行政書士講座

ライセンスアカデミー 行政書士 目指したのは「合格力」

行政書士 試験科目

  • 受験資格
    どなたでも受験可能です
  • 試験概要・試験日 (平年11月第2日曜)
    法令科目:業務に関し必要な法令などについて問われる。
    一般知識科目:業務に関する一般知識等について問われる。

ライセンスアカデミー 行政書士講座 非常識合格法 学習のポイント

行政書士試験の傾向と分析と、それに基づいた当校のカリキュラムのポイントをご紹介します。。

ライセンスアカデミー行政書士講座 合格のポイント1
6割できれば合格。
行政書士は、試験全体(300満点)では、6割(180点)正解すれば、合格できます。ただ、法令科目5割、一般知識科目4割の基準点をクリアした上で、全体で6割とる必要があります。
合格に必要な学習範囲を限定し、満点ではなく、合格点を目指します。
ライセンスアカデミー行政書士講座 合格のポイント2
法令科目を重視。
行政書士試験の受験科目は、法令科目と一般知識科目で構成され、約8割が法令科目からの出題です。
まずは法令科目の中でも主要3科目「憲法」「民法」「行政法」を攻略します。
ライセンスアカデミー行政書士講座 合格のポイント3
法的思考力・理解力
最近の試験では、各科目の出題範囲が広くなり、真に法的思考力や理解力を必要とする、法的思考力を問う問題が出題されるなど難化傾向にあります。当校では、学習する内容を全科目レベル別に3段階に分け、段階を踏んで学習を進めていきます。
ライセンスアカデミー行政書士講座 合格のポイント4
記述力・実践力が必要です
2006年度から導入された記述式試験。その重要度は増すばかりです。まさに記述式での得点力が合否のカギを握るといってよいでしょう。
ライセンスアカデミーへの行政書士講座資料請求はこちらから

ライセンスアカデミー 行政書士 合格者の声

ライセンスアカデミー 行政書士講座 非常識合格法

ライセンスアカデミー 行政書士講座 非常識合格法
行政書士試験は、総得点で60%(180点)取れれば合格できる!

 ただし各科目平均的に60%突破を目標とするプランで学習を進めず、「行政法」での高い解答力の醸成を目標とする学習ポートフォリオ(個人評価ツール)を組むことが短期合格につながります。

 法令等科目50%以上、一般知識等科目40%以上の基準を前提に、総得点で60%取れば合格できる行政書士試験ではあるものの、科目によって出題数には大きな差があり、かつ過去の科目別問題の難易度を見ても、得点の取りやすい出題がなされる科目とそうでない科目の差がある試験特性から、誤った学習範囲の選定を行い、誤った学習時間の配分で学習を進めてしまうと、短期間で合格力を養うことが難しくなります。点数の取りやい出題が多くかつ配点の多い「行政法」を重点的に学習を進める学習のポートフォリオを組むことこそが、短期合格を実現するポイントです。

 これにより、出題科目数の多い行政書士試験にて、無理なく、無駄なく、そして手付かずの科目を作らず早期に一通りの学習の完成でき、本試験までの間に高回転で反復学習をしていく時間の確保が容易になることから、効率的な合格基準点の突破力と高い総得点力が短期間で醸成でき、自信を持って本試験に臨んでいただけます。

3つの「合格のツボ」

 本試験を分析すると、学習範囲となすべき学習のウエイトが明らかとなり、「ローリスクーハイリターン」な学習ポートフォリオを組むことができます。

集中

合格安全圏となる7割(210点)を得点目標とします。
 この7割の学習範囲への絞り込みは、本試験分析のうえ正答率40%台までの問題の範囲としており、根拠あるデータから算出したものになりますので、自信を持って皆様にご提供させていただきます。

配分

重点科目(得点すべき科目)の反復学習を徹底。
 問題数も多く、比較的に点数の取りやすい(Aランク、Bランク)問題が多く出題される「行政法」に重点をおいて学習していただきます。

反復

重点科目(得点すべき科目)の反復学習を徹底。
 集中、配分による学習プランの組み立てから、合格に向けて得点すべき科目の反復学習が時間軸のうえでも取り組みやすいスケジュールになっております。

