が昨年県職員に合格した時に、2次面接でお世話になっていたからです。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 大学を卒業し、今度も公務員試験の勉強する為に、集中して学べる場所を必要としていた事や、独学では対策が難しい2次の面接対策をしてもらおうと思い、入学しました。

最後に

 私は、ライセンスアカデミーに入る前に、2年間独学で勉強しましたが、一流講師によるわかりやすい授業をDVDで学習することによって、各科目で学習の理解をしっかりと定着させる事が出来ました。また、面接対策で何回も発言内容をチエックして頂いたりして、改善点を指摘して頂き、大変役に立ちました。今回合格できたのは、ライセンスアカデミーの事務局の方々や家族などの周囲の協力があったからこそ実現したものだと思います。現在ライセンスアカデミーで勉強している受講生の方々も、自分の力を信じて努力し続けて合格を目標にしてがんばって下さい。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • T・Nさん(29歳・男性) 郡山市役所 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 過去5回の受験は、働きながら独学で記念受験という感じだったが、今回は年齢的に最後のチャンスであり、今までの集大成の思いを込めて当初の目標であった公務員になろうという夢を叶えたくて受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 一次試験については、数的処理・経済学の勉強は必須。特に、経済学はテーマ毎の基本を押さえるだけで点になる問題があるので、そこを落とさないように。
 二次試験は、以前より人物重視の傾向を強く感じ、面接では圧迫と感じる質問もあった。どんな質問にも熱意と誠意をもって答えられるような準備が必要。

公務員試験の学習方法

 苦手だった経済学は、経済学用のノートを二冊用意し講義毎の板書・ポイントを一冊目に、各テーマを自分なりに理解した説明を二冊目に残し、毎週必ず一回はそれらのノートを復習した。理解出来たテーマについてはフォーカスで理解の定着・理解度アップを図った。

ライセンスアカデミーとの出会い

 父親からその存在を聞いて、当時民間か公務員かで迷っていたが、話だけでも聞きにと思い説明を受けた。そこで、学習システム・サポートなどの説明をわかりやすくかつ丁寧に受け、ここならやっていけると思った。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 第一にDVD学習という受講システムが挙げられる。個別のブースでDVDを見ながら学習できる事で、自分のペース・時間でストレスなく学習でき、集中して学習を続けられた。
 第二にサポート体制の充実さが挙げられる。質問事項や模擬試験・二次対策に至るまで学生をサポートしていくシステムが、実際学習を続ける中で非常に力になった。

最後に

 私は、約六か月間、毎日七時間程度の学習を続けてきました。
 独学をしていた頃はあまり集中が続かず、学習もあちこちを中途半端にしかできなかったので、学校での学習も続けられるのかという不安がありました。
 しかし、実際に学習を始めてみると、ます講義のわかりやすさ・面白さに驚きました。特に、政治学・行政学・行政法は次の講義が待ち遠しいかった程です。なので、公務員試験の勉強と言う一見辛く地味な作業も、集中を切らさず楽しく続けることが出来ました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • S・Kさん(21歳・男性) 福島県職員 合格
  • 職業:大学生

公務員試験を受験した動機

 高校生のころから福島県職員になりたいと思っていて、大震災を経験したことでより一層その気持ちが強くなったため。

公務員試験の傾向と対策

 技術職の受験だったのだが、周りの受験生は教養試験を対策しないで来ることが多いので、そこで差をつけられるように努力した。(早めに対策を始めた。)

ライセンスアカデミーとの出会い

 福島県内で、公務員試験に対応している講座を探していたところ、合格実績があり、自分のペースで学習ができる環境が整っているライセンスアカデミーのホームページにいきあたったこと。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 大学でも公務員関係の講座を行っていたのだが、それに比べてライセンスアカデミーは、今までの合格実績があること、自分のペースで学習計画を立て進められること、そして何より、面接対策を。こうした自分にピッタリな条件がありましたので選びました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • T・Kさん(25歳・男性) 郡山市役所 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 環境問題に関心があり、郡山市役所の町づくりを通して、より良い都市と環境をつくりたくて受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 択一試験:ライセンスアカデミーの教材を繰り返し使いました。
 小論文 :例題にそって書きました。そうする事で全体の流れや、話の繋ぎ方を覚えました。
 面 接 :一次試験合格発表後にライセンスアカデミーで対策してもらいました。

公務員試験の学習方法

 得意科目 : 試験時間を意識して、飛ばす問題や解きやすい問題を見分けられるように勉強しました。
 苦手科目 : 頻出問題に絞って、とにかく分かりやすそうなところから手を付けていきました。

ライセンスアカデミーとの出会い

 インターネットで知りました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 インターネットで公務員試験関係のところを探し、実際に何箇所か見て回り決めましたがライセンスアカデミーが一番親身になってくれたので決めました。

最後に

細かい科目別学習方法
 数的処理 : 解く際には、制限時間内にどれだけ高得点に出来るかを意識した。
 文章理解 : 教材の過去問フォーカスで、試験の形式に慣れる。
 人文科学 : ほぼプリントのみで学習。
 自然科学 : 板書ノート中心に学習。
 憲   法 : フォーカス中心に学習。出来なかった箇所を別紙に列記。後日それを繰り返し解く。
また解説には全て目を通し、自分で重要だと思ったフレーズには、積極的に
アンダーラインを引いた。
 行政法・民法: 憲法に同じ。
 経済原論 : フォーカス中心に学習。出来なかった箇所は別紙に列記、後日それを繰り返し解く。
 政治学・行政学: プリント中心に学習。
 労働法: テキストのみで学習、付属の過去問はプリントで指定された番号を重点的に解く。

試験当日
 憲法のフォーカスの各項目に目を通す。この直前対策で専門科目と教養科目でも何問か拾えました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • M・Eさん(22歳・男性) 東京消防庁 合格
  • 職業:学生

公務員試験を受験した動機

 東日本大震災を経験したあの日から消防士になりたいという夢を抱いた。当時の不安に駆られた気持ちに寄り添い避難の補助に全力を注いでくれた消防士に感謝した。あの時、助かり今生きていることも不思議なくらいだ。そこで、私はもし次にあのような大震災を始め自然災害が発生した時は、自分がその方達の側に寄り添い、励まし、助けたいといった気持ちが芽生えた。2011年3月に思い、現在に至るまで夢は変わらずこの職業に就きたいと思ったことからである。

公務員試験の傾向と対策

 試験問題は教養科目の45問。7~8割は取るくらいの気持ちでやりました。目標は高くですね。その中で捨て科目を作るというのも選択肢の一つです。私の場合数的処理・文章理解は満点をとってやる。化学・生物・物理で6問取る。数的処理とは別に数学で3問取る。このようなイメージで26問くらいになります。他15問程度をどれだけポイントのついた学習が出来るかになります。あとは直前期に復習することをお勧めします。

 面接…緊張しないというのは無理のこと。自分が伝えたいと思うことをしっかりと面接官に訴えかけること。私は、受け答えの練習を反復したつもりであったが緊張で頭が真っ白に。ただ、本気で私はこの仕事をしたいというのは緊張していても勝手に言葉になるもの。面接の前今一度自分自身に問いかけるのもいいかもしれません。面接においても時事は大切になるので新聞を見る習慣付けをしましょう。

公務員試験の学習方法

 苦手科目ほどやる気が湧かないと思います。でも、当たり前ですがやらないと一向にできるようになりません。そこで少しでも手を付けるようにしましょう。苦手科目であっても一から十まで出来ないということはないと思います。苦手の中でここの分野は興味があるとかここの分野は少し出来そうという人はそこを重点的にやればよいと思います。本当に苦手で出題数も少ないのであれば、捨て科目にしてもよいと思います。得意科目は、意識をしなくともやろうとするので勝手に楽しく学習できました。学習していて、集中ができない時・やる気が出ない時は、得意科目や問題集で学習しました。メリハリも大事なので時間を決めてやると効果的だと思います。1日の学習時間などを決めて効率よく行っていけるといいと思います。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 アカデミーのスタッフの方々には大変お世話になりました。学習法がわからない時・テスト直前期の心構え・点数が伸びなく焦っている時・元気がない時など色んな場面で声をかけていただき、またアドバイスを頂いたりと学習していくうえでとても力となって頂きました。
 わからないことや不安なことはどんどん聞いていくことをお勧めします。一人で悩んでいても解決に時間がかかります。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 公務員試験を始め国家資格・各検定においてもたくさんの合格者を輩出している実績。それに加えて、高校時代の先輩や同級生・友達を通って、結果を出してきていたため。それに加えて自分では数多い試験科目に対応しきれないと思ったこと。いざやろうとしてもどの科目をやり、出題されやすいとこはどこなのかもわりませんでした。アカデミー入校前後は合格に向けたスタッフの方々の説明も親切、専用のブース、DVD学習のメリットなどの話しを聞き、自分の目標達成のために一歩でも近づける環境があると思い入校。両親の援助もあり、早い段階から対策を立てることができたのが合格できたことの一つ。

最後に

 参考までにですが、まったく遊ばないで集中して勉強に取り組める人もいますが私の場合そのようなタイプではないのに無理して机に向かい詰め込めている時期がありました。しかし、全然勉強が進まずの日々が続いたことがありました。そこで、高校の先輩で成功した人に話を聞いた時「俺は日にちを決めて遊んだ」というのを聞きました。それでも合格しています。私はそれまで、試験が近づくにつれて出来るだけ机に向かい勉強しようとしていました。時間を決めるわけでもなく、勉強する範囲を決めるわけでもなくただ只管やっていました。しかし、それから先輩の話を参考に勉強法を変えました。1週間のうち1日まったく勉強しない日を作り1日リフレッシュする時間にあてました。残りの6日間の予定を決め目標も設定しました。結果、勉強の効率が上がり、集中する時間が延びたように感じました。
 長くなりましたが、言いたいことはメリハリって凄い大事っていうことです。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • H・Kさん(23歳・男性) 双葉町役場 合格
  • 職業:フリーター

公務員試験を受験した動機

 私は以前から公務員の仕事について興味がありました。公務員の親戚を通して人々のために大いに働けることを聞き、私も人のために役立てる公務員になろうと思いました。そして、私は原発被害に苦しむ福島県のために力を使いたいと思うようになり、友人が双葉出身であったため、双葉の人々の苦しみを共に背負い、生活のサポートを行ないたいと強く思ったため、受験を決意しました。

公務員試験の傾向と対策

 面接の傾向としては、主にどのような人物かを見極めるものです。中でも、志望動機はもちろん聞かれますが、日常生活や学生生活、職員として働く上でどのように貢献できるのか等、細かく質問を掘り下げて聞かれる場合があります。また、面接時にどのようにして臨んでいるかなど、第一印象にかかわる態度の面でも評価されているので、面接が終わるまでは、ずっと気を抜かずにいることが大切です。
 面接練習としてライセンスアカデミーで基本的な面接のマナーや記録を元にどのような質問がされるか等様々なアドバイスをいただき、何回も練習させていただいたので、とても自信がつき、本番では焦らずできました。

公務員試験の学習方法

 私は、教養科目の数的処理が苦手でした。なので、まず数的処理の中でも比較的苦手意識の少なかった判断推理から始めました。条件に従って答えを出すので、そこまで苦になりませんでした。判断推理を理解できるようになったら、次は私がとても苦手な数的推理を理解できるよう努力しました。苦手を克服しようと思ったきっかけは、講師の先生が分かりやすく簡単にできてしまうことを講義を通してわかったからです。私は、とにかく基本的な問題を十分にやり、解き方をきちんと頭に入れ、正確に解けるようにしました。基本ができてくると今まで諦めていた応用もできるんじゃないかと思えるようになりました。また、時間内に解くことができないのも悩みの種でしたが、以前よりも大幅に早く解くことができていました。
 得意科目は人文科学です。歴史等を暗記するのが得意でしたので、歴史の流れをきちんと理解し、覚えることで、その覚えたことがそのまま点数につながるのが楽しく思えました。得意科目でも忘れることがあるので、忘れないよう毎日少しでも繰り返し勉強しました。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 数的処理を教えていただいた森信廣講師との出会いが、私にとって印象的でした。森講師は、様々な角度から問題をとらえて解答を導き出し、とても分かりやすく時間を短縮できるような方法を教えていただきました。なので、苦手意識のあった私でもすぐに頭に入っていき、理解でき、苦手なのだという気持ちも忘れて勉強に集中することができました。本試験でも森講師の解法を思い出しながら解け、自信を持つことができました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 パンフレットや職場の方のお話を伺ったところ、毎年県内外の公務員試験合格者を多数輩出していることを聞きました。また、プロの講義を聞くことができ、学校や仕事でなかなか日中時間が取れない人でも生活スタイルに合わせて講義を聞くことがとても魅力があり、アルバイトをしながらの私にとって、とても合っていると感じました。また、静かな空間で他の人を気にせず自分のペースで勉強できるのも良い点だと思いました。また、面接のサポートを始め受験生のために様々なサポートをしていただけるという良さもあり、ここに通いたいと強く思い入学しました。

最後に

 ライセンスアカデミーに入学するまでは、独学で勉強していましたが、要領が悪く、勉強してもなかなか実にならず、どのくらい勉強し、どのくらいの点数を取ればよいか分かりませんでした。なので、本番の試験でもなあなあな感じになっていました。ライセンスアカデミーに入学し、様々な情報を得ることができ、まわりの人がとても勉強しているのを見て、今までの私はとても甘かったのだと気がつくことができたのです。
 直前期の前の学習では、毎日8時間くらい勉強していましたが、直前は12時間以上勉強しました。私は前年に落ちたので、今年こそは合格したいと強い思いがあり、苦しくても今年が最後だと思い、寝る間も惜しんで勉強しました。直前期は、過去問を1日に3科目3冊以上はやろうと思い、やってきました。それを本番まで何回もくり返しやり、基本から応用の問題の解き方を頭だけでなく体にも覚えさせるような気持ちで行いました。
 受験を終えて感じたこととして、勉強から解放された気持ちは大いにあります。ですが、ここで私の人生が終わった訳ではなく、ようやくスタートラインに立っただけですので、気を抜くことはないです。職員として、これから公務員試験とは比べものにならないことが沢山あると思いますので、しっかりと仕事が行えるよう勉強し努力しようと改めて思いました。
 仕事と勉強の両立ですが、私はフリーターとして週に3、4日アルバイトをしていました。やはり、時間の使い方に気を使いました。私はよくなまけてしまうので、1日のスケジュールを作り、何時になったら何時間勉強、できなかったらバツとして自転車で40分かけてバイト先に行くようにしました。また、バイト先でも勉強で覚えたことをきちんとできるか頭の中で自問自答して勉強するようにしていました。最後に、ライセンスアカデミーの講師の方々、職員の方々の支えがあったからこそ合格できたと思っています。ありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Sさん(24歳・男性) いわき市役所 合格
  • 職業:アルバイト

公務員試験の傾向と対策

 教養試験は、数的処理が苦手でも得点しやすい構成になっていると思う。
 専門試験は、かなり難しい。民法や刑法行政法が多く出題され、選択肢も似たようなものが並ぶので誤った答えを切るのが非常に難しくなっている。法学中心でしっかりと判例を覚えるのが適切と思われる。あやふやな知識を10入れるよりも確実な知識を1入れるほうが大切。

公務員試験の学習方法

 得意科目:知らない知識・間違っていた知識が出てきたら板書をとる。私は地歴が得意だったので、知っている分野の講義では雑誌を読む感覚で教科書を読み進めていた。予習も兼ねられて良い。
 苦手科目:ひたすら問題集の「合格するなら絶対get!」問題をやり込む。何週かしたら「できれば正解したい」も含めてやる。この際、5分くらい考えても解法や答えが出てこないならさっさと解答を見て覚える。何度かやっているうちに地力がついて、問題集に出てこない問題でも応用が効くようになる。更に本番などで選択肢が切れなくて、勘で選んだとしても無意識的に正解を選んでいる程になっている。身体は覚えている。試験直前は問題を絞って1日1周はしたと思う。本番では2割くらいの感触であったが7割以上得点できたのはこのお陰だ。

ライセンスアカデミーとの出会い

 去年、C日程の受験を失敗した後に親の紹介でライセンスアカデミーを知った。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 最初は独学でも行けると思っていたが、やはり本格的に公務員を目指すなら勉強の質は勿論、受験の情報も持っている予備校に通うことがベストだろうと考えるようになり入学した。

最後に

 私は、去年の9月にC日程の市役所を受けました。受かるだろうと思っていましたが一次不合格となりました。本当に悔しかったですが、民間に内定も決まっていたのでそちらで何年か勤めながら公務員を目指す気でいました。
 ライセンスアカデミーの存在を知ったのは落ちたすぐ後です。実家に帰った際、親が説明だけでも聞くようにと薦めてきました。前述の事情があり、当時は全く乗り気ではありませんでした。民間の内定を蹴って公務員浪人(無職)になるということは、即ち新卒カードを捨てることを意味します。就活生ならどれだけ恐ろしいことか理解できると思います。私と同じ理由で入学を躊躇している人もいるかと思います。しかし、この度いわき市役所に最終合格を果たすことができました。これはまぐれや運などではなく、実力で勝ち取ったものだと思っています。そして、その実力が確実に備わるカリキュラムがライセンスアカデミーにはあります。
 勿論、かなりの量の努力は必要です。しかし、それだけの努力をすれば確実に一次試験合格できるだけではなく、筆記試験に関してはトップ合格も可能となります。
 その後、4月に入り特別区を目指すことを決めました。私は元々首都圏での就職を希望していましたので、これからの三ヶ月は必死に勉強しました。毎日1-4限まで講義を聞いた後は家に帰って1時まで教科書の問題で復習を繰り返し、3月までに聞いて忘れかけていた講義を再び学習しました。5月の半ばになると、試験も近いので問題集に本格的に手をつけ始めました。とりあえず試験までに問題集を3周することを目標に問題を解き、残っている講義を聞き終えることを目指しました。特別区が終わった後も、いわき市役所があるので教養試験と専門試験の勉強は欠かさず行っていました。相応の時間やったと思います。この頃になると、苦手科目でも「できれば正解したい」レベルの問題に挑戦していました。得意科目では、問題を見ただけで答えが浮かぶものは飛ばして特に苦戦した問題のみを解いていました。
 いわき市役所を受けた感想ですが、やり込んでいたお陰か8割は行ったかな、という感じでした。時事問題など何問か疑問は残りましたが、良い出来だったと感じました。専門試験は上でも書いた通り、感覚では壊滅的でした。選択肢も絞り込めず非常に難易度は高いです。正直2割程しか取れている実感がありませんでした。結果的には合格していたのですが。
 筆記試験以外について書くと、2次試験の小論文はいい加減な性格の私にとって辛いものでした。「書く内容間違えた..」と何度も思いました。面接は何週間も前からスパルタに対策して頂けるので、大丈夫だと思います。合格後の点数を開示したところ1位でした。正直信じられませんでした。ライセンスアカデミーの「非常識合格法」を感じることが出来ました。勉強していると、「本当にこんな範囲だけでいいの?」と、思うくらい狭い範囲で吃驚すると思います。しかし、実際に試験を受けてみると、本当に勉強した箇所以外出ないのです。本当に素晴らしいと思いました。
 最後に、科目についてです。得意科目は伸ばした方がいいのは当然ですが、本当に自信があるのであればやらずに他の勉強に回すのも手です。私は英語が得意であったため、全くやらずに他の分野に回しました。苦手科目については、本当に苦手であれば切るのもありだと思います。しかし、そこまで苦手としていないならばせめて問題集を開いて、解いてみて、答えとにらめっこを何回もしてみてください。確実に地力はついてきます。  長々と書いてきましたが、この体験記がこれからの皆さんの役に少しでも立てるように願っています。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • M・Nさん(28歳・男性) 桑折町職員 合格
  • 職業:無職

桑折町職員の試験を受験した動機

 東日本大震災で復興ボランティアなどに携わる機会があり、現職よりももっと多くの人々に奉仕できる仕事につきたいと考えるようになりました。その後母が他界し、家庭の事情により退職し、福島市の実家に戻り、腰を据えて勉強に専念しました。

公務員試験の傾向と対策

 私は地方上級公務員を目標にしました。勉強範囲は広範囲でしたが、提供されたテキストで一通り勉強をしました。とにかく一次試験を通らなければ話にならないので、試験対策を優先して勉強しました。

公務員試験の学習方法

 私は理系科目が好きだったので、公務員試験の大半の科目に苦手意識がありました。得意科目は自分の勉強のモチベーションを上げるためにも勉強していました。数的処理は楽しく勉強できたので、苦手な分野の科目の気分転換にしていました。苦手科目や専門科目はフォーカス1周目ではあまり正解できず、焦る事もありましたが、3周目ぐらいから正解できるようになってきました。ただ「以前正解できていたのに今回は間違えた」のように知識の定着が不十分で正解が安定しないものもありました。何回も繰り返し、5択問題も、どの選択肢は自信をもって切れたか、選べたかをマークしておき、頭に入っていない解説にもマークつけました。主要科目に関してはフォーカスを7周ぐらいこなしました。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 ライセンスアカデミーのことは新聞の広告で知りました。説明会に参加し、講師の方の分かりやすい説明と試験に対しての熱意に感化され入学しました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 求職している時、公務員にとても魅力を感じていました。『軽く参考書で勉強して手ごたえがあったら目指してみよう』と当時はそのくらいに思っていました。しかし、ライセンスアカデミーの説明会で自分の甘さを痛感しました。私では独学は無理だと悟り、入学を決めました。勉強、対策、情報など、福島校の職員の方々の熱意と手厚いサポートにとても助けられ、励まされました。一次試験でことごとく落ちていたとき、ようやく一次試験が通ったとき、最終試験で落ちてしまったとき、もう一年の勉強を決め今回内定が決まったとき、福島校で共に一喜一憂し、目標に向かってがんばれたからこその内定だと思っています。

最後に

 ライセンスアカデミーの講師の方の講義DVDがとても分かりやすく、面白かったです。社会科系の科目は苦手でしたが、興味を引き立てるような内容で、お話しを聞くように楽しめました。また「公務員試験の学習方法」でも書きましたが、私は要領が悪いため、フォーカスを何回も解きました。身につかず焦ることもありましたがしっかり頭に入っていること、ないこと、を明確にし、確実に潰していくことが大切だと思いました。少しずつでも実力はついてくるので実感するまで諦めずに頑張って下さい。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • H・Mさん(21歳・女性) 福島市役所 合格
  • 職業:学生

福島市役所試験を受験した動機

 東日本大震災を体験し、地元である福島市の復興や発展のために力を尽くしたいという思いから受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 教養試験と専門試験があったので、まずは専門試験の対策から始めました。憲法や行政法など点の取りやすい科目や配点が高い経済源論を得意科目にするため、とにかく問題を解きました。範囲が広いわりに得点の割合が低い国際関係などあまり時間をかけずに1回テキストを読む程度にし、時間を効率的に使いました。教養試験は範囲がとても広いので、じっくりやると時間が足りないと思い、広く浅く勉強しました。面接は、自分の不安がなくなるまで練習しました。口に出して練習することが大事だと思います。

公務員試験の学習方法

 法律系の科目は解いて間違った問題の解説を読み込むということを繰り返しました。テキストを約3周すると記憶にも定着してスラスラ解けるようになりました。経済は最初の方はとても苦手でしたが解き方を覚えたり、テキストを読むことで理解が出来るようになりました。過去問フォーカスとテキストの解説がとても分かりやすいので、最初は答えを見ながら解いていきました。理解するまで時間は少しかかりますが、配点が高い科目であるため根気強く勉強することが大事だと思いました。数的処理は、得点できそうな判断推理を中心に学習していきました。毎日1時間欠かさずに勉強し忘れないように努めました。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 ライセンスアカデミー福島校のみなさんには、本当にお世話になりました。合格できるか不安な日々でしたが、優しく声をかけてもらったり、励ましてもらえたおかげで、毎日勉強に力を尽くすことが出来ました。福島校のみなさんの励ましがなかったら、朝昼夜と1日中勉強することは無理だったと思います。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 大学に公務員講座もありましたが、時間割が細く設定されており、自分の性格からして合わないなと思いました。また、アルバイトを続けたいという思いもあり、大学の講座を取る事をやめました。自分で自由に学習リズムが作ることのできるライセンスアカデミーで勉強した方が、成果が出ると思い入学を決めました。

最後に

 公務員試験の勉強は、合格出来るのか不安の中で行うためとてもつらい部分がありました。しかし、ライセンスアカデミーに行って勉強すると、自分以外にも必死に勉強している方たちの姿が見えて、自分も頑張らないといけない、と毎日励みになっていました。私は、勉強が嫌いでさぼりがちな性格なので、最初の方は試験勉強が苦痛でしたが、毎日勉強をする習慣をライセンスアカデミーで身に付けたことで、最後の方は勉強しないと気持ちがすっきりしないという状態になりました。少しの時間でも良いので毎日勉強を継続させることが大事だと思います。勉強すると決めたら携帯電話の電源を切ってとにかく集中して行いました。しかし、息抜きも大切なので、友人と遊んだり趣味に時間を使ったりして気分転換もしていました。教養試験、専門試験は自分の頑張り次第で点を取る事が出来ると思います。面接は、ライセンスアカデミーで練習をすれば大丈夫です。私自身何回も練習させていただき、本番ではその成果を出すことが出来ました。集団討論も本番のように練習でき、周りの方たちの良い意見などを聞くことが出来てとてもためになりました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • F・Yさん(25歳・男性) 福島県職員(化学)合格
  • 職業:無職

福島県職員(化学)の試験を受験した動機

 就職に失敗し、就職浪人したことと、元々留年していたせいもあり、選択肢がすくなかったため。

公務員試験の傾向と対策

 教養は政治社会と数的処理が肝。国語や英語、数的処理に全体の70%位の時間を使いたいので、政治社会はきちんと覚えてスムーズに解きたい。国語英語は落ち着いてよく読むこと。単語力は無くとも内容はわかるのでじっくりできれば点数源に。数的処理は何回もやることで、解くスピードを上げてかつ正確性を高めた。

公務員試験の学習方法

 ずっと苦手(嫌い)な科目ばかりでは嫌いになるので交互にこなしていった。白いノートに一から書いていった。それがあったからこそ4月からの3か月で合格レベルまで持って行けたのだと思う。テキストを見ながらまとめノートを作った。「見やすいノートを作れば、試験当日もさらっと見直せて便利だと思う。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 皆様全員のおかげで合格できたので、先生とピックアップするのは難しいです。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 入学前に2つの予備校と連絡を取った際、別の予備校は3か月では無理だと言ったがライセンスアカデミーは必死にやれば合格できるといった。それを信じて入学に至った。

最後に

 私は1次試験の順位が合格人数より下だった。つまり、2次試験で挽回できたため合格できた。1次試験に合格した人は最後になるまで結果が分からないので、仮に1次試験で手ごたえがあったにしても最後まで気を抜かないでほしい。また、年度や行種によっても違うかもしれないが、おそらく1次試験のボーダーは5割、最終的なボーダーは6割だと思う。勉強も面接の練習も大変だが、100点を取る必要は決してない。気楽にでも慎重に準備をして、是非合格してほしい。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Kさん(23歳・男性) 福島市役所(行政職)合格
  • 職業:学生

公務員試験を受験した動機

 福島で暮らす子供の成長に貢献したいと考え、当初は教員を志望していました。しかし学校現場に触れることで企業の子育て環境の充実や保護者へのサポートといった子供に関わる行政の取り組みの重要性を感じ、福島市職員を志望しました。

公務員試験の傾向と対策

 特別区や国家一般職等の併願は考えていなかったので経営学、社会学は必要ないという地識程度のみで1次試験に対する特別な対策は構じませんでした。2次試験に関しては市の取り組みや政策をホームページから収集し、市職員の方々に質問することで現場での課題も把握するように努めました。特に2014年の福島市は新市長となったため市長のプロフィールや市長方針を調べ、それと実際の施策がどのように関連しているか考察しました。これらは小論文のネタにもなるので余裕があれば自治体研究は1次試験の前の(5月頃まで)に行っておくとより有意義になると思います。

公務員試験の学習方法

 得意科目は数学、英語、現代文、苦手科目は物理、暗記系全般でした。特に私は理工系の学部だったので、法律系と経済学の知識が全くない状態からのスタートでした。得意科目に時間を割くのは非効率的だと思ったので、数的処理は全体を1周、誤答と応用をプラス1周、文章理解はテキストを1周進めました。法律系、政治、行政学は3周進めましたが、民法だけは思うように定着しなかったので3月以降は1日1単元ずつ転がし民法から距離を置かないように努力しました。計算は好きだったので、経済学は自信が持てるようになるまで学ぼうと決め、勉強を進めていました。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 特に、面接指導を通して的確なアドバイスを与えて下さった福島校の職員の方々に大変感謝しています。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 友人の紹介でライセンスアカデミーに興味を持ちました。駅前という立地と体験授業を通して恵まれた学習環境が整っていると感じたため入学を決めました。

最後に

・1次試験→ 早期から積極的に取り組む方が良いと思います。1.5倍速で視聴し余った時間で問題を解いて満足してしまった結果、1か月後には何も覚えていなかった状況が多々ありました。DVDには90分の中に要点が分かりやすくまとまっているので、視聴しただけで分かったような錯覚になりがちですが、それは勘違いです。DVDをきっかけとして、1度は自分自身でテキストを読まないと自分の力にはなりません。能動的な学習スタイルを確立することが効率的な学習につながると思います。

・2次試験→ 年明けから計画的に進めることを強く推奨します。講義で組み立て方、本屋でネタ探し、自治体研究で具体案探し、この3つがあれば最低限の文章は作れるようになります。(最後にまともな文章を書いたのが中学校の読書感想文だった私でもなんとかなりました)面接ネタは自分自身とじっくりと向き合うことでしか生まれません。安易にネットで探そうとするとドツボにはまります。面接ネタに限らず、ネットの情報に頼ろうとするとどんどん不安になってきます。心細く感じることも多々あると思いますが、LAの職員の方々、そして自分自身を信じて粘り強く取り組むことが大切だと感じました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Sさん(24歳・男性) 福島県職員合格
  • 職業:学生

公務員試験を受験した動機

 東日本大震災以降、私の親戚の家族の別居や、自営業を営む方の移転等の問題を見てきました。そのような方々が現在福島県に多勢いると感じ、私は様々な分野で復興に携わりたいと思い福島県職員を志望しました。

公務員試験の傾向と対策

 教養試験は数的処理に配分点が大きいです。専門試験で半分以上点数を取っていても合格点に届かないとも思われます。数的処理は常に意識して勉強すると良いと思います。専門試験は科目が多く範囲も広いです。学習する上で予習は必要ありませんが、毎日の復習を心掛けて下さい。論文の勉強は上記2つの勉強時間より少なくて大丈夫です。新聞を読んでメモすることやテレビを見ることもよいと思います。集団討論がある方はそちらの対策もできるので効率が良いと思います。

公務員試験の学習方法

 はっきりした得意、不得意科目はありませんでした。比較的簡単で頻出の問題は解く回数を減らしても大丈夫です。解いた問題に日付けをつけて正解したか誤ったかを○×でメモしておくと、後で解き直す時にどこを重点的に復習すればよいのかの目安になります。また模試を受けた時にもう一度解き直すことを心掛けて下さい。間違ったところはテキストやフォーカスで見直し、次回は間違えないよう勉強してください。数的処理は柔軟性が問われる試験ですが、大切なことは基礎をしっかり覚えることだと思います。集団討論がある方はそちらの対策もできるので効率が良いと思います。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 私は勉強をする中で、島本先生、上村先生、林先生、薬師丸先生に質問することが多く、どの先生も丁寧に教えてくださり、わかりやすい説明でとてもためになりました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 大学生のときに公務員を目指そうと思い独学で勉強しました。しかし1次で落ちてしまい残念な結果となってしまいました。私はしっかりとした学校で勉強しようと思い、みとみ学園ライセンスアカデミーに入学を決めました。

最後に

 経済学、マクロ、ミクロを担当している島本先生の解説はわかりやすく初心者の方も安心して勉強できると思います。経済学のテキストもとてもわかりやすく、復習するときに、とても有効です。経済学を勉強する上で不安な人も、問題を繰り返し解くことで本番まで充分な知識を持つことができると思います。民法は内容が多く、まともに勉強したら本番まで間に合わないと思います。しかしライセンスアカデミーのテキストは効率よく勉強することができ、対策できます。薬師丸先生解説はとてもわかりやすく、丁寧なため、私は楽しく民法を勉強することが出来ました。上村先生が解説している憲法はわかりやすく、過去問フォーカスを繰り返し解くことで本番の試験で憲法はわかりやすく、本番の試験で憲法全問正解も不可能ではないと思います。上村先生は受講生の事を気遣い応援のエールをくれる優しい先生です。林先生の数的処理の解説はわかりやすく、効率的な解き方を学習することができました。福島校のスタッフの方々も皆さんとても優しく応援してくださいました。悩んでいるときはスタッフの人と話すことも大事だと思います。試験勉強は自分との戦いなので精神的にくることも多いと思います。そんな時に相談する相手がいると心強いと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Sさん(23歳・男性) 合格
  • 職業:大学生

公務員試験を受験した動機

 私の身近な人に公務員がおり、その姿をみて人々の為に働く仕事に興味を持つようになりました。また、東日本大震災により被害を受けた地元に貢献したいという思いが強くなりました。大学では地域社会の再生や振興といったものを学んでおり、職務のなかでフィールドワークなどの経験を活かしていけるのではないかと考えました。そうしたことから公務員試験を受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 専門科目と教養科目のどちらの試験も出題範囲は広いので、色々なことを勉強しなければなりません。得意科目は確実に点を稼げるようにして、苦手科目については他の受験者が正解するような基本的な問題を最低限できるようにしておきました。同じ点で何人も並ぶので、差がつかないようにすることが大事だと思いました。
 論文などはいくつかの自治体を受けましたが、いきなり書くことはなかなか難しいので、一度書いてみるといいかと思います。
 面接については、面接対策をライセンスアカデミーのスタッフの方々が指導してくれます。面接で注意することや自分ではわからないことを指摘してもらえるので、面接本番は落ち着いて受けることができると思います。また、なかなか練習する機会がない集団討論をすることができるので、本番の雰囲気をつかむことができると思います。面接も集団討論も経験しているのといないのでは全然違ってくると思うので、対策をできることは大きいと思います。