ライセンスアカデミー 行政書士講座
【集中・配分】学習範囲を絞り込み、その部分を徹底的に学習

 限られた時間を、戦略的に「民法」「行政法」の学習に配分します。

ライセンスアカデミー 行政書士講座
【反復】記述力を徹底的に強化する

 記述マスター講座ビルトインフォロー

 択一式試験の配点は、1問4点、記述式の配点は1問20点。記述式試験の配点は全300点中60点を占めており合否を分ける重要な試験と言えます。また記述式試験は、択一試験とも密接に絡んでおり、記述式試験対策をする事によって択一式試験で問われる知識の再確認もできます。

 記述マスター講座では、記述添削問題とその合格答案と減点答案を参考としてご提供させていただきます。これにより、他の方の切り口や解釈、思考プロセスを知ることができ、様々な角度から物を見る力が養成され、結果的に視野が広がり、実践力の養成につながります。

ライセンスアカデミー 行政書士講座
【集中・配分】一般知識対策は効率良く学習する
ライセンスアカデミー 行政書士講座

 一般知識等科目は、4割とれれば合格基準点をクリアできるのですが、範囲が非常に広い為、必要以上に学習時間を割いてしまうケースがあります。この科目はいかに効率よく学習できるかがポイントとなります。特に、情報通信・個人情報保護、文章理解は比較的学習もしやすく(範囲がさほど広くない)、点数も取りやすい科目ですのでここに集中して学習を進めていきます。

ライセンスアカデミー 行政書士講座
科目別「3WAY TEXT」 理解確認記憶
ライセンスアカデミー 行政書士講座
「科目別 3WAY テキスト」のココがすごい!
検索時間を排除!
学習時間は、条文を引く時間、条文に対応する過去問を探す時間、過去問を解いて理解するために、テキストを引く時間など検索時間も含めて学習時間になります。当たり前に感じている方もいらっしゃいますが、この調べる時間は生産性の低い不必要な時間です。ライセンスアカデミーの一体化テキストは、理解するため、記憶するため、確認をするために、テキストを開いた瞬間から合格するための時間に繋がる生産性の高いテキストです。
テキストだけで過去問548問を掲載!
平成18年試験制度変更時からのデータ分析により、基礎法学18問、憲法50問、行政法214問、民法92問、商法・会社法34問、政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護108問、文章理解32問(練習問題)を掲載。闇雲に問題を解くのでなく、何が重要か、何を記憶すべきかが明確になります。※問題数は、変更になる場合があります。
あらゆる学習レベルの方に対応!
初学者の方はまずは映像講義とテキストで基礎力を養成。次に過去問を解くことで、学ばれた知識が実際にどのように試験で出題されるかが確認でき、実践力を養成できます。また、本試験で条文がそのまま出題されることから、行政書士試験で必要な条文を抽出して掲載した巻末の条文集の確認や読み込みで、更に効果的に学習を進めることができます。学習経験者の方は、映像講義をすぐには視聴せずに過去問から学習をはじめ、理解が不足している論点だけを映像講義で確認、条文&判例を読み込む等もでき、これ1冊でどのレベルの方でも合格レベルまで力をつけることができます。
テキスト
合格必要得点範囲を単元別に編集!

 テキスト・過去問&判例・条文を一体化することで、大幅に効率的な学習が可能になります。持ち運びに適したA5サイズで、通勤・通学のスキマ時間も有効利用。「識(し)る」「解く」「調べる」の全てがコレ1冊で可能です。

見やすい2色刷り!
受講生の皆さんの声にお応えし、テキストの色が2色刷りになりました。重要論点がハッキリとわかるので、暗記力アップも間違いありません。
ライセンスアカデミー 行政書士講座
過去問&判例
単元ごとにセレクトした10年分の過去問を掲載!

 単元別インプットを終えたら、単元ごとにセレクトした10年分の過去問にトライしましょう。本試験の出題形式や傾向を知ることで、実践を意識しながら学習を進めることが出来ます。

ライセンスアカデミー 行政書士講座
条文
巻末に条文を掲載!