公務員試験の学習方法

 私は入学時期が遅く試験日まで時間がなかったので、はじめは出題範囲の講義をひたすら受けて、その日のうちに問題を解いて復習しました。そして休日にその週に学習した範囲をもう一度確認するということを行ってきました。
 得意科目は確実に点が取れるように過去問題を繰り返し解いて、解けない問題をなくしていきました。私は大学で法律系の講義を受けていたので、一度確認した後はひたすら問題を解いていました。苦手科目は重要な点や基本的な問題に絞って学習しました。他の人と差が出ないようにすることに重きを置いて、応用問題はできなくても基本的な問題を取りこぼさないように心がけました。基本をつかむと応用問題も解けるようになってくるので、見切りをつけることも時間の制約があるなかでは大事ですが、簡単に見切るのではなくできるところまで学習してみることも大事だと思います。
 専門科目は初めて学習する分野もあるかと思います。私はミクロ、マクロ経済が苦手な分野でした。ミクロ、マクロ経済は専門科目でも比重が大きいので、上記のように基本まではできるように学習してきました。法律系はパターンがあるので問題をこなすことで似たような問題に対応していけると思います。
 教養科目は数的処理がどれだけできるかが大きいと思います。私は数的処理が苦手でしたが、重要な分野なので教養科目は数的処理を中心に勉強してきました。問題をこなせばパターンが見えてくるので、そこからはどれだけ早く解けるかが大事になってきます。早く解くことと、他の分野を早く解いて数的処理にどれだけ時間をあてられるかを普段の学習から意識して行うようにしてきました。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 ライセンスアカデミーは公務員試験対策をしているところを探しているときにインターネットで知りました。実績もあり、家から通うこともできたので連絡をしました。
 講義のどの先生も要点をおさえたわかりやすい講義で、必死に聞いてはいましたが、楽しく受けることができました。学習を続けられたのもわかり易い講義があったからだと思います。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 前年度に独学で受けた公務員試験が不合格で、今年も独学のままでは厳しいと思うなかでライセンスアカデミーに連絡をしました。私の話を親身になって聞いてくれた事が自分の中では大きかったです。相談していく中でこれからどうしていくのか、自分の考えはどうなのかを明確にしていくことができました。DVDでの講義は大学入試の時に経験していたので、慣れていましたし自分にあっていると思いました。また、筆記試験の講義だけではなく面接の対策もして頂けるということも大きかったです。学習する環境も整っていたので、集中して学習に取り組めると思いました。試験日まで短い期間でしたがそれに合わせて対応して頂けたので、ここで必死に頑張っていこうと思い入学しました。

最後に

 独学では思うように勉強が進まず、このままでは今年も厳しいと思う中でライセンスアカデミーに入学しました。独学では難しかったところも講師の先生の説明を聞くと理解でき、とてもわかり易い講義でした。基本ではありますが、講義を大切にして講師の先生の言うことを実践すればまず間違いないと思います。また面接や集団討論の対策では、他の受験生と一緒に行う中で、この人達と一緒に合格して働きたいという思いが強くなりモチベーションが上がりました。
 私はいくつも試験を受けて大体の試験で一次合格まではいくけど、二次試験で不合格ということが続きました。今反省してみると、やはり準備期間が短かったことが原因だと思いました。短い期間でいくつも受けたので、一次試験は受かる点数でも合格には足りなかったという事だと思います。時間があればより向上させて、余裕を持つことができたと思うので、何事も迅速に行動することが大事ということを痛感しました。
 反省点は多々ありますが最終的には合格することができました。どうしても公務員として働きたかったので、合格はとても嬉しいものでした。勉強期間は短かったですが、あきらめないで一生懸命やってきて合格という結果をもらうことができました。これから受験する人も諦めないで頑張ってほしいと思います。
 最後に、ライセンスアカデミーのスタッフの方々には、合格するまでサポートして頂きありがとうございました。自分一人では大変厳しいものだったと思うので、本当に感謝しています。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • U・Tさん(21歳・男性) いわき市職員消防職合格
  • 職業:大学生

公務員試験を受験した動機

 私がいわき市職員消防職を受験した理由は主に2つあります。1つ目は、消防士が小さいころからの夢だったからです。その小さいころからの夢がずっと忘れられず、この仕事をしたいと思っていました。2つ目は、生まれ育ったいわき市で働こうと思っていたからです。住み慣れたいわき市で消防士として働くことが目標でした。また、家族と遠くない場所で生活することで、離れた後でも助け合っていけるのができると思っていました。

公務員試験の傾向と対策

 公務員の中でも私は、地方上級の消防職を受験しました。一次試験は筆記試験がありました。教養試験と専門試験がありましたが、対策はライセンスアカデミーの勉強だけでした。科目数はとても多いですが、計画を立てて1つずつこなしていけば焦る必要はありません。しかし、復習は必要です。1度勉強したところも復習しなければ結構忘れてしまいます。問題に対する解法があるので、それを忘れないように気を付けてください。
 二次試験は、論文試験・集団討論・体力試験・個人面接があり、3日間使って行われました。1日目は論文試験でした。2日目は集団討論と体力試験でした。集団討論は、自分の意見を相手に伝え、相手の話を聞くことが大切です。体力試験に関しては日々の訓練がとても大切です。コツコツと鍛えましょう。3日目は個人面接でした。面接は練習が大事です。ライセンスアカデミーや学校で面接の練習を何回もしました。自分の考えをしっかりとまとめて整理をしっかりとしておきましょう。

公務員試験の学習方法

 公務員の科目数はとても多く、様々なジャンルがあって全てを理解するのは難しいです。そのため、まずは全科目を一通りやってみるのが良いと思います。すべてに目を通した上で、自分の得意な科目、不得意な科目が見えてくる場合もあると思います。この考え方は、ライセンスアカデミーで行われた講演やスタッフの話を聞いて良いと思いました。
 私は理系科目が得意だったため、数的処理や自然科学などはとっつきやすかったです。自然科学は高校の勉強とリンクする部分があるので、復習することで身に付けることができると思います。経済学に関しては計算などが入ってくるので、忘れないように反復学習するとよいと思います。不得意な科目は、憲法や人文科学などの文系科目でした。勉強しても言葉や意味を忘れてしまうことがあったので苦戦しました。克服するために、言葉と言葉を関連づけたり、自分の理解できる部分は絶対に答えられるように努力しました。また、科目を嫌いにならないようにしました。私は勉強を本格的に始めるのが遅かったので、全部を理解することはできませんでしたが、一通りやり遂げて全く分からないという部分をなくすように努力しました。また、DVDで授業を聞きますが、講師の方の話をしっかりと聞いてまとめることが大切だと思います。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

 ライセンスアカデミーを知ったのは、両親がパンフレットを持ってきてくれたことから始まります。大学3年生の1月ごろにライセンスアカデミーのパンフレットを見て受講するか悩みました。それまでは独学で勉強できるだろうと考えていましたが、振り返ってみると全然できていませんでした。そのため、あのときにライセンスアカデミーを知ることができて本当によかったと思っています。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 入学したのは大学3年生の終わりごろでした。それまでは独学でなんとかなるだろうと考えていましたが、直接ライセンスアカデミーで試験の話などを聞いて焦りました。科目数の多さや勉強方法など知らなかったことがたくさんあったからです。このままでは本当にまずいと思い、ライセンスアカデミーに入学したのが理由です。入学して、いざ勉強の計画を立てましたが、試験ぎりぎりの計画になることが分かり、ちゃんとやっていけるのか不安になることもありました。しかし、家族やライセンスアカデミーの方、周りの方のサポートがあったおかげで最後までやり遂げることができました。

最後に

 ライセンスアカデミーに入学したことで良かった点があります。それは、同じ目標を持つ人と話をすることができたことです。同じ境遇にいる人が近くにいるだけで、心に少しでもゆとりを持つことができました。面接や集団討論の練習のときにも、それぞれの良い点や改善点を指摘し合うことでお互いにレベルアップすることもできました。また、試験の際にも休憩時間や終わった後に励まし合うこともあったので、心を落ち着かせることもできました。
 最終的に合格をすることができましたが、合格するまで心が折れそうになることもありました。他の自治体も数ヶ所受けたり、いい結果が出なかったりすることがあったりと、精神的にも体力的にも消耗するときが結構ありました。ダメだと思うときもあると思いますが、自分の努力を信じ続けましょう。
 最後に、サポートし続けてくれたライセンスアカデミーのスタッフの方、講師の皆様、本当にありがとうございました。合格したことを無駄にせず、これからも努力していこうと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • A・Kさん(23歳・女性) 福島県警察合格
  • 職業:生花店アルバイト
  • 受講コース:地方上級(公安)コース

公務員試験を受験した動機

 私は福島県警察試験一本で受験しました。東日本大震災後に地元を守る警察官の姿に憧れ、警察官を目指し始めました。また、学生時代に剣道部だった私は、当時から日本一と言われている大阪府警の剣道部に、何度も稽古を頂く機会がありました。その度に警察官としての立ち振る舞いや対応の仕方、剣道面においても大変勉強になり、「憧れ」から「目標」に変わりました。

公務員試験の傾向と対策

<面接について>
 面接官3人、30分程度です。

<集団討論について>
 討論60分です。
 集団討論が最初に行われるので、良い印象をアピールするためにとても大事な時間です。

公務員試験の学習方法

 とにかく数的処理の分野に励みました。様々な参考書を読み比べ自分に合う解き方をまとめて、自分専用の公式ノートを作りました。基本的な問題を解きながら公式を覚え、あとは色々な問題を解きました。
 社会科学は問題を解いて問題に慣れる練習をしました。
 その他の教科でも、覚えられる物は単語カードを作ってゲームのように覚えていきました。
 最後に苦手科目についてですが、私は英文、古文、漢文がさっぱり分からないので、勉強していません。選択肢を見て選ぶ練習をしました。勉強する時間もその分、他の科目にあてられたと思っています。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 私は3回目の受験で合格したのですが、1回目と2回目の試験は独学での受験をしていました。すべての科目の範囲が広く浅い警察試験ですので、勉強をしても問題が解けませんでした。二次対策も父と練習をしていましたが、私と父の自己満足に終わっていたのだと思います。
 ライセンスアカデミーはDVDで一つ一つポイントを確認しながら自分のペースで学習できることを知り魅力を感じました。頂ける教材も、他の教材よりも試験に近いもので、勉強するポイントや解き方が、独学の頃とはまるで違いました。二次の面接・集団討論の対策も本番に近い形で学ぶことができること、特に集団討論の練習ができることはとても有難かったです。

最後に

 私が福島県警察試験の勉強を始めたのは大学4年の卒業式が終わってからでした。警察官への憧れはあったものの、学生時代の私には警察官になるという想像すらできていませんでした。小学校2年生の頃からずっと変わらず教員を目指していたからです。その為に教員免許の取れる大学へ行かせてもらい、教員を目指し勉強し、受験もしました。結果は不合格で卒業後は無職になるのだと分かっていながらも、あまり悔しい気持ちはありませんでした。本当に教員になりたいのか、自分でも分からなくなっていたからです。
 東日本大震災は大学1年生の冬に起こりました。地元を守る警察官の姿に感動したことを覚えています。その頃から警察官への憧れが芽生え始めたのだと思います。その後、警察官との関わりが増え、少しずつ目標に変わりました。
 職業観は人生観に似ていると思います。「自分が本当にしたいこと」を考えると、簡単に答えが見つかるような気がします。答えが見つかると勉強嫌いな私も勉強をしだします。本気になればなるほど周囲のみんなも応援し支えてくれるようになったと感じています。夢や目標が変わることは不思議なことではないと気付きました。そして人生は想像より短いと思います。叶えたい夢に出会えたなら、今すぐ本気になるべきだと思いました。
 福島県警には3回目の受験で合格しました。浪人生活を1年半送りましたが、私にとってとても大切な時間だったと感じています。浪人していなかったら分からなかったことが沢山あったと思います。例えば平日の昼間にお年寄りから「トイレに案内してほしい」と頼まれること、階段を上る為に腕を支えること、同じペースで歩くこと、本当に小さな出来事を私は知らないまま「県民の安心安全な生活を守りたい」などと心からお話できませんでした。浪人することが正しいということではなく、浪人力は必ず強い味方になると思っています。
 不合格通知の悔しさや孤独感、何をするにも書類に「無職」と記入する苦痛、様々な気持ちを感じることのできた1年半でした。まだまだ分からないことはたくさんありますが、この1年半を乗り越えたからこそ、福島県警を一生の職業として何があっても県民の命や心を守り続けたいと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • H・Sさん(30歳・男性) 福島県職員(行政事務)合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 私は市内の民間企業に勤めていましたが、県の様々な業務に携わることができ、また将来的にも安心して働くことができる県職員に惹かれ受験しました。

公務員試験の傾向と対策

<筆記>
 公務員試験の筆記試験は専門・教養・論文があり、また膨大な科目数をこなさなければなりません。私はその中でも核となる経済と数的処理を中心に勉強を進めました。特に数的処理については毎日解いて、感覚が鈍らないようにしました。経済は最初はとっつきにくいと思いますが、繰り返すことで得意科目とすることができました。
 とにかく筆記に関しては科目数が多く、心が折れそうなこともあると思いますが、きちんと講義を受講し、くり返し問題を解けば自然と力はつくと思います。

<面接>
 私が受験した福島県職員(行政事務)は、集団討論と個別面接がありました。これらについてはライセンスアカデミーでの模擬面接で指摘されたことを意識して本番へ臨みました。おかげで本番ではあまり緊張せず、面接を受けれました。
 面接に関しては、事前に練習するかしないかで大きな差が出ると感じますので、事務局の皆さんを信じて練習すれば、合格できると思います。

公務員試験の学習方法

<専門>
 専門科目でカギとなるのは経済です。経済は出題数が多く、どの試験種でも避けられないため、私は直前3カ月前からは毎日、過去問を解いていました。
 その他科目については、まんべんなく過去問を解き、くり返しました。

<教養>
 教養科目で受験生を悩ませるのは数的処理だと思います。とっつきにくく、出題数も多いため手の抜けない科目です。私は処理感覚を鈍らせたくなかったため、勉強当初から毎日数題ずつ解くようにしました。
 人文科学は講義DVDを見たあと、ひたすら過去問を繰り返し、7割程度は解けるレベルまで持っていきました。また文章理解は全く対策をしてこない受験生もいると思いますが、必ず対策するべきです。私は計画的に学習し、本番では得点源にすることができました。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

文章理解:丸山先生との出会い
 私は当初、文章理解について感覚で解いていました。しかし、丸山先生の講義を受けてからは自分の認識の甘さを痛感しました。あくまで正答は本文中に書かれているということを教えてもらい、丸山先生の言うことを実践してからは、根拠を持って正答を選び、また正解率も格段と上がりました。文章理解は出題数も多いため、これから受験する皆さんは、きちんと対策をして本番に臨めば得点源にできるとおもいます。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 私の友人にすすめられて、実際に話を聞いてここなら大丈夫だと思い入学しました。実績もありますし、個別ブースで集中して勉強できる環境が私には合っていました。また、事務局の方々も相談に乗ってくれますし、アットホームな環境で勉強に集中できました。

最後に

 私は2回目の受験で無事に合格することができました。
 当初は仕事をしながらの勉強で、1年目の試験は1次の筆記で不合格となってしまいました。私の仕事は終業が大体19~20時、土日出勤も月に数回あったため、原因は明らかに勉強不足でした。当時は、勉強したい気持ちが強く、一方で仕事もおろそかにできないという状況で、どっちつかずのまま時間が経過していきました。
 そんな中でやはり公務員として働きたい気持ちが強く、仕事を退職し1年間を思い切って勉強に当てる決心をしました。合格した今、振り返ってみると後がない状況が自分にとっては常に緊張感があり、適度なプレッシャーとなり良かったと思います。
 また勉強=仕事と考え、今まで勉強したくてもできなかった分、存分にできる状況が私にとってはとても幸せに感じ、前向きに勉強できました。
 そんな中でもやはり不安な時間も必ず出てくるので、その時は思い切ってリフレッシュすることが大切です。長丁場の試験ですので、まずは自分の身体を壊さないことを意識してバランスよく生活することが大切だと思います。
 次に筆記試験対策に関しては、合格への王道は過去問を繰り返して解くことに尽きると思います。筆記対策の勉強は地道にやるしかなく、毎日が大変ですが、他の受験生も同じ状況ですので、自分を信じてやり切るしかないと思います。
 最後に、公務員試験は努力が必ず報われる試験だと思います。人生の中でこれほど勉強する時期もないと思いますので、覚悟を決めて毎日毎日を大切に過ごしていけば必ず合格ができますので、これから受験する方は、自分や周りの方を信じて、前向きに取り組んでいってほしいと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • M・Sさん(25歳・男性) いわき市役所合格
  • 職業:無職
  • 受講コース:行政系公務員スタンダードコース

公務員試験を受験した動機

 東日本大震災を経験したことで、地元であるいわき市に対して何か貢献をしたいと考えるようになりました。また、大学時代に参加していたボランティア活動を通して、住民の方々と直接触れ合う大切さを学び、公務員の仕事に興味を持ちました。これらのことから、自分が生まれ育った地域の為に働きたいと思い、いわき市役所の職員試験を受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 教養試験・専門試験のどちらも出題範囲が広いので、幅広く勉強していかなければなりません。得意な科目は絶対に取りこぼさず、苦手な科目は自分の出来る分野と出来ない分野を見定めることをしっかり意識することが大切です。とにかく過去問を解くことを繰り返し、解けなかった問題を出来るようになるまで解いていくことが一番の筆記対策だと思います。また、時事問題については日頃から新聞を見たり、参考書を読んだりして、自主的に取り組む必要があります。特に自分の住む自治体の情報はしっかり押さえておくべきであり、その知識は面接でも生かせます。
 面接対策については、個人面接・集団討論ともにライセンスアカデミーのスタッフの方々がしっかり指導してくれます。教わったことを復習し、自宅でも自主的に練習を繰り返していれば、本番でも冷静に落ち着いた気持ちで臨むことが出来ます。