 法律を学ぶにあたって条文の学習は最重要テーマです。初めて法律を学ぶ方のために、大きく見やすいフォントで横書きのレイアウトを採用しました。何度も読み込んで正確な条文知識が身に付けましょう。

ライセンスアカデミー 行政書士講座

 

ライセンスアカデミー 行政書士講座 実力派講師陣

 「非常識合格法」を実践する、実力派講師陣。試験傾向や試験情報にも精通しているので、本当に正しい方法で皆さんを確実に、そして最短で合格へと導いていきます。

憲法、民法、行政法、商法・会社法、基礎法学、一般知識
ライセンスアカデミー 行政書士講座 実力派講師陣 杉田 徹 講師 杉田 徹 講師

行政書士。早稲田大学法学部卒。確かな試験分析力と見る者を惹きつけてやまない情熱的な語り口で、毎年多くの受験生を合格へと導く。近年では法律に関する執筆活動も行うなど、精力的に活躍のフィールドを広げている。

■主な著書/秦克則名で「図解これだけ覚える著作権入門」(成美堂出版) 他

法律を使いこなせれば、自分や他人の権利を守れるようになります。行政書士資格はこの「法律を使いこなせる力がある」ことの証となります。私の講義では身近な具体例を取り挙げながら、分かり易く説明していきますので、法律の学習が初めての方でも安心して下さい。行政書士になりたいというあなたの夢の実現を全力で支えていきます。一緒に行政書士試験合格を目指してがんばっていきましょう!

記述マスター講座、重要論点マスター講義、重要過去問攻略講義、肢別論点マスター講義
ライセンスアカデミー 行政書士講座 実力派講師陣 竹原 健 講師 竹原 健 講師

行政書士。早稲田大学卒。数多くの企業・大学において行政書士試験、マンション管理士試験、宅地建物取引主任者試験、ビジネス実務法務検定試験等の講師を務める。その実戦を見据えた合理的な講義スタイルは的確かつ抜群の精度を誇り、業界随一との評価を得ている。

■主な著書/「行政書士『最短最速』合格法」,「行政書士『最短最速』勉強法」,「ビジネス実務法務検定『最短最速』合格法」,「宅建試験これだけやれば36点!」(日本実業出版社),「行政書士受験六法」(東京法令出版) 他

学習経験者向けの「重要過去問攻略講義」「肢別論点マスター講義」で実力の底上げを図り、合格圏内まで持っていきます。また、法律を使いこなせれば、自分や他人の権利を守れるようになります。行政書士資格はこの「法律を使いこなせる力がある」ことの証となります。私の講義では身近な具体例を取り挙げながら、分かり易く説明していきますので、法律の学習が初めての方でも安心してください。「行政書士になりたい!」というあなたの夢の実現を、全力で支えていきます。一緒に行政書士試験合格を目指してがんばっていきましょう!