公務員試験の学習方法

 得意科目については過去問を解いて出来た問題は繰り返さず、時々要点を見直すだけにしていました。どんどん新しい問題に挑戦し、自分の解ける範囲を広げていくことを意識しました。
 苦手科目については自分の出来る分野と出来ない分野をしっかり意識することが大切だと思います。分からないことは授業プリントを繰り返し見て復習し、過去問でどのような形式で問題に出されるのかを覚えました。何度も取り組んでどうしても理解できない問題はそれ以上深追いせず、解ける問題を取りこぼさないよう集中しました。

ライセンスアカデミー、○○講師との出会い

・上村先生(憲法・民法)…いつも優しい語り口で講義をして頂いたので、とても授業が聞きやすかったです。
・田村先生(自然科学)…自然科学は今までほとんど勉強をしたことが無かった科目ばかりでしたが、要点を押さえた分かりやすい講義をして頂いたおかげで、あまり苦手意識を持たずに取り組むことが出来ました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 高校時代の先輩がライセンスアカデミーに入学して公務員試験に合格し、私にも勧めてくれたことから、自分も同じように勉強したいと思い、入学しました。

最後に

 公務員試験は高校・大学でも学んでこなかった科目を多く勉強しなければならないので、最初はとても不安でした。しかし、ライセンスアカデミーでは、初めて学習する人にもとても分かりやすく、取り組みやすい教材を用意してくれていました。また、講義を実際に映像で見て勉強できることが、自分のペースで学習を進めるうえでとても助かりました。これらの学習環境は、やはり独学では出来ないものであり、非常に有意義なものでした。
 そして、合格に至るまでの間、思うような結果が出せず、自信が無くなって不安になることが多々ありました。そのような時にいつも温かく支えてくれたのがスタッフの方々でした。多くの方の応援やサポートがあって、この試験に合格できたのだと強く思います。長い間本当にありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • N・Nさん(26歳・男性) (独立行政法人 情報システム研究機構)
  • 受講コース:公務員地方上級大卒程度スタンダードコース

公務員試験を受験した動機

 ライセンスアカデミーから選択肢を増やすようにと受験を勧められたのがきっかけでした。加えて大学職員など人をサポートする仕事に興味があったため受験を決意しました。

公務員試験の傾向と対策

 一次試験は地区ごとに行われる筆記試験で、教養試験が出題されました。傾向としては公務員試験と変わりませんが、幅広い分野から出題されていました。それ以降は各法人ごとに試験が行われました。内容は面接中心で、聞かれる内容もまちまちでしたが、法人によっては三次試験まであるところもありました。

公務員試験の学習方法

 私は数的処理を苦手としていたので、テキストや過去問を何度も反復して解くことで解法を覚えました。苦手な科目の中でもどこが比較的得意で、どこが特に苦手か分かるとやり易いように思えます。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 家から比較的近かったことに加え、見学で教材を体験してその内容が分かりやすかったことから入学を決意しました。

合格まで印象深かった事

 一番印象深かったのは、情報・システム研究機構の面接試験でした。内定をいただいた時は、大変驚きました。それが非常に印象に残っています。

最後に

 私から言えることは、あきらめなければ何とかなる、ということです。試験を受け続けることで合格することができました。既卒者にも独自の強みがあり、それが採用につながることもあります。なので、ギリギリまであきらめなければ活路が見えてくるはずです。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家II種・地方上級)

  • T・Yさん(30歳・女性)
  • 職業:合同庁舎 臨時職員

公務員試験を受験した動機

 20歳の頃から公務員になりたかったが、独学で全滅し受験すらしなくなったが、29歳で一か八かチャレンジを目指すことを決めた。30歳でなれなかったら、諦めようと思った。

公務員試験の傾向と対策

 講義を見て自分なりのノート作りであらかた理解したら、あとは過去問でたくさん問題を解く。
 自分の好きな教科は、完璧に解けるくらいまでやる。
 苦手な教科は、出来そうな単元のみをピックアップして、それを完璧に解けるくらいまでやる。
 合間に、自治体研究や論文を書いて気分を上げる。

公務員試験の学習方法

得意科目・・・
 まとめのノート作り→ひたすら問題を解く。単語帳を作って、持ち歩いたりする。

苦手科目・・・
 まとめのノート作り→出来そうな単元のものを中心に。
 ひたすら過去問解き→やっぱり出来そうな単元に絞る。
 紙にマジックで大きく書いて壁に貼って覚えたり、何度やっても忘れるものは単語帳を作る。そして、入浴中や移動中、食事中に目を通す。

ライセンスアカデミー、○○先生との出会い

 憲法・上村先生・・・講義でいやされた。好きな先生だとやる気が出る。
 人文科学・佐藤先生・・・教え方が面白くて人文が大好きになった。
 数的処理・林先生・・・関西弁だから新鮮で飽きなかった。大苦手科目が、この先生だから何とかやれたと思う。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 やるなら今でしょ!と思って、飛び込んだので特に理由なし。

最後に

 公務員試験は絶対に受からないものではないということを身を持って知った。
 でも・・・勉強しないと絶対に受からない。でも、本気で勉強すれば絶対に受かる。そういう試験です。
 そして、絶対に独学では難しい。秀才や天才でない限り、独学でやっていたら一生かかっても無理です。
 やはり、公務員専門校の一流の先生の指導を信じて仰ぐべきです。その時の入学金なんて将来の投資と考えたら、とても安いものです。そして、大好きな先生を見つけて頑張れば必ず道は開けます。
 勉強するのがどうしても嫌になったら、思いきり遊んで、また気持ちをリセットすることが大切です。
 飲み会もバーベキューもがまんせずに行って下さい。『これが終わったらたくさん勉強するぞ』という強い気持ちを持てるなら大丈夫かと思います。
 どうしても勉強が嫌になったら、行きたい自治体で自分が働いているのを想像したり、庁舎を撮った写真を眺めたりしながら、モチベーションを上げるのもいいでしょう。

「公務員試験講座(地方上級・国家II種・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • M・Hさん(22歳・男性) 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 大学卒業後、地元での就職を考えたときに、市のために働く職員はとてもやりがいがある仕事だと思ったため受験した。

公務員試験の傾向と対策

 教養試験、専門試験共に出題範囲が広いので、幅広く勉強することが大切。苦手科目をなくすよりも、得意科目を増やして確実に点数を取れるようにすること。いわき市は二次試験の配点が高いので、二次試験で逆転することができる。アカデミーで対策を行ない、いわき市の面接の傾向を把握した。

公務員試験の学習方法

 とにかく、問題集を繰り返し何度も解くこと。色々な問題を見てパターンを知っておく。

ライセンスアカデミーを選んだ理由

 弟が通学して消防士に合格したことと、学習環境が整っていたため。

合格まで印象深かった事

 アカデミーで一緒に合格を目指す仲間がいたこと。

最後に

 一次試験はマークシート式なので、なんとかなるだろうといった気持になりがちだが、そういった気持ちで勉強していれば決して受からないと思う。また、期間が短いからと言ってはじめから合格を諦めてしまってもいけない。自分はどれくらい点数がとれるようになったかは、特別区や国家一般職などの試験などを受けて確認していた。特別区の試験ではあまり点数がとれなかったので、このままではまずいと思い勉強時間を増やした。
 試験の1ヵ月前くらいにはDVD講義を見終えたので、残りの時間はとにかく過去問フォーカスを繰り返し解いた。1ヵ月でそれぞれ5周ほど繰り返したと思う。いわき市の試験の2週間前に国家一般職の試験があるが、その試験で今までに比べれば確実点数がとれるようになっていたので、自信を持つことが出来た。
 二次試験についても、面接はアカデミーの先生方に何度も指導して頂いたので、本番では適度な緊張で自信を持って臨むことが出来た。面接では、その時だけ良く見せようとしても素が出てしまうし面接官はすぐわかると思う。
 私は、友人も一次試験を合格していたので、一緒に受かって同期になるんだという思いから、何としても今年合格するんだという強い思いで臨めたのが良かったのかもしれない。絶対に合格できると信じて勉強を続けることが最も大切だと思う。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • R・Kさん(28歳・男性) 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 原発事故を受けて地元に残りたいが地元企業はほぼ壊滅状態かつ今後もどうなるかさっぱり見通せない状況なので今確実に地元に残れるであろう地元町役場の受験に踏み切った。

公務員試験の傾向と対策

 いわき市の試験は当アカデミーの講義で聞いたような過去問で見たような問題が多かったように思える。問題の傾向も模擬試験のそれと似ていたと思う。
 でも町村の試験は正直!?ってなった。本命なのに受ける試験間違えたと思った。でも受かったからには勉強の方向はこれでよかったと思う。やはり歴史等範囲が広い割に問題が少ないのは思い切って捨てた方がいいと思う。その時間を時事、行政、長文、英文、など広く覚え、問題数が多く、応用が効くものを学ぶべき。
 面接の方は被災直後だけあってセオリー通りのものではなく、意表を突くようなことも聞かれるので冷静に受け答えられれば問題はないかと思う。

公務員試験の学習方法

 入学→試験まで時間がなかったので自分がやりやすい方法だったけどまず1問解く。そしたらすぐに答え合わせ。解説もじっくり読んで一夜漬け以下レベルでもいいから完全に理解する。そしたらもう一度同じ問題を解く。どこが正しくどこが間違いなのか解説で覚えたものを反復しながら。次の問題へいき、手順1から。適当な所までやったらその回の1問目からやり直し。解けなかった間はもう一度or次回にくみこむ。

ライセンスアカデミーを選んだ理由

 同じ地元の役場に合格した同級生に相談したらここで勉強してよかったよーと勧められたので。

最後に

 アカデミーに通ったことで独学ではわからなかったことやできなかったことができるようになり非常に良く思います。
 学習の方法がわからない、何の勉強をすればいいかわからないなど公務員の関係で悩んだのなら入学するにしろしないにしろ先ずは相談してみることをお勧めします。ここの先生がたは必ず力になってくれるでしょう。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • E・Nさん(24歳・女性) 合格
  • 職業:臨時職員(いわき市)

公務員試験を受験した動機

 私はもともといわき市役所が第一希望でした。今年は町役場も受験してみようと思い受けました。

公務員試験の傾向と対策

 いわき市の受験対策ができていれば十分だと思います。
 教養は、文章理解、自然、人文などはわりと易しいです。数的は、少しかわった問題がでてきました。専門は、経済学はとても解きやすく、簡単に感じました。憲法と行政法などはそれなりに理解を深めておかないといけないな・・・と感じました。いわき市と比べると簡単に感じると思います!!
 二次は、面接のみでした。個人面接です。本番まできっちりと面接対策をして頂きました。本当に本当にありがとうございました・・・!!皆さん同じことを言うと思いますが、面接では、きちんとご指導頂けるので心配は無いと思います!!

公務員試験の学習方法

 やはり、経済と数的が試験のカギをにぎると思います。
 きちんと理解を深め、点をとれるようにした方がいいと思います。
 直前期は、1日6~8時間は勉強した方がいいです。人文と自然も。憲法、行政法、行政学などは、頻出テーマだけでなく、マイナーなテーマの問題もきちんと解いて下さい。本当に、まんべんなく勉強していくことが大事だと思います。

ライセンスアカデミーを選んだ理由

 自分のペースで勉強できて、アットホームな雰囲気がとても良かったから。

合格まで印象深かった事

 受かるまでは、ずっと辛かった気がします。でも終わってしまえば、辛さも吹き飛ぶと思います。長い道のりに感じると思いますが本当にあっという間です。これから何十年と勤めるかもしれない職場を決めるのに、1~2年だけ頑張れば良いだけです!!なにか悩んだときは、ライセンスアカデミーの方、友人、両親などに相談しながら、前向きに取り組んでいって下さい。

最後に

 いわき市役所を第一希望にしている人は、町役場を受験してみてもいいかもしれません。いわき市だけにこだわらず、様々な自治体を受験してみて下さい。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • H・Kさん(22歳・女性) いわき市役所上級(行政職) 合格
  • 職業:事務職

公務員試験を受験した動機

 地元で就職することを希望していたため。

公務員試験の傾向と対策

 マクロ経済学・ミクロ経済学を早々に攻略してしまうことが、突破のカギだと思います。経済科目は計算方法を覚えてしまえば、得意科目にしやすいです。得意を少しでも広げていくことで、苦手科目を上手にカバーすることもできます。幅広い勉強も大切ですが、まずは得点源になる科目を増やすべきです。
 いわき市の試験では、二次が特に重視されます。一次突破後は、くり返し練習し、慣れておく必要があります。
 また、集団討論では、知っている人がいれば、安心感を得ることができます。1日目の論文の日に同じグループのメンバーをだいたい把握できるので、顔見知りになっておくのも手だと思います。

公務員試験の学習方法

 憲法:とにかく類似の問題を覚えること。
 マクロ・ミクロ:計算のパターンを身につける。
 民法:苦手なら捨ててもよい。
 行政法:覚える内容のわりに出題数が多いので、得意にするべき。
 労働法:常識の範囲内で答えられる。
 政治学:教養の社会科学と類似あり。

 専門は経済科目と憲法・行政法でノーミスを目指し、余力で他の科目も勉強という方針をとりました。
 数的については判断推理に力を入れ、その他、元々得意だった現代文の力に頼りました。

ライセンスアカデミーを選んだ理由

 口コミで知ったため。
 高校の先輩が通学していたこともあり、いろいろと伺っていたため、入学を決めました。

合格まで印象深かった事

 私は今回、就職して働きながらの受験だったため、勉強時間の確保に非常に苦労しました。試験範囲が広い分、忘れないよう反復勉強が大切になりますので、毎日少しでも勉強時間を設けるようにするべきです。

最後に

 今年の受験に関しては、勉強時間が足りないことを自覚していました、仕事と勉強の両立は予想以上に大変で、実力がついているかどうかという不安もありました。
 1次試験に合格した際の順位も良いものではなく、最終合格に結びつくのかという不安は大きかったです。しかしすぐに切り替えて、2次試験に向けてできる限りの努力をしようと決めました。
 ライセンスアカデミーでは、2次試験の対策が非常に充実していて、細やかな面接指導が受けられます。私自身、とてもお世話になりました。自分に足りないもの、改善点、などはなかなか自分では気づけないものです。ライセンスアカデミーの講師の方々のご指導により、自信をつけて2次試験に望むことができました。1次試験の結果については、2次試験で十分に挽回可能です。諦めず、最後まで取り組むことが大切だと思います。

 2年間お世話になりました。ありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Kさん(22歳・女性) いわき市役所上級 合格
  • 職業:大学生

公務員試験を受験した動機

 私がいわき消防を志望したきっかけは東日本大震災です。私は震災当時、いわき市の為に何もできなかったのですが、高校の同級生が消防士として、過酷な状況の中、働いていたことを知り、私も彼らと同じように生まれ育ったいわき市を守る仕事がしたいと思い、いわき市の消防職を志望しました。

公務員試験の傾向と対策

 一次試験は科目数も多く初めて学ぶ分野もあり大変に感じるかもしれませんが、とにかくあきらめずにやってみることが大切だと思います。また、特に復習が大切で何度も綴り返して頭にインプットしていくと良いのではないかと思います。
 二次試験はライセンスアカデミーで対策をして頂けるので、あまり心配しなくとも大丈夫ではないかと思います。ただし、その際には自己分析や自主的な練習を怠らないことが大切だと思います。

公務員試験の学習方法

 文章理解・憲法など、その他暗記系科目をなるべく問題集のすべて解く様にしました。とにかく何度も問題を解いてどこで自分がつまずいているか確認しながら進めました。公務員試験は時間との勝負でもあるのでどうしても苦手な科目は得意な科目でカバーし、効率よく高得点を得ることが重要ではないかと思います。

ライセンスアカデミーを選んだ理由

 1.勉強の量も多く、初めて学ぶ分野があったので、独学では限界があると思ったからです。
 2.勉強するのは早ければ早いほど良いと思ったからです。
 3.絶対に合格したかったからです。

合格まで印象深かった事

 私の場合、大学・アカデミー・アルバイトを同時並行しながらだったので大変だと感じることが多々ありました。しかし、どれも自分が選んだ道であり自分のためにやっていると思い、自分自身を何度も鼓舞し乗り越えました。やっているときは大変に感じていましたが、終わってみると頑張ってきて良かったなと思い自分に自信をもつことができました。

最後に

 私が勉強していた際、大切だと感じたことを述べたいと思います。
 1.何度も繰り返して解く
 2.すぐにあきらめない
 3.問題を見極める
 4.勉強する習慣をつける
 5.自分のストレングスに気づく
 最後になりますが、家族を初めこれまで私を支えて下さった方々にとても感謝しています。本当にありがとうございました。これから受験する皆様は、「自分は絶対に合格する」という自分を信じる力を最後まで持ち前向きに頑張ってください。
 応援しています!