ライセンスアカデミー 行政書士講座 各講座のご紹介

●初学者対象コース
 カレッジコース [ 総学習時間:260時間 ]
合格お祝い金制度対象 一般教育給付金対象
民法、行政法を徹底強化! 安心・確実のフルパックコース
  • 単元別の基本講義で試験合格に必要な知識を定着させ、更に本試験で出題数の多い「行政法」「民法」については特訓講義でそれぞれの論点に対して多角的にアプローチを行い、理解度を高めていきます。記述対策は「記述マスター講義」で完全攻略!「解法マスター講義」で解き方を学び、「科目別パーフェクト答練」で個別の論点に対する理解度を更に高めていきます。仕上げは「解きまくり総合答練」「公開模擬試験」「総まとめ講義」で本番前の総点検。初めて行政書士を目指される方に贈る安心のフルパックコースです。
 カレッジ2年セーフティコース [ 総学習時間:463時間 ]
2年セーフティプラン対象
2018年試験までの受講を保証する安心のセーフティコース
  • 初学者におススメのカレッジコースにセーフティプランを加え、2017・18年合計2回の受験機会に対応した安心保証型プラン。2017年試験が万が一の結果に終わってしまっても、2017年目標の「基本講義」「民法特訓講義」「行政法特訓講義」の学習期間を2018年11月まで延長でき、かつ、「2018年目標最新中級コース(上級コースにスイッチ可能)」を受講することもできます。
●学習経験者コース
 中級コース (総学習時間 203時間)
基礎力の再点検を図りながら、実践力を養成するパックコース
  • 学習経験のある方を対象に、まずは「重要論点マスター講義」で基本事項を短時間で再整理していき、「肢別論点マスター講義」で曖昧な知識を正確な理解力へと養成していきます。次いで「記述マスター講義」「科目別パーフェクト答練」「解きまくり答練」「総まとめ講義」「公開模擬試験」で仕上げていきます。学習経験者の方で、どの科目のどの論点の強化が必要か迷われている方に最適なコースです。
 中級2年セーフティコース (総学習時間 373時間)
2年セーフティプラン対象
2018年試験までの受講を保証する安心の中級セーフティコース
  • 択一試験4割以上得点された方におススメの中級コースにセーフティプランを加え、2017・18年合計2回の受験機会に対応した安心保証型プラン。2017年試験が万が一の結果に終わってしまっても、2017年目標の「重要論点マスター講義」の学習期間を2018年11月まで延長でき、かつ、「2018年目標最新上級コース」を受講することもできます。
 中上級W受験コース (総学習時間 233時間)
中・上級者向けのインプット講座が全て受講できるW受験コース
  • 学習経験のある方にオススメの中級コースに、上級コースのスタート講座である「重要過去問攻略講義(30時間・30単元)」を加えた中上級W受講コース。過去問を詳細に分析し、弱点補強ポイントを細かにあぶり出せるので、効率よく実力養成ができます。
 中上級W受講2年セーフティコース (総学習時間 403時間)
2018年試験までの受講を保証する安心の中・上級セーフティコース
  • 中上級W受講コースにセーフティプランを加え、2017年・2018年合計2回の受験機会に対応した安心保証型プラン。2017年試験が万が一の結果に終わってしまっても、2017年目標の「重要論点マスター講義」「重要過去問攻略講義」「肢別論点マスター講義」の学習期間を2018年11月まで延長でき、かつ、「2018年目標最新上級コース」を受講することもできます。
 上級コース (総学習時間 170時間)
必要な論点を演習問題で確認し、実践的なアウトプットで得点力を養うフルパックコース
  • 一通り学習された方に、過去問を利用することでどの論点の理解力が不足していたために合格点に達しなかったかの総チェックを行えるよう「重要過去問攻略講義」で克服すべき論点をあぶりだしていただき、その理解の曖昧な論点を排除できるよう、「肢別論点マスター講義」で正確な理解力を養成していきます。「記述マスター講義」「科目別パーフェクト答練」「解きまくり答練」「総まとめ講義」「公開模擬試験」で仕上げていきます。学習経験者の方で、必要な論点の知識を最少限のおさらいで確認したうえで、アウトプット力を付けたい方に最適なコースです。
 答練マスターコース (総学習時間 60時間)
実践的なアウトプットで総仕上げ
  • 約500問の充実した演習量で実践力を養うコースです。受験経験者の方で、合格まであと一歩の方にオススメのコースです。3WAYテキストが標準装備されていますので、知識の確認や過去問の演習も可能です。

※《合格お祝い金制度》

  • 2017年の行政書士本試験に合格された方で、合格体験記などの執筆にご協力くださった方には、「合格お祝い金」として20,000円を進呈させていただきます。
※《2年セーフティプラン制度》
  • 2017年の行政書士本試験に合格された場合は、事務手数料を差し引いた2年目の受講料を返金いたします。
  • 2017年の行政書士試験に合格できなかった場合は、2018年合格目標の最新コース(中級or上級)を受講していただけます。
※《一般教育給付金制度》
  • 働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の新しい給付制度です。
  • 一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し、修了した場合、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額(上限10万円)をハローワーク(公共職業安定所)から支給します。

ライセンスアカデミーへの行政書士講座資料請求はこちらから

●単科講座
  1. 1.重要過去問攻略講座 (30時間/30単元)  インプット  
    行政書士試験の試験対策において、必要不可欠な過去問題の分析を行います。過去問を詳細に分析することで、繰り返し問われている頻出事項がわかり、試験傾向を的確につかむことができます。また、過去問を解くことにより理解できているか否かを確認することができ、真の実力を身につけることができます。一通りの学習を終えた方に最適な講座です。
  2. 2.肢別論点マスター講座 (60時間/60単元)  インプット  
    肢別の演習問題を解きながら、基本論点から発展論点までをマスターしていく講座です。250論点に及ぶ肢別問題の演習と解説講義により、知識を集約、整理していきます。どこまでが試験で必要なのか、また理解と記憶のポイントがどこにあるのかを徹底して解説していきます。
  3. 3.民法特訓講座 (10時間/10単元)  インプット  
    民法は、ボリュームもあり、特に記述式試験での点数のウェートが高い科目だけに、よりしっかりとした対策を立てておきたい科目です。そこでこの講座では、基本論点は整理できていることを前提に、応用論点を中心に学習し更に得点アップを狙っていきます。
  4. 4.行政法特訓講座 (10時間/10単元)  インプット  
    行政法は、一番点数配分の多い科目で、得点次第で合否に最も影響する科目です。そこでこの講座では、基本論点は整理できていることを前提に、多くの判例や発展論点を中心に学習していくことで、更に得点アップを狙っていきます。
  5. 5.記述マスター講座 (20時間/20単元)  インプット  
    行政法と民法で出題される記述式試験を攻略する講義です。専用の「記述マスターテキスト」により大幅な得点力の向上を狙います。また、記述添削問題とその合格答案と減点答案をお示し提供します。ご提出頂ければ添削採点して返却もいたします。初学者の方も「何をどのように書けばいいのか」という悩みも解消します。
  6. 6.科目別パーフェクト答練 (30時間/10単元)  アウトプット  
    科目別に択一式・記述式を含めた最新の予想問題を使用した本試験レベルの答練です。 インプットで身に付けた知識を本試験で使える解法のテクニックを身に付けます。
  7. 7.解きまくり総合答練 (8時間/2単元)  アウトプット  
    基本的な論点の学習を終えた方を対象とした総合答練です。ひとつひとつの論点に対し、根拠を持って解答できる力を養成していきます。学習経験者の方の実践練習にもピッタリなレベルです。
  8. 8.総まとめ講義 (14時間14単元)  インプット  
    これまでに学習をしてきた内容の総点検を行い、正確な知識へと定着を図ります。試験前にやっておくべきことが明確になるので、直前期を有意義に過ごすことができます。
  9. 9.公開模擬試験 (4時間/1単元)  アウトプット  
    本試験と全く同じ条件で実施する模擬試験です。個人成績表による実力診断で自己分析を行いましょう。

行政書士は十分に稼げる資格です! 作成可能な1万点以上もの書類から自分の専門を見つけ、その道の「プロ」となることで、クライアントのニーズに応えていくことができます。 近年の行政書士法の改正による規制緩和に伴い、さらに魅力のある資格となっています!

ライセンスアカデミーへの行政書士講座資料請求はこちらから

行政書士 資格所得後のお仕事について

行政書士が活躍できる分野は大変幅広く、それゆえ独立開業して、国民の一番身近な法律コンサルタントとなれるのです。

  • 法人に関するもの(会社を作りたいと思ったら)
    会社設立関係業務は、行政書士の代表的な業務の一つです。代理人として定款を作成し、設立後も様々な分野で、サポートしています。
    (※ただし法務局・地方法務局への会社設立等の登記手続は、司法書士の業務)
  • 渉外に関するもの(外国人を雇いたいとき)
    外国人の方々が日本に在留するための申請等についても、本人に代わり地方入国管理局に申請書等を提出(申請取次)することを行うことができます。
    (※出入国管理及び難民認定法施行規則に基づき、所属の行政書士会を経由して地方入国管理局長に届け出た行政書士)
  • 権利義務や事実証明に関するもの(大切な約束を文書にしたいとき)
    契約手続の相談や書類の作成、著作物の保護、内容証明書の作成等、日常生活に密接に関わる部分の仕事もあります。
  • 著作権に関するもの
    行政書士は、文化庁への著作権登録手続きの代理をはじめ、著作権をめぐる契約、著作権の信託・鑑定評価等、著作権に関する様々な業務に携わっています。
ライセンスアカデミーへの行政書士講座資料請求はこちらから

HOME | △TOP