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Hさん(25歳・男性) いわき市役所消防職 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 私がいわき消防を志望したきっかけは東日本大震災です。私は震災当時、いわき市の為に何もできなかったのですが、高校の同級生が消防士として、過酷な状況の中、働いていたことを知り、私も彼らと同じように生まれ育ったいわき市を守る仕事がしたいと思い、いわき市の消防職を志望しました。

公務員試験の傾向と対策

 一次試験は、教養と専門があり、多くの科目を勉強しなくてはなりません。そのため、得意科目、不得意科目を明確にして、自分に合った勉強法をする必要があると思います。
 二次試験は論文、集団討論、体力検査、面接です。論文、体力検査においては、遅くても3ヵ月前くらいから対策をはじめておいた方が良いです。私は一次試験が終わってから、始めたのでとても苦労しました。
 集団討論と面接は、ライセンスアカデミーの対策で経験を積めば大丈夫です。

公務員試験の学習方法

 私は2月から勉強を始め、試験まで半年しかありませんでした。そのため、確実に点数がとれるよう得意科目を中心に勉強を進めました。教養は判断推理、世界史、地理、生物を中心に勉強し、専門は憲法、行政法、民法Ⅰを中心に勉強しました。
 勉強方法はとにかく教材の『過去問フォーカス』を繰り返し解きました。間違った問題はマーカーで印をつけ何度も解きました。
 得意科目はどんな問題が出ても得点にできるように、徹底的に勉強した方が良いと思います。不得意科目に関しては時間に余裕がある方は勉強した方が良いですが、時間がない方は思い切って捨て科目にしてしまうことも考えた方が良いと思います。早い段階で自分に合った勉強の仕方を身につけて下さい。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 公務員として働いているほとんどの人がライセンスアカデミー出身だったので、入学を決めました。

合格まで印象深かった事

 面接練習が一番印象深かったです。入退室の仕方や返事の仕方、話す内容など、細かくアドバイスしてもらえました。ライセンスアカデミーの面接練習では他の受験生の面接も見ることができ良い所や悪い所など、多くの事を吸収することができます。また、同じ目標を持った仲間と話すことができモチベーションの維持にも繋がります。
 ライセンスアカデミーの面接練習では、面接で役立つのは勿論なのですが今後、仕事や生活で役立つことも学ぶことができます。

最後に

 私は2月にライセンスアカデミーに入学し、勉強を始めました。週に5日はフルタイムで働いていたため、勉強時間を十分に確保することはできませんでした。そのため、平日は仕事が終わった後、週に2回18時から21時まで、休日は9時から17時までライセンスアカデミーで勉強しておりました。私は暗記科目が得意だったので、暗記科目を中心に勉強を始めました。勉強方法は、勉強を始めた当初は授業を受けた後ノートをまとめたりして、勉強をしていたのですが、ノートをまとめたところであまり頭に入らなかったので、フォーカスを徹底的に解くことに切り換えました。他の受験生の体験記にも書いてありますが、最も効率の良い勉強方法は、フォーカスを繰り返し解く事だと思います。実際、試験本番でも似た問題が出題されていました。
 試験を終えて感じたことは、どんなに時間が短くて、どんなに時間がなくても、やり方次第で合格を勝ち取ることができるということです。私は正直に言うと、今年の受験は来年に向けてのお試し受験のつもりで受験しました。しかし、終わってみると勉強を始めてから、約7ヵ月で合格することができました。
 今、ライセンスアカデミーに通っている学生の中にも仕事をしながらで勉強時間を十分に確保できていない人や、勉強を始めたのが遅く試験まで期間が少ない人もいると思います。しかし、だからと言って諦めないことが重要です。やれることはやっておきましょう。試験では何が起こるか分かりません。もし、ダメだったとしても次の試験に繋がります。とにかく諦めないで、絶対に合格するという気持ちを持って勉強して下さい。
 最後にスタッフの皆さん、たくさんのアドバイスしてもらい、本当にありがとうございました。皆さんのアドバイスがなければ、私は確実に不合格でした。ライセンスアカデミーに入学して本当に良かったです。来年の春からは消防士として、いわき市民の安心、安全のため、使命感を持って精一杯働きます。本当にありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Mさん(27歳・男性) 国家一般職(大卒程度)、福島県職員(大卒程度)、川俣町 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 福島県に住む人たちのために働き、福島県を盛り上げていきたいと考え志望しました。

公務員試験の傾向と対策

 試験傾向として教養・専門ともに科目数が多いので、まずは講座で該当する科目を一通り受講した後、先生方の学習方法についてのアドバイスと、自分自身の得意・不得意を考慮し、各科目におおまかに学習時間を割り振りました。学習方法は、基本的に過去問の演習とテキストの読み込みを行いました。

公務員試験の学習方法

 まず得意科目の文章理解については、授業で傾向をつかんだ後は、直前期までは空き時間に、よく文章が引用される英文のニュースサイトに目を通すようにしました。直前期にはなるべく毎日、現代文・古文・英文を各一問ずつ、目標時間を決めて解くようにしたことで時間配分の感覚が身に付き、本番では焦らずに自信を持って問題を解くことができました。次に苦手科目の経済原論についてですが、授業を受けて復習をしてからは、テキストを読み込んで理解を深めるとともに、とにかく過去問の演習にあたりました。最初は一問を解くのにずいぶん時間がかかってしまいましたが、過去問の演習を重ねることでテーマごとの解法を覚え、次第に速く解けるようになりました。

ライセンスアカデミー、○○先生との出会い

 自分の性格上、自宅では学習が続かないと考え、福島市内にある公務員試験向けの講座を開講している学校をインターネットで調べてライセンスアカデミーを知った。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 まず、ライセンスアカデミー福島校の学習環境が気に入りました。実際に授業を体験した際に、防音性の高い学習環境だったので、これなら集中して学習できると確信しました。また、スタッフの方々に親切、丁寧に説明をしてもらえたことで、信頼のできる学校だという印象を受けたことも決め手の一つです。

最後に

 学習方法について追記しますが、科目が多く、時間の限られた公務員試験では「どの科目を捨てるか」というのも重要だと思います。私は、特に自然科学が苦手だったので、時間をかけても特点アップは見込めないと感じ、直前期まではほとんど手をつけられませんでした。もちろん全く手をつけないというのももったいないので、授業を受けて復習をしたら、模試等で補足し直前期に少し見直しをするくらいにして、余った時間は他の科目に回すというのも一つの手だと思います。
 次に、二次試験の面接対策についてですが、一次試験の学習と並行して、「自分はなぜ公務員を目指し、公務員としてどんなことをしたいか」というテーマを常に考え、意識して学習に取り組むことをおすすめします。早めにこのテーマを明確にしておくことで、一次試験から二次試験までの短い準備期間でも落ち着いて準備をすすめることができ、また、一次試験の学習にもモチベーションを高くして取り組むことができると思います。また、公務員試験に関してわからないことはスタッフの方々に質問することで、自分がやるべきことと、やらなくてよいことが明確になり、勉強時間の確保につながりましたし、学校主催のセミナーで知り合った受講生の方と情報交換することで自分では考え付かなかった学習方法を知ることができたり、お互い励まし合い、学習のモチベーションを高く保つことができたことが合格につながったと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • H・Tさん(30歳・男性) いわき市役所上級行政職 合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 東日本大震災を契機として、地元のいわき市の復興発展の為に何か貢献したいと考えていましたが、30歳という節目の年に一念発起し、挑戦しました。

公務員試験の傾向と対策

 一次試験は、年々難化傾向にあると言われていますが、難しいと感じる問題もありました。ただ、過去問の少し応用したものや、基礎的なものもあり、過去問を学ぶことはやはり大事だと感じました。特に近年3年分は、法律系の問題の文章が長くなったことなど、より本番に近い過去問として、解いて良かったと感じました。
 二次試験は、小論文、集団討論、個人面接でした。小論文は、映画となった「県民おもてなし課」に関連してか、「おもてなし」の定義と、いわきがおもてなしを通して交流人口を増やすためには?と言う内容だったと思います。時事的な内容だと思って、小説をちょうど読んでいたので、書き易かったです。集団討論は、「男性の育児参加について」で、8人で行いました。結論は出さなくても良く、発言したい人がどんどんするという雰囲気でした。途切れることなく、皆同じくらい発言していたと思います。ライセンスアカデミーでの練習で実際やってみて気づかされたことが良かったです。ライセンスアカデミーでの練習で鍛えられたのが自信になり良かったです。

公務員試験の学習方法

 数的は毎日やった方が、感覚が磨かれて良いと言われたので、毎日2.3問でも解いて鈍らないように努めました。
 工学部だったので、憲法、民法、行政法などは全く初めてだったので、繰り返し過去問を解いて定着するようにしました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 独学よりはプロから学んだ方が、効率が良いと思ったことです。2次試験の対策もしてくれ、地元の合格者をたくさん出しているので、地元の対策に強いだろうと思ったことです。

合格まで印象深かった事

 スタートが普通より遅い分、初めからかなりプレッシャーがありました。転換点となったのが、上村先生が来校して下さり、公務員試験の戦い方を具体的に語って下さったことです。そのおかげで漠然としていた道筋が見えてきて安心して勉強できるようになりました。本番で不安よりも積み重ねてきた自信の方が大きかったのだと思います。ありがとうございました。

最後に

 いわき市の対策いついては、ライセンスアカデミーは、心強いと思います。ネットや雑誌に載ってない情報がたくさんありますし、面接対策は、何百人もの受験者を見てきているので鋭いです。私はライセンスアカデミーに入学し、対策したので短期で合格できたのだと思います。スタッフの皆さん本当にありがとうございました。とても有難かったと感じています。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Oさん(25歳・男性) いわき市役所(行政事務)合格
  • 職業:なし

公務員試験を受験した動機

 私は、学生の頃は漠然と公務員になりたいという理由しか持っていませんでした。しかし、東日本大震災をきっかけに実際に災害が発生した時に一番役に立つことのできる職業は公務員であると考えるようになりました。そのことから自分も公務員になり市民の生活を支えていけるような仕事がしたいと思い受験をしました。

公務員試験の傾向と対策

 憲法と行政法が難化傾向にあり、テキストやフォーカスで得た知識をもとに自分で判例について考えなければいけないような応用問題が出ており単純な判例の暗記だけでは解けない問題が出ていた。
 行政科目の問題は基本的な知識に加えて、時事的な知識も必要になるが難しい問題の出題はあまりないので点数が取りやすく、取りこぼすと他の受験者と差がつくと思う。
 経済科目は、難しい問題と易しい問題との難易度の差が大きい。
 面接は基本的なことが聞かれるので最低でも面接対策のときにもらったよく出る質問一覧の回答は必ず準備しておいた方が良いと思う。

公務員試験の学習方法

 最初に学習に時間がかかり、単純な暗記では得点できないような科目である憲法、行政法、マクロ経済学、ミクロ経済学、数的処理の勉強を中心に始めた。この科目の学習が進むにつれて政治学・行政学などの勉強を進めた。苦手科目であった経済学だったが、教科書をよく読み、なぜこのような式や図になるのかを一つ一つ自分で考えてみることで克服することができた。
 また、フォーカスの問題を10回以上繰り返し解くことで計算方法や理論をスムーズに理解することができ、得意科目とすることができた。行政法も苦手科目だったが、フォーカスを繰り返し解き、判例を覚えることで克服することができた。数的処理も苦手であったが、克服することはできなかった。そのかわり数的処理では、頻出分野と自分の得意分野のみに絞って繰り返し解いた。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 独学で勉強を進めていましたが、自分で勉強を進めることに限界を感じていました。私は、理系の学部の出身であったため、経済学や法律科目を勉強したことがなかったため、基礎ができていませんでした。その中でライセンスアカデミーの授業は初学の人でも基礎から分かりやすく授業をしてくれることから入学しました。

合格まで印象深かった事

 集団討論の試験で私は、他の人に比べてあまり発言することができなく落ち込んでいました。そのことをライセンスアカデミーの方に話すと面接で挽回すれば良いと励ましてもらい、自分の気持ちを前向きに持ち直すことができて、個人面接ではあまり緊張することなく、受けることができました。あのアドバイスのおかげで面接試験を失敗することなく受けられたとライセンスアカデミーの方に感謝しています。

最後に

 私の直前期の勉強方法は、苦手分野の中で克服できそうな分野をやり、できない分野は捨てるようにしていました。私は、数的処理が苦手で模試でも3~6割といったぐらいしか問題を解くことができませんでした。そこで私は、文章理解にも力を入れ、なるべく7割程度得点できるように勉強しました。
 公務員試験の勉強は1年間というとても長い期間であるため、モチベーションの維持が大変でした。そのような時は、勉強をしない日を作り自分の好きなことをすることでストレス解消をしていました。また、公務員になった自分の姿を想像することでやる気を出していました。
 面接試験の対策はライセンスアカデミーでしっかりと対策してくれたため、本番は緊張せずにスムーズに面接の受け答えをすることができました。
 今年、私が公務員試験に合格できたのは、ライセンスアカデミーのスタッフの皆さんのおかげであると思います。本当にありがとうございました。
 公務員試験は頑張ったらその分だけ必ず返ってくる試験です。たとえ、フリーターで職歴がなくても、既卒者でも民間企業と違い頑張れば必ず合格できる試験です。皆さんが頑張って合格を勝ち取ることを願っています。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Hさん(25歳・男性) いわき市役所(行政事務)合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 大学の卒業年が東日本大震災と重なり、地元で何か貢献できないかと考え、地元就職を選びました。しかし、人とのつながりを大事にしたい、より近く市民の方々の役に立ちたいという思いから大学四年次に一度受験していたいわき市で働くことを諦めきれず今回、受験しようと思いました。

公務員試験の傾向と対策

 まず何よりも試験の科目数が多く、範囲も広いということで得意科目を見つけそこで点数を安定して取れるよう基本問題や単発問題の訓練に励みました。しかし、どうしても苦手科目も出てくるかと思います。苦手な分野でも基本問題だけは絶対におさえたいと考え学習に取り組みました。次に試験時間も限られているので、分からない問題は深入りせず、別の所で点をとろうの心がけを大事にしました。
 面接対策は自分の考えを声にして出すという普段はあたりまえの行為がどうしても試験となると緊張して上手くできないこともあると思います。しかしライセンスアカデミーでは本当に親身になって支えてくれました。実際に目を見ての対話が何よりも大切なことであると再認識できました。また日頃から新聞を読んだり、さまざまな分野に関心を向け知識を広めることが大事だなと感じました。

公務員試験の学習方法

 大学で学んでいたり、見覚えがある分野は得意科目としてDVDを見て、基本をおさえ、復習するつもりで、過去問を解き、解答できなかった問題にチェックを入れ模範解答を読みこむを繰り返しました。
 苦手科目はDVDを見て基本は必ずおさえようとしました。過去問を見て発展問題が難しいと感じることがあると思いますが、基本的な所を学んでおけば解答に少しずつではありますが近づけるように感じます。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 実際に集中して勉強できる場で、メリハリをつけて勉強に取り組みたいと考えたとき、インターネットでライセンスアカデミーを知り入学を決めました。

合格まで印象深かった事

 本当に職員の方々が親身になって指導、支えてくれたことに感謝しています。特に面接対策では私に勇気をくれ、気持ちを奮い立たせていただきました。アカデミーで仲間と出会い、モチベーションを保ちここまでくることができたのは、けして一人の力ではないと思います。この経験は私の一生の財産になると思います。本当にありがとうございました。

ライセンスアカデミー 林講師との出会い

 数的処理という分野は大学で学んでいなかったので、しばらくブランクのあいてしまった科目でした。公式なども忘れかけていたものも多く、新たな知識を身に付けるのに苦労しましたが、林講師の関西弁の語り口調が軽快でとても面白く、図などをつかって丁寧に説明してくださったので理解の助けとなりました。

最後に

 まず始めに今回の試験は決して一人の力で合格したものとは思っていません。私を信じて支えてくれた家族に、私に自信と勇気を取り戻させてくれたライセンスアカデミーの職員の皆様に、悩みを語り合った仲間たちに、関わった全ての方々に本当にありがとうございますと言いたいです。今回の受験体験は間違いなく自分の転機だと今は思うことができます。大なり小なり、みな悩みをかかえていると思います。時に道が分からなくなることもありました。しかし、あきらめないこと、自分に自信を持ち信じてあげることがどれだけ大切なことか改めて感じることができました。この経験を自分の財産にしこれからもはげみたいと思います。最後に本当に親身になって支えていただきありがとうございました。大変心配させてしまい申し訳ありませんでした。今後もまた資格取得の際などよろしくお願い致します。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Iさん(29歳・男性) 伊達市役所合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 大学卒業後、民間企業に就職し従事した職務経験から、公務員に転職を考えるようになる。
 まちづくりや福祉・教育などに興味があり、幅広い仕事ができる基礎自治体を選んだ。

ライセンスアカデミー、○○先生との出会い

 全ての先生が分かりやすく、楽しく学べたと思います。
 印象に残っているのが、経済学の島本先生と人文科学の佐藤先生です。とっつきやすい話題で説明してくれたので聞いていて楽しかったです。また、ライセンスのスタッフの方にも色々とアドバイスをいただき助かりました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 私は工学部出身の為、知識がなく、独学では限界を感じたからです。
 そしてDVD学習に最初は違和感を覚えたが、自分のペースで学習できるし、個別ブースで集中できる環境に魅力を感じたからです。

最後に

 私の年齢を見れば分かると思いますが、公務員試験は新卒が有利というわけではないと思います。募集年齢枠ギリギリでの挑戦でしたが、無事に合格できました。これから公務員を志す方にも、既卒・前職有でも大丈夫!と伝えたいです。
 公務員試験は「情報」が大切です。ライセンスに通っている強みになると思う部分なので、積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。
 ライセンスでの学習の肝は復習だと思います。理解はしやすいが、覚えるべきことが多いので、復習ノートを作り、小まめに復習できれば試験もバッチリだと思います。

 勉強する科目が沢山あり、精神的に辛くなってきたり、また、模擬試験の点数が思ったように伸びないこともあると思います。そんな時こそ、自分なら大丈夫だ!と信じることで頑張れると思います。自治体などの説明会に行って、話しを聞くだけでもやる気が出てきます。
 絶対合格するという強い気持ちを最後まで持ち続けた人が合格するのが公務員試験だと私は思います。そして最後に、ライセンスアカデミー福島校のスタッフの皆さんのサポートがあり、合格という結果を得ることができました。
 本当にありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • T・Sさん(23歳・男性) 福島県職員合格
  • 職業:無職
  • 受講コース:100日マスター地上・国家一般職コース

公務員試験を受験した動機

 福島県史の勉強が元々好きで、それが高じて福島の行政に関わる職業を検討するようになりました。(利己的な理由としては、面接が苦手なので、筆記でアドバンテージが取れるかもしれないと考えたという点もあります)

公務員試験の傾向と対策

 公務員試験は、マーク式(教養・専門)と小論文、面接から構成されています。第一ポイントは、各試験には基準点が設けており、基準点を下回るとその段階で足きりされてしまう点です。筆記試験で、高得点を取って逃げ切りたいと考えている人は、面接・論文などで足下をすくわれないよう注意して下さい。第二のポイントは、専門試験の範囲の広さです。東京都、特別区や国家一般職のような選択問題ではなく、全て解答しなければなりません。平均点を見る限り、周りの人もカバーできている訳ではなさそうなので、出題数の多い部分や効率よく学習できるものを重点的にやるべきだと思います。

公務員試験の学習方法

 講義を一通り見て問題演習をやるのですが、(得意科目)経済学は、公式の導出・解答のプロセスを重視すべきだと思います。式の変形が上手できれば、ひねった問題にも対応しやすくなりますし、部分的に忘れてもリカバリーが効きます。
 (苦手科目)政治学・行政学はとにかく覚えることが大事です。私は書いて覚える派だったので、間違えた部分を中心に(人物)・(主張)を書きつけ続けました。
 (苦手科目)小論文は、事前に「具体的な」ことが書けるように準備しておいて下さい。私は、対策をおこたり足切りぎりぎりでした。教養・専門の学習と並行して調べるのはキツイと思いますが、こんなところでおちるのももったいないので、そこそこ力を割くべきです。

ライセンスアカデミー、○○先生との出会い

 時前に電話をして、翌日ライセンスアカデミー福島校へ行き、そこで出会いました。
 私はどうも締切や受験情報に無頓着だったようなので、締め切り、情報等のアドバイスをもらってました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 当初は、友人が独学で合格したのを参考にして独学で勉強していましたが、日程的にどうしても間に合わないと判断しました。短期コースがあり、福島駅周辺にあるという条件で検索した結果、福島校がヒットしたためです。

最後に

 DVDを一通り見てから問題演習をしても、初めは上手くいかないと思います。プロセスや解答の理由がいまひとつピンとこない部分は、ノートを取りながらDVDの2回目へ行きましょう。
 英語は、高校の頃に使っていた単語帳を使うのが良いです。私は、DVOというのを使っていました。教養試験の時間配分についてですが、1問5分程度と考えると焦るので、時間のかからない問題(知識(文系)→知識(理系))をザーッとやってしまってから読解→数的の順でやってました。読解は選択肢を見てからやるとスムーズに進むと言われていますが、国語の選択肢は紛らわしく、肢1の内容が先入観になってしまうことが多々ありました。したがって、時間が多少かかりますが、国語読解は大きいので見た方がよいかもしれません。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • N・Kさん(27歳・女性) 福島県職員合格
  • 職業:無職
  • 受講コース:公務員上級7ヶ月コース

公務員試験を受験した動機

 1.周囲に公務員の方が多かったので、自分も正職員として働きたい気持ちが出たこと。
 2.年齢的に正規雇用を目指すなら、民間よりも公務員の方がなりやすいかなと思ったので。

公務員試験の傾向と対策

 1.国立大学法人・・・問題は教養40問で、難易度は高くない。ただ時間配分には気をつけた方がいいと思います。他試験が本命でも、時間感覚をつけるのに受けておくと良いです。
 2.国家一般職・・・専門試験の科目ごとの難易度のばらつきが大きいです。できれば10科目は用意した方が、安心して臨めます。英語が得意だとかなり優位です。また、午後の試験が休憩なしで5時間続くので、集中力を切らさないように。
 3.市役所(伊達)・・・一般職と比べると、問題自体はシンプルな印象ですが、特に経済など用語の定義をきちんと理解してないと、引っかかる問題が多かったと思います。

公務員試験の学習方法

 本格的に勉強を始めたのが3月からだったので、上村先生のセミナーでのお話が大変参考になりました。
 1.経済学には特に力を入れました。
  ・DVD視聴後、すぐに講義の範囲のフォーカスを解く
  ・解法、ポイントはレジュメでなくフォーカスの分野ごとの仕切り(白紙)に書き、すぐに見られるようにしました。
 2.時事は3月には始めた方が良いです。どの試験種・科目にも出るので気分転換も兼ねて読みこめば5点は稼げると思います。

ライセンスアカデミー、島本先生との出会い

 島本先生のミクマク講座は、ポイントや微分の解法を丁寧に教えてくれるので、本当に助かりました。行政法の本荘先生も、判例の説明がとても分かりやすかったです。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 周りの公務員の方から、今は面接が重要視されていると聞いたので福島市内で面接対策が充実しているライセンスアカデミー福島校に入学しました。

最後に

 ライセンスアカデミー福島校の自習室では、自分と同じ目標を持った方たちが真剣に勉強しています。私は7ヶ月コースで入学しましたが、実際にスタートを切ったのは3月に入ってからでした。独学であれば、もう投げ出していたと思います。でも自習室に入ると、周りの集中力に焦りつつも何とか頑張ろうと思えました。で、何とか合格できました。

 一次試験から二次まで、2~3週間空くので、つい気を抜きがちになります。ここで面接対策・希望機関の情報を調べておくと、後々気持ちが楽だと思います。

 面接対策として、基本はライセンスアカデミー福島校、プラス本試験で質問されたことも重要です。特に既卒の人であれば、どの期間でも詳しく聞かれる共通の質問があると思います。その質問は自分のPRとして活かせるものだと思うので(志望動機にも+αとして活かせます)、深く掘り下げてみると良いと思います。

 最後に、ライセンスアカデミー福島校のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 上村先生のセミナーは、勉強計画の柱になることが詰まっているので、参加をおすすめします。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • A・Sさん(23歳・女性)
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 私は、もともと公務員試験ではなく別の資格試験の勉強をしていました。しかし、東日本大震災をきっかけに、ありふれた毎日の大切さに気付かされ、考え方が大きく変わりました。多くの人の生活に関わることのできる仕事に就きたい、多くの人の役にたちたいと強く思うようになり、公務員試験を受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 私が受験した北茨城市役所では、他の公務員試験でも同じだと思いますが、教養科目、専門科目は範囲がとても広いので、効率良く学習できるように常に意識する必要があると思います。
 また、2次試験の個別面接対策としては、あらゆる質問を想定してその答えを用意しておくことが大切だと思います。

公務員試験の学習方法

◎得意科目(憲法・民法・行政法・経済学)
 私は暗記科目が得意でしたが「覚える」よりも「理解したことを忘れないようにする」ことを心がけていました。
 経済学は計算問題も多いですが、基本的な問題は過去問を何度も解くといくつかのパターンがあることに気付いたので、しっかり理解しながらそのパターンを覚えていきました。

◎苦手科目(数的処理)
 テキストに載っている例題の解法は完璧に出来るように繰り返し読み、理解しました。そして、過去問を毎日5問ずつ解き、慣れることで克服しようとしました。その際、時間をはかって、時間内に解けなかったら、解説を熟読するようにしていました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 母に勧められて、ライセンスアカデミーの公務員試験講座の説明会に参加した際に、私の質問にひとつずつ丁寧に答えてくださり、「ライセンスアカデミーなら、安心して勉強できそうだ」と感じ入学しました。実際に入学し、学習を進めていくうえで、勉強方法や進み具合など気に掛けてもらっていたので、安心して勉強を続けることができました。

合格まで印象深かった事

 印象深かったのは、二次試験で行われる個別面接の練習です。面接は決められた時間の中で自分をアピールしなくてはならないので、とても難しい試験ですが、ライセンスアカデミーでは、徹底した面接対策があり、とても心強かったと思います。お辞儀の仕方や入退室、話し方、応える内容、服装まで細かく見ていただいて、時には厳しい指導もありましたが、全てが合格につながり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

最後に

◎受験勉強を通して感じたこと
 私は2013年合格目標のコースでライセンスアカデミーに入学しました。しかし、来年の本試験のために場馴れしておきたい、出来るだけ早く合格したいという気持ちもあり、今年の試験も受験しました。受験するなら、合格する気持ちで本気で勉強しようと決め、勉強を始めました。本番まで時間もなく、主要科目の講義しか視聴できていなかったのですが、重要度や頻出度が細かく載っている過去問フォーカスを有効に使うことで合格できたのだと思います。受験勉強をする際に大切なのは、「費用対効果」です。公務員試験は特に科目が多いので、過去問を中心に、頻出論点に絞って勉強するようにしっかり計画を立てる必要があります。また、基本的な知識や理解だけでもしっかりできていれば、合格につなげることができると受験を通して感じました。

◎具体的勉強法
 私は、過去問集を中心に学習を進めました。この方法で、憲法や行政法・民法・政治学・経済学など、暗記事項の多い科目も効率良く学習できたと思います。
 また、文章理解や数的処理は、問題に慣れることが大切だと感じたので毎日無理のない範囲で過去問を解きました。文章理解は得意だったため、1日置きに1問。数的処理は苦手だったので毎日5問程度を基礎的な問題だけ解いていました。

◎終わりに
 公務員試験は科目数が多く、小論文や面接も重視されるので辛いと思います。でも、見方を変えれば「今まで勉強したことのない科目を学べる機会、今まで勉強したことを活かせる機会、自分自身をよく知る機会」だと思います。私は初めて経済学や民法を学ぶことができ、楽しく感じながら勉強できました。本番ではそれが結果につながり、面接でも伝えたいことをしっかり伝えられたと思います。これも全て、分かりやすい講義や教材、徹底された面接指導のおかげだと思っています。ライセンスアカデミーに入学して良かったです。本当にありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • T・Sさん(23歳・男性)
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 小学6年の時に消防署一日体験に参加したのをきっかけに消火活動や救助活動に従事する消防職への魅力を感じ、将来は消防士として働きたいと思いました。
 また、前職時代に、消防士と一緒に仕事をする機会があり、大規模火災から街の安全安心を守った消防士の姿を目の当たりにし、消防士への夢を再認識しました。
 そして、一日でも早く消防士になるために前職を退職し、生まれ育ったいわき市の安全・安心を守り、市民に貢献したいと思い、いわき市消防職を受験しました。

公務員試験の傾向と対策

 いわき市は問題の難易度が高いため、事前に同難易度の公務員試験を受験し、試験慣れをすることをおすすめします。(特別区、東京消防庁、日立市など)
 本試験では時間の使い方が重要になります。数多くの問題を解いて、一番自分に合った答えの導き方を探しましょう。
 二次試験は、集団討論、面接は、スタッフの方々に指導して頂けます。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 先輩の薦めでまず体験入学をし、学習環境が充実していることから入学を決めました。私は学生時代に、別の予備校に通っていましたが、ライセンスアカデミーはスタッフの方々がとても親切に接してくれます。また、集中して勉強できる環境がとても充実しており、面接や集団討論の練習は納得がいくまで指導して頂けるので大きな強みになります。私はライセンスアカデミーでの勉強やご指導のもと合格することができました。ありがとうございました。

合格まで印象深かった事

 一日一日が印象深かったのですが、特に、面接練習が印象深かったです。
 面接練習は、礼儀作法や適切な受け答えの仕方をスタッフの方々が指導してくれました。私は何度も面接練習をしましたが、最初の方は、何も考えずに、自分の主張ばかりを面接で言っていましたが、その場に応じた臨機応変な答え方をするよう指導され、面接練習を重ねるごとに、絶対に合格するという気持ちが高まり、本番では、今までの中で最高の面接をすることができました。

最後に

 ライセンスアカデミーは、自分のペースで勉強できるメリットがあり、集中して勉強できる環境が整っています。また、ライセンスアカデミー内での自分の順位がわかることから、他の人には負けたくないという強い気持ちが芽生えます。
 私が薦める勉強方法として、問題集を何度も繰り返し解くことです。問題集を解きながら覚えていました。直前期は、ひたすら暗記科目をやり、たまに数的処理をするなど、自分の得意科目を中心に行っていました。
 私の経験から言える合格の3つのポイントは
  1.規則正しい生活をし、勉強に専念すること(試験は日中に行われるから)
  2.メリハリのある生活をし、勉強する日と勉強しない日を決める。(私は月曜は完全にオフ)
  3.模試の結果にとらわれないこと(模試ができなくても、本番にできれば良い)
 本試験で注意すべきことは、まず、ベストな体調を維持することです。これはスポーツと同じで、試験の日にベストなコンディションにすれば、高いパフォーマンスを発揮できます。
 次に、自分の世界に入り、集中力を保ちましょう。本試験は、自分との戦いになります。相手と勝負するのではないです。問題の解き方としては、解ける問題から解き、解けない問題は後で解くようにすると確実に点数が取れると思います。
 本試験を振り返ると、本年度のいわき市の難易度は高かったと思います。しかし、それは、他の受験者も感じていることだと思います。自分の力を信じて、いつも通りの気持ちで臨みましょう。
 受験勉強を終えて感じたこととして、やはり葛藤がありました。私は無職でしたので、自分の選んだ道は本当に正しかったのか悩みましたが、自分の力を信じ、そして自分の信念を貫きました。努力すれば結果は必ず報われるということを改めて実感しました。また、運も実力のうち。本年度合格できたことは、運もありました。
 これからは、いわき市消防職員として、多くの市民の安全・安心を守り、生まれ育ったいわき市に貢献します。また、私の目標である救助隊員に一日でも早くなれるよう、日々精進いたします。
 私はライセンスアカデミーに入学し、多くの方々に恵まれ、勉強していく中で、自分自身成長することができました。スタッフの皆さん本当にありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • A・Kさん(24歳・女性)
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 一番の理由は、自分の大切なふるさとの復興のために働きたいと強く思ったからです。また、学生時代に「多文化共生」について考える機会が多くあり、このようなときだからこそ、人種や文化背景を越えて、人々が協力しあっていけるような、未来にむけてのまちづくりをしたいと思い、志望しました。

公務員試験の傾向と対策

 (一次試験)教養・専門の筆記試験でとにかく科目数が多いが、苦手な科目のなかにも、必ず得意な分野はあるはずなので、ひと通りやってみることが大事。
 (二次試験)適性検査・小論文・集団討論・個人面接があるが、ライセンスアカデミーでの対策をしていれば大丈夫。しかし、完全に頼るのではなく、自分で情報収集をしたり、不安なことは質問したりするなど、積極的な姿勢をもつことを忘れてはいけない。

公務員試験の学習方法

 得意科目は文章理解、憲法、行政法、政治学、その他暗記系科目。これらの科目は、問題集の応用編を積極的に解いていくようにした。科目数がとても多いので、Aを勉強したらBを忘れてしまうということがよくある。焦ることもあるが、そこは冷静に知識を定着させるしかない。
 苦手科目は数的処理、ミクロ・マクロ経済学。もともとあまり数学が得意ではなかった。これは全く別の学問なのだと思い込み、取り組んだ。問題を解いていると、なかにはどうしても分からない問題もある。そのときはもう割り切って、これが出たらやらないと決めていた。その分、他のところで点をとろうという考えでやっていた。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 1.勉強しなければならない専門分野の方は今まで一度も手のつけたことのないものばかりで、独学では難しいと思ったから。
 2.集中して勉強できる環境がほしかったから。ライセンスアカデミーに通うことで、生活にメリハリができ、オンとオフの切り替えもしやすかった。自分を強制的に勉強する環境に追いこむことができたのがよかったのだと思う。

合格まで印象深かった事

 受験勉強をしていく中で一番重要だと思ったのは、モチベーションを保つことである。公務員試験は自分との戦いであり、めげそうになったこともあった。そんなときには、なぜ自分がこの道を選んだのかを自問自答し、強い気持ちを再確認することでまた前に進んでいくことができた。

最後に

 最後に試験を終えて思う事があります。これまで私は、公務員試験合格だけを目標に勉強してきました。しかし今ふりかえってみると、その他の様々な面で自分が大きく成長できたのではと感じます。苦手を少しずつ克服していくことで、やればできないことはないと気づき、2次試験の練習を通して笑顔や言葉の大切さを学びました。これらのことは今後もきっと役立つことでしょう。これからは自分の愛するふるさとのため、初心を忘れず精一杯働いていきたいと思います。最後になりますが、これまで私を支えてくれた家族やアカデミーのスタッフの方々にはとても感謝しています。今、勉強をしているみなさんも、これからはじめるみなさんも自分を信じて、周囲に対する感謝の気持ちを忘れずに前向きに進んでいって下さい。応援しています。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Mさん(25歳・男性) 西郷村役場合格
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

 人のために働ける職業に就きたいという思いを突き詰めて考えた時に全ての業務が人や社会の為に繋がる公務員になりたいと思い受験を決めました。

公務員試験の傾向と対策

 私は高校受験や大学受験の勉強を、まともにした事がありませんでした。ですので教養科目と専門科目合わせて30科目程あると知った時には愕然としました。しかし公務員になるという思いは揺るぎませんでしたので予備校をフルに活用して継続して勉強をしました。具体的にはDVDを一度見て後は過去問フォーカスを繰り返し解いていくやり方です。過去問を解く事が重要です。講義の中でも先生方は過去問フォーカスの問題だけで十分に試験に対応できると言っていますので、市販のテキストを併用して学習を行う必要は無いと思います。

公務員試験の学習方法

 とにかく科目数が膨大ですので計画を立てて学習を進めていく事が大切です。最重要科目である数的処理は午前中の学習の始めに毎朝解きました。その後に自然科学か人文科学、午後からはDVDを見たり専門科目の時間に充てました。公務員試験は考える科目よりも覚える科目の方が多いので、とにかく過去問フォーカスを繰り返し聞きます。効率良く学習する為に捨て科目を作るのも一つの手です。憲法やミクロ、マクロ経済、民法、行政法等、講義の数が多いもの程、重要科目だというのはおのずと見えてくると思いますので、その他の数回しか講義が無い科目については他の科目で補えたり重要科目の勉強時間に充てられるという利点が生まれてきます。要領良くこの膨大な科目の勉強をこなせるかどうかという所にも公務員としての資質が問われているのかもしれません。

ライセンスアカデミーに入学した理由

 インターネットでライセンスアカデミーを知り、電話で問い合わせた所、当日に見学と体験学習をさせていただいた事が入学を決めたきっかけです。個別のブースで自分の都合の良いペースで勉強できそうだったので入学を決めました。

最後に

 一次試験の筆記試験の勉強は個人ブースで学習する事で、家で勉強するよりも遥かに集中して出来たと思います。私が最終合格した西郷村役場の二次試験では、小論文とグループディスカッション、個人面接がありました。この二次試験の対策においてライセンスアカデミーでは、熱心に指導していただけたと感じています。グループディスカッションの練習も機会が有れば何回でも出来ましたし特に面接の指導では面接カードの作成から何度も添削していただき、本番の面接を想定し繰り返し納得いくまで練習をする事ができました。面接の対策は独学では、まず不可能だと思います。姿勢から声の出し方、回答の内容まで、ここで指導していただけなければ最終合格は勝ち取れなかったです。本番でも練習の成果を、そのまま発揮する事ができ、私は最後に受けた試験で合格を手にする事が出来ました。「絶対に受かりたい」と思う気持ちを持ち続け、諦めなければ、何かしら道は開けてくると思います。指導していただいた福島校の先生方には大変、お世話になりました。ありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Mさん(28歳・女性) 若松市役所上級・湯川村役場合格
  • 職業:事務職
  • 受講コース:教養科目マスターパック

公務員を目指した理由

任期付職員として働いていた中で住民を様々な面からサポートしていく公務員という仕事に興味を持った為

ライセンスアカデミーを選んだ理由

友人がライセンスアカデミーで勉強して合格した話を聞いて決めました。
今まで独学で取り組んでいましたが苦手科目や面接対策に限界を感じ、入学を決意しました。

公務員試験の学習方法

綿密に計画を立て、全ての科目を網羅するようにしました。
今までは捨て科目という全く手を付けていなかった科目でも試験には基本的な部分が出ている事もわかりどの科目も一通りやってみるべきだと感じました。
本番を想定して時間を計りながら自分のペースもつかみました。

最後に

集団討論などは本当に不安で練習に参加し、数をこなすことで雰囲気をつかみ、本番では落ち着いて取り組む事が出来ました。
面接対策はとっさに答えるのが苦手だったので事前に想定質問に対して全て答えを考え何度も面接練習をお願いして慣れるよう練習しました。
この受験を通して大切だと感じた事は事前準備をしっかりする事、周りに頼る事、その場その場を悔いのない様にしっかりやる事だと思いました。
最初から最後までずっと面倒を見てくださったスタッフの方々には本当に感謝しております。
一人ではきっと乗り切れなかったと思います。
本当にありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Yさん(23歳・男性) 福島県警察合格
  • 職業:無職

公務員試験(福島県警察)を受験した動機

私が福島県警を受験した動機は、公務員だからという理由と、福島県出身ということで、他県や国家よりも福島県のために働きたいと思ったからです。

福島県警察の傾向と対策

県警の一次の対策としては、基本事項を理解することだと思います。専門試験に限って言えば、法律系科目、経済系科目とも、地方上級、国家公務員II種のような問題は、過去問が1、2問出題される程度であとは、基本事項を問うものが出題の中心であり、講座を受講していれば手も足も出ない問題は無いと思います。
二次(面接等)対策は、一次試験で頭がいっぱいだった私にとっては、とても苦労しました。特に面接対策は、重要であると感じました。日頃、勉強で人と口を利かない私にとって「思う」「感じる」ことはできても、それを「話すこと」がこんなに難しいことだとは思いませんでした。ライセンスアカデミーのスタッフの方に面接指導をしていただき、できるようになりました。面接対策をするのであれば、実際に人と向き合って話してみることが大切だと思います。面接を受けてみて、面接官が質問する内容は、難しいことはありません。ただし、本当に県警に入りたいのかを、質問を換えたりして、聞いてくるので、動機は、しっかりしておいた方が良いと思います。

公務員試験の学習方法

得意科目は、講座に添って頻出条文・判例を理解し、受講時配布された過去問を解いていきました。選択肢の1つでも悩んだ問題は、不正解とみなし、メモ用紙にどこでどのように悩んだのかを書き込み、2日おきに同じ問題を解いていきました。こうしていくことで、ケアレスミスと理解不十分な所が明瞭となって復習の際に役に立ちました。
一方、苦手科目の経済原論と数的処理は、法律のように幅を広げず、講座の初期の内容理解に努めました。経済原論(ミクロ編)は初めのうちは意味がわからず、だが受講を進めてみると、意外と過去問が解けるようになっていました。得意科目の正誤をはっきりさせる勉強法が障害となって、理解するまでは前に進まないという意識が障害となっていたのでその意識を転換できたのが良かったのだと思います。

ライセンスアカデミーに入学した理由

私は以前、独学で勉強していました。各種試験の傾向や対策は、大まかに把握していたのですが、今から考えると、独学期間というのは、ただ漠然と勉強していたと思います。 そんな中、父からライセンスアカデミーを紹介され、入校しました。私が一番驚いたのは、テキストの薄さです。過去問や本試験問題を問いて実感できましたが、どの科目とも、本当にこの薄さでここまでカバーできるのかと感心させられました。

最後に

私は独学で試験に臨み、勉強したところなのに解けない問題が多くあったと記憶しています。このことは即ち、出題傾向・分析等は行うがあいまいであるが故に、頻出事項等の要点に沿った勉強ができていなかったのだと思います。講師陣を信じ、講座に沿った勉強をしていけば、特定の科目に勉強時間を集中させてしまう等の、自分に甘い勉強から抜け出すことができると思います。私のような勉強方法にくせがある場合、通学が効率的であると実感できました。
私は、入学したのが4月頃だったので本試験まで半年ありませんでした。苦手科目でも、必須解答の数的処理・経済と、得意科目の法律系科目をより重点的に、得点できるところから確実に稼ぐ勉強をして、手をつけていない分野(自然科学、歴史等)は、まったく手をつけませんでした。最終的に全て終えることができませんでした。
試験直前は先に進まず基本からもう一度勉強しなおしました。これがよかったのか、ほぼ同じ内容の出題が6題あり、絶対に得点するという気持ちが一次合格につながったのだと思います。根拠のない精神論と聞こえたかもしれませんが、自信をつけるということはとても重要で、ある科目ができるようになると、違う科目もできるはずと勉強の質がかわってくると思います。
2次の面接については、ライセンスアカデミーの方もおっしゃっていましたが、なぜ緊張するのかといえば、それは準備不足によるものです。質問に対する答え・服装等の準備をして一通り面接練習をやり自信をつければ、本番は意外と冷静に受け答えができますし、面接官がどんなタイプを演じているかもわかるようになります。緊張しやすい人は準備万端で臨めるようにするとよいと思います。
公務員講座の講師の方々の的確な分析と指導のお陰で、中途半端なレベルの私が合格することができました。当講座は受験するに当たって本当に有益でした。またライセンスアカデミーのスタッフの方には、面接指導を暗くなるまで、懇切ていねいに指導していただいたお陰で最終合格することができました。私はライセンスアカデミーを選んで本当によかったと思っています。本当にありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • E・Aさん(23歳・女性) 福島県庁合格
  • 職業:無職

公務員試験(福島県庁)を受験した動機

公務員という仕事が、自分の性格に合っていると思い、志望しました。県職員を志望しましたのは、県内で働きたかったからです。

福島県庁(地方上級)の傾向と対策

科目数がとにかく多いので、時間配分に気をつける事です。出題数の多い科目を重点的に学習し、また、苦手科目で、出題数が少ないのであれば深入りせずに、得点できそうな科目に学習時間をあてるのも方法だと思います。それと問題集はあれこれ手を出さずに、過去問集を繰り返し解いた方が良いです。面接対策は、自己分析をしっかりして、これまでの経験を具体例として話せるようにしておくのと、件の行政や時事問題に日頃から関心を持ち、自分の考えを話せるようにしておくことが望ましいです。面接や集団討論は慣れが必要だと思うので、ライセンスアカデミーのスタッフの方や、友人なりと、練習を重ねておくべきだと思います。

公務員試験の学習方法

問題集で、間違いの選択肢を赤ペンで正しい答えに直し、正解の選択肢をオレンジの蛍光マーカーでチェックする作業をしました。次に解くときは、赤いシートで覆うと、書き込みがみえません。直前期に再確認する際に効率よく出来ると思います。

最後に

私は県庁の試験を3回受けていますが、怠けしまう自分を葛藤の日々で、希望していたところに入れず、再度受験することを決意しライセンスアカデミーに入学しました。ライセンスアカデミーのスタッフの方々や、そこで出会った人達に支えられて、ようやく合格することができました。心から感謝しております。 私のような怠け癖のある方には、計画を立てて学習することをおすすめします。計画は長期と短期と2つ作ります。長期計画は、何月までに専門科目を終らせて、何月から教養科目を重点的にやるなどという具合です。短期計画は、1日に専門科目3科目を15問ずつ解き、また教養科目の判断推理等を1.5時間やるというように、数字を具体的に盛り込みました。こうすることで、バランスよく学習でき、また、達成感が得られました。
ここで大切なのは、毎日続けられそうな分量の計画を立てることが続けられるコツだと思います。もう1つは、必ず予備日と、休息日を作ることです。予備日とは、計画通りに進まなかった分を消化する日と、休息日には遊ぶ予定を入れておいて、それを励みに勉強を頑張るといいと思います。
合格するまでに長い年月を要しましたが、ようやく目標としていたところに辿り着けました。努力すればきっと報われると思うので、悔いの残らない1年になるように、どうか頑張って下さい。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Oさん(22歳・男性) 郡山市役所合格
  • 職業:無職
  • 受講コース:公務員 100日マスター地方上級・国家一般職・市役所併願コース(A)

公務員試験を受験した動機

人の役にたつこと、人から感謝されることをやりがいとして仕事をしていきたいと思ったときに、まっさきに公務員が思いうかび、受験を決めました。

公務員試験の傾向と対策

現役の時に1度受けました。
筆記試験については、自分の勉強不足も原因ですが、専門試験、教養試験共に難しく感じました。細かいところまで聞かれていたので、正確な知識が必要でしたからDVDの講義をしっかりやるようにしました。面接については、毎年同じような質問がされていたので、面接カードに沿った内容をはじめ、数多くの面接練習をしていただき、本番では詰まることなく受け答えすることができました。

公務員試験の学習方法

基本的な勉強方法は、DVDを見て、その日のうちに見た内容を問題集で確認し、余った時間で過去に勉強した部分の復習を行うといったものです。
私は、周りよりもスタートが遅れてしまい、1次試験まで時間もなかったので、得意科目、苦手科目で特に勉強方法を変えることはしませんでした。ただ、より得意科目に重点を置いて勉強しました。また、数的処理については、問題数をこなす必要があったので、ほぼ毎日、午前中に時間を取って問題集の問題をできる限り解くようにしていました。

ライセンスアカデミーとの出会い

ライセンスアカデミーを知ったきっかけは、家に入ってきた広告の記事を見たことでした。そこからHPを見て、ライセンスアカデミーの紹介や、先輩の合格体験記などを通して、実際に足を運んでみようと思いました。

ライセンスアカデミーに入学した理由

私がライセンスアカデミーを選んだ理由は2つあります。1つ目は、手厚い面接指導です。個人面接だけではなく、集団討論についても数多くのテーマで何度も練習の機会をもうけていただきました。2つ目は、DVDによる講義だということです。個別のブースに分かれているため、集中が途切れることなく勉強することができました。また、内容が頭に残りやすく、過去に勉強した内容の復習も、苦労することなく行えました。

最後に

私は、1次試験まで80日を切ってから入学しました。そのため不安も多く、本当に合格できるのか、と思うことも多々ありました。しかし、そのような時でも、ライセンスアカデミーの方々に親身になって相談に乗っていただき、やるしかない、という気持ちになりました。
1次試験までは、時間との戦いでした。周りのライバルよりも勉強時間は圧倒的に少なく、その中で合格するために、個別のブースが使える時間はフル活用し、家に帰ってからもなるべく勉強の時間を取るようにしました。今年は、例年よりも採用人数が多く、また、受験人数も少ないという運にも助けられ、無事に1次試験を突破することができました。
2次試験では、ライセンスアカデミーの方々に本当にお世話になりました。毎日のように個別面接の練習をしていただき、最初、全く受け答えできなかったのが、本番ではスムーズに受け答えすることができました。また、様々な種類の質問をしていただいたので、本番で答えに窮することもありませんでした。礼儀作法についても、声の出し方から教えていただけるので、安心して本番に臨むことができました。集団討論についても、数多くのテーマで、何度も練習の機会を設けていただき、コツをつかむことができました。本番でも、自分の中で、満足のいく成果を出すことができたと思います。さまざまな方からの応援、協力、支援があり、無事に2次試験も突破することができました。
私は、期間こそ短かったですが、ライセンスアカデミーを選んで正解だったと思います。共に公務員を目指す仲間と切磋琢磨しながら、楽しく勉強を進めることができました。そして何より、短期間でも無事に結果を出すことができました。ゼロから全面的に協力、支援して下さったライセンスアカデミーの方々には本当に感謝しています。ありがとうございました。また機会があれば、ライセンスアカデミーにお世話になりたいと考えています。その時はよろしくお願いします。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Tさん(24歳・男性) 福島県警特別募集合格
  • 職業:無職
  • 受講コース:公務員 地方上級・国家一般職レベル併願総合コース

公務員試験を受験した動機

大学を卒業して福島県に帰ってくることになり、安定していて将来に不安の無い公務員を選びました。

公務員試験の傾向と対策

基本的にはDVDを見てノートを作り復習を繰り返していました。その他に、一年を通して集団討論の練習や二次試験前に重点的に面接の練習を行い、それが結果に繋がったと感じています。

公務員試験の学習方法

得意科目はDVDと問題集のみ。
苦手科目はDVDと問題集はもちろん、ライセンスの本棚にある科目別問題集も利用して色々な角度からその科目を見たり、簡単な問題を多く解いて自信をつけました。
また、克服できない問題は深追いせず、捨て問題にして他の問題に重点を置きました。

ライセンスアカデミーとの出会い

母親が元々ライセンスアカデミーで宅建と社労士の資格を取得しており、強く勧められたのがきっかけです。

ライセンスアカデミーに入学した理由

自分自身のペースでしっかりと学習が出来て、DVDの授業も面白く、とても分かりやすかったからです。

最後に

自分は元々勉強が出来る方ではありませんでした。ですから、最初の頃は試験に合格出来るかとても不安でした。しかし、学習を進めていくうちにだんだんと問題が解けるようになっていき、自分の実になっていることに気付きました。授業もDVDなので自分のペースで学習することが出来、分からない所も質問票を出したり、繰返しDVDを見て理解を深められました。
また、集団討論や面接の練習も多くやってもらい、本番ではとても役に立ちました。エントリーシートの添削なども手伝ってもらい、自分一人では作れないクオリティーに仕上げることが出来ました。
一年間で学習はもちろん、様々な面でレベルアップすることが出来ました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Oさん(22歳・男性) 福島市役所合格
  • 職業:学生
  • 受講コース:公務員 国家一般(大卒程度)

公務員試験を受験した動機

安定した職に就きたかったからです。もちろん、面接ではこのようなこと言っていません(笑)

公務員試験の傾向と対策

まず、模試を受けた結果、偏差値等が高くてもそこで満足してはいけません。実際の試験では何が起こるかわかりません。私も模試を受け、結果が良かったときがありましたが、実際の試験ではボロボロでした。つまりは、常に現状に満足せず勉強をすすめていくことが大事であるということです。また、当たり前のことですが、模試よりも本番の方が難しく、教養、専門に限らず時事問題が多く出ます。なかなか点数が上がらず、悩んでいる方は時事問題対策を行ってみるのも良いと思います。

公務員試験の学習方法

得意科目はさらっとで良いと思います。問題なのは苦手科目です。ただこの苦手科目は、自分の中で苦手だと思い込んでいるだけで、実際ちゃんと勉強してみると、「なんだ、そこまで難しくないじゃん」と思えるかもしれません。それでもダメなときは、せめて過去問だけやりましょう。公務員試験の科目全般に言えることですが、教科書を最初から最後まで暗記するということはしません。過去問から傾向をつかみ、対策を練るのが公務員試験の勉強方法です。私はそのようにして苦手な科目と向き合いました。

ライセンスアカデミー、○○先生との出会い

ライセンスアカデミーでは、すべての職員が私たちの勉強をバックアップしてくれます。

ライセンスアカデミーに入学した理由

始めはネットで知り、その後資料を頂き、ここは良さそうだと思ったため入学しました。

最後に

私は、大学職員→国税専門官→国家公務員一般職→県庁→市役所という流れで試験を受けました。結果は市役所以外すべて一次試験不合格というモチベーションの下がるものでした。しかし、最後の市役所だけ最終合格まで進んだということからわかるように、最後まで決してあきらめてはいけないということを強調します。一次試験不合格という状況が続くと投げ出したくなるでしょう。私もそうでした。しかし、頑張ったら頑張った分だけその成果が現れます。それが早いか遅いかの違いです。今これを読んでる方が、もし私と同じ不合格という状況が続いている方でしたら、一言言わせて下さい。決してあきらめないでください。昨日の失敗を気にするのではなく、明日の成功のために努力しましょう。私は応援しています。

最後に、
 エラそうなこと言ってすみませんでした…それと字が汚くてすみません…

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • R・Sさん(22歳・男性) 福島市役所合格
  • 職業:学生
  • 受講コース:公務員 国家一般(大卒程度)

公務員試験を受験した動機

これまで福島市で生活してきて、中心市街地の空洞化や高齢化に対して何か対策をとりたいと考え、市役所を受験しました。昨年の震災からの復興に携わりたいという思いもありました。

公務員試験の傾向と対策

<一次試験>
筆記試験になります。教養試験は過去問集を解いていれば大丈夫でした。専門試験は過去問通りとはいかない部分もありました(経済など)落ち着いて考えれば答えが出せるものが多かったように思います。過去問の解き方を暗記するだけでは難しいかもしれません。
<二次試験>
面接×2、体力、適性になります。面接は時間が短いので、内容だけでなく元気のよさなど印象が大事です。

公務員試験の学習方法

私は法律や経済に関してはほとんど大学で学んでおらず、専門科目は全体的に苦手でした。これらの科目は単純に、講義のDVDを見る→過去問集をひたすら解くことで対応しました。間違った問題は完璧になるまでくり返し解いていると、本試験までにはかなり解けるようになりました。(特に一か月前はかなり詰め込みました)
教養試験は特に苦手意識はなかったので、知識のない歴史、地理はしっかりとDVDを見て、あとは専門試験の勉強の息抜きに過去問を解いていました。
得意な科目は解いていても楽しいので、苦手な科目はDVDを念入りに見たり問題を解いたりし、息抜きに得意な科目を解くのが良いと思います。

ライセンスアカデミーに入学した理由

大学にも公務員講座はあったものの、夏休み前からきっちりとスケジュール立てがされていて自分のペースでできないので、ライセンスアカデミーに入学しました。
こちらでは自分にあったペースで勉強を進められ、どの科目に重点を当てて勉強するかも自由なので、より効率よく知識を付けることができました。

最後に

面接対策も充実していたのが非常に良かったです。最近の公務員試験では面接が重視されているという話があり、面接からが本番といっても良いと思います。ライセンスアカデミーでは何度も模擬面接をしてもらい、厳しく指導がしてもらえます。挫けずに続けていれば、本番はあまり緊張せずに面接に臨めるようになると思いますので、ぜひ活用して欲しいと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • A・Mさん(25歳・男性) いわき市役所
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

大学4年次に受験したが、1次試験で不合格となり地元の金融機関に就職し2年間勤務した。しかし、震災や原発事故を経験して自分が本当にやりたいことを考え直し、いわき市役所を受験しようと思った。

公務員試験の傾向と対策

いわき市は例年受験者数が多く倍率も高いが、記念受験的な考えで受験する人も少なくない。そのため、倍率の高さはあまり意識しなくてもよいと思う。しっかり勉強した人が順当に合格していく。
1次試験は、マークシートということもあり、マークミス、問題文の見落としがないよう、1点でも多く得点する姿勢を持つことが大事。
数的処理の問題が多いので、そこを得点源にできると有利。

公務員試験の学習方法

<得意科目>
大学で経済学部であったため、ミクロ・マクロの基礎知識はあった。講義で基礎知識をきちんと身に付け、その知識を使って試験で回答できるようにした。

<苦手科目>
昔から数学が苦手だったが数的処理と数学は別モノという意識で勉強した。最初から苦手意識を持つのではなく、新しい分野の勉強という意識を持つことで学習しやすくなった。

ライセンスアカデミーに入学した理由

公務員の勉強をするなら独学では難しいと思った。また、自分の性格上、自宅では勉強できないので、ライセンスアカデミーに来て勉強する場所に身を置くことで集中して勉強できた。
2次試験の対策が充実していることも入学した大きな理由。対策をスタッフの方が熱心に行ってくれる。

合格まで印象深かった事

2次試験の対策で何度も面接の練習をしてもらったこと。
対策のおかげで本番ではあまり緊張することなく臨むことができた。質問の内容も対策をしていなかったら答えられなかったと思うものもあった。

最後に

公務員試験の学習にあたっては、一緒に勉強する仲間や先輩など、情報の交換やモチベーションの維持をすることができる人の存在が大事だと思います。公務員試験の学習は長丁場になるので、公務員になりたいという思いを継続させるためには周りの人と話をすることが有効です。
また、集団討論のグループや、個人面接の控え室で知っている顔を見ると、それだけで緊張がやわらぎます。
本番では適度な緊張を持って臨むことが大事なので、自分にとっての適度な緊張とはどの程度なのかを理解していると、本番で自己コントロールをすることができます。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Sさん(22歳・男性) いわき市役所
  • 職業:無職

公務員試験を受験した動機

学生時代に、いわきに帰省する度にラトブやアリオスができ、マラソン大会が開催されるなど、いわきが進化していくことに関心をもち自分も街造りに携わりたいと思ったこと、地元で生活したいと考えていたことからいわき市職員を目指しました。

公務員試験の傾向と対策

<一次試験>
とにかく毎日、同じ時間机に向かうことから始めました。私の場合、学校が開いている間は机に向かっていました。最初は苦痛でしたが徐々に体が慣れてきます。ですので生活のリズムを作ることが重要だと思います。また、本試験を受験する際は併願することをお勧めします。本試験の雰囲気や実際の問題や時間配分等、普段の学習では得ることができないものを経験できます。
<二次試験>
まず情報を集めるために日頃から新聞、自治体のHP、広報等のチェックが必要です。いわき市の二次は小論文、集団討論、面接ですが全てにおいて役立ちました。
また、一次試験後で良いので自分の学校生活等を振り返り、経験したことをまとめると良いです。
これらをした上でライセンスアカデミーで模擬面接をしっかり行えば充分だと思います。

ライセンスアカデミーに入学した理由

理由は3つあります。
1.面接対策が充実している点
2.私の第1志望のいわき市役所の合格実績が高い点
3.自宅から通学で学習できる点
実際に通学してみると、この3つだけではなく、東京の本校の講義を受講できたり、スタッフの方の親身なサポートがあったり、同じ目標をもつ友人ができたりと多くのメリットがありました。

合格まで印象深かった事

ライセンスアカデミーの面接対策です。スタッフの方には毎日の様に遅くまでご指導していただきました。アドバイス1つ1つしっかりと聞き改善することで1回ごとに自分が成長していると実感でき、大変内容の濃い面接対策になりました。また、他の一次合格者と一緒に行うので多くの方からアドバイスをもらえますし、他の方の面接は非常に参考になります。その上、何度も面接対策を共にすることで、一体感を感じ『みんなで合格するんだ』とモチベーションを高く保つことができました。この面接対策で、当初、面接に苦手意識を持っていた私でも自信を持って本番に臨めました。

最後に

・2度目の受験
私は大学4年のときに公務員試験を受験し、失敗しました。
留年して、民間企業と公務員を新卒として受けなおすことも考えましたが、公務員は民間と違い新卒かどうかは重要ではないことから思いきって卒業し、公務員一本でいこうと決意しました。実際に合格者の中には既卒の方、民間企業を辞めた方、3度目の受験の方など様々な方がいらっしゃるので公務員試験において経歴そのものが大きくマイナスになることはないと思います。

・周りの方のサポート
私は2月に入校しましたが、ただただ不安でした。本当に今年合格するのか、このままずっと落ち続けたらどうしようという思いから勉強に集中できない日々が続きました。そういった中でスタッフの方の存在は非常に心強いものでした。学習面でのサポートはもちろん、相談すると親身に聞いて下さり、そのお陰で不安もなくなり勉強に集中することができました。
また、受験仲間の存在も大きかったです。一次の勉強で互いに教え合ったり二次の面接でアドバイスをもらったりといった面だけでなく、学校が休みの月曜日に集まって試験の反省会を行い、毎日の勉強のリズムを維持するのに役立ったり、ライバル意識をもつことでモチベーションを高めることができたりと互いに良い影響を与えることができました。
アルバイトをせず勉強のみに集中できる環境をつくってくれた家族、スタッフの方、友人全ての方々のサポートがあったから合格できました。本当に感謝の気持ちで一杯です。

・さいごに
1年目の失敗の原因は完全に努力不足だったことです。なので2度目の今回は後悔のないように、一次二次共に必死にやりました。ライセンスアカデミーには合格のためのサポート体制が充分に整っています。あとは受験者のやる気が重要だと思います。ライセンスアカデミーの全てを活用するつもりで頑張って下さい。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • T・Yさん(26歳・男性) 国立大学法人、いわき市役所、警視庁事務合格
  • 職業:無職

公務員を目指した理由

いわき市内での就職を希望していたため

ライセンスアカデミーを選んだ理由

インターネットでライセンスアカデミーを知りました。説明を受け、独学よりもずっと効率的に勉強が出来そうだと思い入学しました。

学習方法

私は、人文科学の勉強経験がなく、非常に苦手な科目でした。捨ててしまって良いものか悩んでいましたが、教養試験では自然科学よりも出題傾向が絞れそうだと判断し、時間を費やしても勉強する事に決めました。
勉強方法は、まず教材の過去問をやりながら、どこをどのように問われるのかを確認しました。過去問を解き、紙にまとめたりするのに要した期間は、1週間から10日ほどで思ったよりも早く結果もついてきました。人文科学を敬遠して悩んでいる方も、実際に覚悟を決めて勉強をしてしまった方が、意外に気が楽になるように思います。

最後に

私は、講座の教材のみですべて学習しました。数学や人文などでは他の参考書もやることを考えましたが、結局講座の過去問を重点的に学習しました。
教材は頻出箇所が良くまとめられて良いものだったと思います。

受験した感想では、もし過去問とテキストをすべて暗記していたら、おそらくどの試験でも通るのではないかと思います。とにかく試験当日に上記の内容を忘れていない事が重要です。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • T・Aさん(24歳・男性) 福島県警A、いわき市役所、警視庁合格
  • 職業:アルバイト

公務員を目指した理由

子供のころから警察官と消防官のように、命がけで安全や安心を守り、人から感謝される職業に憧れを抱いていました、

ライセンスアカデミーを選んだ理由

前年に独学で勉強して受験しましたが失敗しました。そのため今年は本気で勉強して絶対合格したと思い、実績のあるライセンスアカデミーを選び入学しました。

学習方法

基本を身につけるのは当然ですが、難易度の高い過去問もなるべく繰り返し解くようにして、応用力も身につける事が非常に大切だと思います。小論文は実際に書いて添削してもらい、色々なテーマについて書いて見ると良いと思います。

二次試験の集団討論と個人面接は、ライセンスアカデミーのロープレを受ければ、何の心配もなく乗り越えられます。体力測定は厳しいので普段から体力をつけておく必要があります。

最後に

私は昨年まで独学で勉強していましたが、やはり本気で合格したいと思ったら、独学だけでは限界がありました。ライセンスアカデミーに入学して、とても分かりやすい講義や、集中しやすい環境の中で勉強でき、大幅に各科目の理解度が上がりました。二次の面接対策も大変熱心に行っていただき、自信をもって面接に臨むことができ他の受験生とは違う好印象を与える事が出来ました。

私が受験先すべてから最終合格を頂けたのは、この面接対策があったからこそだと思います。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • K・Sさん(24歳・男性) いわき市役所、楢葉町役場、福島県警A、国立スポーツ科学センター合格
  • 職業:アルバイト
  • 受講コース:公務員 上級パーフェクトコース

公務員を目指した理由

今まで得てきた経験や体力等を生かしたいと思ったから。以前勤めていた仕事では得られないやりがいを求めて受験しました。

ライセンスアカデミーを選んだ理由

実家から通学できるところに学べる場所があったこと

学習方法

一次対策については、私の場合教養(特に知能系)を午前中に、専門を午後に行っていました。試験がそのようなタイムテーブルで行われることと、疲労のある中での知能対策は非効率だと感じたからです。
それに加えて、問題集の出来ない問題を洗い出し、出来なかった理由と解決に全力を注ぎました。
ラスト2か月からは苦手ノートを作成し、最後の一週間はこれのみを行いました。
これで精神的にも安心を得られ、本試験にも腰をすえて臨むことが出来ました

繰り返しが大切です。あきらめないことが一番大事です!

面接は・・ライセンスアカデミーでやれば大丈夫です。
やってみれば分かります。他の公務員系の試験でも同様です。

最後に

あきらめないこと。これに尽きます。
不安も大きいと思いますが、合格した後の希望をもっと大きく描いて、一日一日を大切に過ごして下さい。
サポートしてくれる家族や、応援してくれる友人、的確なアドバイスをしてくれるライセンスアカデミーのスタッフの方々の力を、自分の学習意欲へ向けて頑張ってください。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ

公務員(国家一般(大卒程度)・地方上級)

  • Y・Mさん(22歳・男性) (いわき市役所上級 行政事務、国家一般(大卒程度)、東京特別区上級、独立行政法人 福島大学、独立行政法人 東北大学)
  • 職業:無職
  • 受講コース:地上・国Ⅱパーフェクトコース

公務員を目指した理由

私は、もともと教師になろうと思っていましたが、介護体験というものを通して子供から高齢者まで様々な世代の方と関わっていく仕事がしたいと思うようになりました。
そして、そのような仕事ならば市役所や県庁などの公務員だと考えるようになりました。より身近で市民と向き合うなかで、スポーツや観光を通して地域活性化をしてみたかったので、市役所を志望するようになりました。

ライセンスアカデミーを選んだ理由

最初は友人の親から聞いて知りました。そして、体験入学しに行きスタッフさんの対応が良く、自分がいくら失敗してもこのスタッフさん達ならば見離さないだろうと勝手に思い込み、入学を決めました。
一次試験は自分次第だと思っていたので、面接対策をみっちり行ってくれると聞いていたので不安はありませんでした。そして、思ったとおり素晴らしい面接対策をして頂き、評判・予想以上の予備校でした。 

学習方法

一般的にみんなが苦労する科目について述べようと思います。まず経済原論ですが、講義の後すぐに過去問を解くという習慣を付けていくことが初期の段階では大切です。あまり難しく考えすぎず、問題が解けるようになればよいのです。そのためには、経済原論は毎日やると効果的で、そうしていくといつのまにか得意科目になり、自分の得点源にすることができます。
次に、民法・行政法・憲法などの法律系ですが、民法は問題の量が膨大なので過去問全てに手をつけると終わらなくなります。最初はりきって全部やろうとするのでなく、基本問題だけを一通りやっていくのがベストでしょう。行政法は過去問が薄くやりやすいので、問題集を4・5回繰り返しました。ただ、本番では知らない知識が多くでるので、問題を解くだけでなくテキストも何度も読み返すことも必要になってきます。
最後に、受験生の悩みどころ「数的処理」ですが、私は常に7割弱を取れるよう、これでもかというくらい問題集を繰り返していました。そうすると、模試や本番で解いてよい問題と時間がかかるので解いてはいけない問題の区別ができるようになっていました。これができるようなると、合格ラインまでは達することが出来ると思います。

最後に

私は、一年目は独学でやっていて失敗し予備校に通うことにしました。落ちたときは非常に悔しかったですし、何より応援してくれた友人や家族に申し訳ない気持ちでした。二年目は絶対合格するという強い意思を持って学習に取り組みました。

それから、学習期間中、一番心がけていたことは「人としっかり接する」ことです。筆記試験に向けての学習時間だけでなく予備校のスタッフときちんと会話のやりとりをしたり、家族や友人とコミュニケーションを取ったりと常日頃からやっていくことが大切です。公務員試験はあくまで就職試験なので面接試験が鍵を握っています。普段から人としっかり接している人は、やはり面接に強いですし、そういう人は勉強もしっかりやっていて精神的に強いです。

公務員試験は、長期間にわたって学習するとともに、就職試験であるので面接や集団討論もあり大変です。しかし、努力し継続していけば必ず合格できる試験です。大手企業や司法試験などに比べて、「最も努力が反映される試験」ではないかと思います。だから、みなさんも自分を信じて最後まで走りきってください。

スタッフのみなさんには本当に感謝してもしきれないくらい、お世話になりました。毎日、何気ないスタッフの笑顔や会話に元気付けられたのを覚えています。面接対策も含めて、ライセンスアカデミーは日本でもトップクラスの予備校といっても過言ではありません。皆さん本当にありがとうございました。

「公務員試験講座(地方上級・国家一般(大卒程度)・警察官・市役所)」はこちら

ページTOPへ